2018年11月05日

サグラダ・ファミリアでの気になった箇所(スペイン旅行)

自由時間があったので教会の内部とか
外部を散策することにしました。

教会の中心となる部分と思います。
樹木が天に向かって延びています。
奥の方にはパイプオルガンが見えています。
IMG_3372.jpg

中心部にあって上からつるされている部分があります。
7角形の傘のように見えますが真ん中に穴が開いている
不思議な物体があり、その下には電飾が施されています。
その傘の下には十字架に貼り付けとなった
イエスキリストがぶら下がっています。
IMG_3348.jpg

ガウディといえば螺旋階段を思い浮かべますが
教会内にもいくつか螺旋階段を見つけることができました。
IMG_3373.jpg

IMG_3362.jpg

こちらは螺旋階段ではありませんが金属製の階段で
直線ではなく曲線で構成されています。
IMG_3351.jpg

建物の外部では同じデザイン部分ですが
左右で色が違う箇所があります。
IMG_3335.jpg

この部分は石の材質がちょっと違うか
それか作られた時期の違いによります。
白い部分は最近作られた箇所で年月が経つと右のような色となります。

展示室には写真が飾られていて
何かの行事が行われてことがあるようです。
この教会は2026年完成予定で作業中で未完成の教会ですが
既に何かの行事で使われたようです。
IMG_3333.jpg

そおいえばここサグラダ・ファミリアは未完成ですが
既に世界遺産として登録されています。
この点もちょっとびっくりする点と思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする