2020年01月17日

がん検知が血液5mlから可能となる

日経新聞で気になった記事を紹介します。

がんの検査というと血液中にある腫瘍マーカーを
検査装置で測定する方法となっていますが
腫瘍マーカーであるCEA(がん胎児性抗体)は
2〜3割程度の判定精度に留まっています。

今回の発表は、医療機器メーカーのアークレイ(京都市)が
少量の血液から高い精度でがんを発見する検査装置を
開発したというもので、がん細胞が血液中に分泌した
「マイクロRNA(リボ核酸)」に着目しています。

アークレイは5ml程度の血液を装置内で遠心濃縮したうえで
特殊な光をあてることでマイクロRNAの種類や量を分析します。
また、複数の検体を同時に検査することが出来て、
検査結果は約2時間で分かるそうです。

この技術は、国立がん研究センター、東レ、アークレなどが
参画するプロジェクトの成果をベースにしていて
大腸や食道など7種類のがんを9割以上の判定精度で
発見できるもので、従来法に比べて約3割精度が高くなっています。

アークレイはこの装置を2022年にも販売を始める予定で、
検査負担の少ない簡易な手法として普及させる意向です。

ただ、現時点で早期の段階から発見できるがんは
乳がん、ぼうこうがん、食道がん、卵巣がんの4種類で
大腸がん、膵臓がん、前立腺がんの3種類については
早期発見に関する研究データーがそろっていないそうです。

アークレイでは患者が多い大腸がんなどに絞って、
価格を抑えて装置化する方針で、コストが高い
酵素を使わない検査手法で市場に切り込むみたいです。

がんの検査では、島津製作所が血液中のアミノ酸や
脂肪酸などを測定し大腸がんを早期発見できる技術を開発中です。
日立製作所は尿で乳がんや大腸がんを見つける技術を開発中です。

日本はがん検診の受診率が低いので
簡易な検査手法とか装置の普及によって
いち早くがんを見つけることが出来れば重症化リスクが低下するので
国民にとってもありがたい事ですし、
国の医療財政にもありがたいことになります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

プラハの風景とお菓子

修道院で図書館を見た後はバスでプラハ城の隣にある
レトナー公園へ移動してプラハの街を見渡すことになりました。

公園ですので緑がいっぱいです。
IMG_1868.jpg

レトナー公園からはヴルタヴァ川の対岸にある
プラハの町並みを見渡すことが出来ます。
IMG_1882.jpg

IMG_1884.jpg

IMG_1876.jpg


ヴルタヴァ川にはたくさんの橋が架かっています。
人がたくさん歩いている手前の橋がカレル橋です。
IMG_1888.jpg

レトナー公園からの眺望を見た後はホテルに戻ってきました。
夕食まで時間があるので近くを散策する事にしました。
「TRDLO」と看板が出ているお菓子屋さんを覗きました。
IMG_1919.jpg

夕食前ですが一つ購入しました。
IMG_1924.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

強権で進む中国の自動運転

日経新聞で気になった記事を紹介します。

自動運転というと米国企業が進んでいるとの認識ですが
中国でも政府の後押しもあって自動運転の
開発が進み試験運転地域も各地にできているそうです。

北京では栄華南路周辺を「北京Eタウン」と名付けられており
ここを走る自動運転者の屋根には多くのセンサーが取り付けられていて
トランクにはスーパーコンピュータを搭載しています。

車体には百度(バイドゥ)、小馬智行(ポニー・エーアイ)、
文遠知行(ウィーライド・エーアイ)など
中国を代表する自動運転メーカーのステッカーが貼られています。

技術的には米企業のウェイモ、クルーズに後れを取っていますが
米企業でも交通量が多い道に対応できるソフトウェアの開発は難しく
今頃は世界は自動運転であふれかえり、道は安全になり
渋滞も減っていると言っていたがそうはなっておらず
自動運転技術がいかに難しいかを示しています。

中国では自動運転技術を異なる戦略で進めようとしていて
ソフトが対応できるように道路にセンサーを設置したり
人の移動を制限する法律を制定したりして
自動運転車の走行を容易にする都市の設計とか再開発を行っています。

さらには、事故が起きた場合の自動運転車メーカーの
法的責任を限定する事も行っているようで
一党独裁体制の強みをつかって自動運転を推進しています。

この様なことから自動運転の普及という観点からは
欧米よりは中国の方が早いとの見方が強まっています。
いわゆる「リープフォロッグ」という
新興国が一気に技術革新を進める現象となる可能性があるようです。

気が付いたら中国がいろんな分野で技術の先端を走る時代が
刻々と近づいてきている感じです。これは、世界の中心が
中国に戻ってくるという事かもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

ストラホフ修道院(プラハ)

昼食の後はオプショナルツアーで「ストラホフ修道院」へ
バスで移動となりました。

こちらの門をくぐって中に入ります。
IMG_1783.jpg

IMG_1792.jpg

中で写真を撮るには2EURO必要で
お金を払うとシールをカバンに貼ってくれます。
IMG_1850.jpg

最初に入ったところは「神学の間」というところで
宗教関連の図書が置かれていて1.8万冊ほどあるそうです。
IMG_1806.jpg

修道院では書物を写すことが役割となっていて
写すことで教えを理解するとともに写した書物で教えを広めたようです。
IMG_1802.jpg

本以外にも仏像みたいなものもあります。
IMG_1812.jpg

こちらは磁器でアジア産のもので
中国の景徳鎮とか日本の有田などから入って来たそうです。
ヨーロッパでは磁器のつくり方がなかなか分からず
1703年にやっとドイツのマイセンで磁器が出来たとのことです。
IMG_1814.jpg

宗教と言いながら武器みたいなものも展示してあります。
IMG_1827.jpg

もう一つの図書館が「哲学の間」と呼ばれているところです。
IMG_1828.jpg

こちらの天井画は18世紀のA・マウルベシュの作品で
哲学の歴史を描いているそうです。

こちらの場所は貸し出しされる事があって
映画とかCMで使われるとのことです。
費用は一日50万円でハリーポッタ、007、
グリコのポッキー、セキスイハウス、SONYなどが
この場所を使ったそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

水の抗酸化剤でオリーブ技研が革新的な製品を開発

日経新聞で気になった記事を紹介します。

水道水とか井戸水は塩素による消毒・殺菌が施されております。
この塩素は細胞を酸化(老化)させる作用ががありますが
塩素を還元して無害化する抗酸化剤というのがあるようです。

抗酸化剤の従来の製品はカキ殻を高温で焼いて粉末化し、
酢酸などに長期間漬けて溶かしたものを
カルシウムイオン水として製品化して
加工食品などに使われているのですが
高コストとなるのが難点とされていました。

このたび、大阪にあるオリーブ技研が
既存の化学素材と設備を使って作る製法を編み出されました。

具体的には塩化カルシウムとアミノ酸を
一定の配分で混ぜて水に溶かすことでイオン化させます。
その結果、価格を従来の半分以下にした製品となり
2019年3月に販売を開始されています。

オリーブ技研が販売を開始した製品は「MyNIC−S」といい
ニワトリの飲料水に添加することで、塩素の還元に加えて、
水に溶け込んだカルシウムイオンが栄養素となります。

その結果としては、ニワトリが産む卵が、
市販品に比べてたんぱく質が約1割多く
コレステロールは約2割低いとの検査結果が出たそうです。

また、ゴルフ場での使用としては
芝の夏枯れ対策として「MyNIC−S」に
光合成を促す鉄イオンなどを加えたものを使うそうで
発売開始から半年強で70箇所で採用されています。

この抗酸化剤を開発されたのは
オリーブ技研の松下良博社長で
武田薬品工業を定年退職後に再就職先で
カルシウムイオン水の研究に着手され
20年かけて事業化にこぎつけられたそうです。

芝生の夏枯れに効くとの事ですので
一度試してみるのも面白いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする