2019年03月31日

大谷山荘の朝食は瑞雲でいただく

大谷山荘では夜に生演奏をやっており
それを聞いた後にお風呂に入って就寝しました。

朝はレストランでビュッフェとなりますが
朝食の場所に移動したのですが「瑞雲」へ案内されました。
IMG_5937.jpg

ここは別館用のレストランなのか、
改修されたのか、とっても綺麗な場所となっています。
いつも通りに並んでいるお料理を見て回ります。
IMG_5938.jpg

IMG_5943.jpg

IMG_5948.jpg

IMG_5949.jpg

旅行に来た時には朝食はたくさん食べることが多いのですが
今回は昨晩の鉄板焼きのせいか少しずついただくことにしました。
IMG_5950.jpg

和食のあとは洋食を取ってきました。
IMG_5953.jpg

コーヒーを戴いて朝食は終わりです。
長く滞在する場合はゆっくり朝食をと考えますが
本日の予定も結構詰めているので
足早に出発の用意に取り掛かることにしました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

AIで不在配達を防ぐ取り組みを実施

宅配便とか郵便局による配達で困っているのは
不在時に再配達が必要となる事と思います。

折角配達したのにお届け先が不在となると
不在通知の紙を入れておいて
希望時間帯に再度訪問となります。

新聞記事では東大発のスタートアップの
日本データサイエンス研究所と
NextDriveは人工知能(AI)を活用して
宅配時の受け取り人不在をなくす技術を商品化するそうです。

そのロジックは電力使用量を自動検針できる
スマートメーターのデーターを使うことで
在宅と思われる場所に対して適切な配達ルートを提案します。

こう言われると詳細は分かっていませんが
新しく開発されるシステムのキーとなる技術は
電力使用量が通常より多い場合に在宅と判断する部分です。

スマートメーターで何をデーターとして扱っているかを
知っているもしくは知ろうとすること、
そのデーターを提供してもらうように交渉することができれば
不在か、在宅かの判断は割と簡単に出来そうな気がします。

それともう一つ大事なのが、配達先をどのようなルートで回るのが
一番効率的かシミュレーションして結果を提案する仕組みです。

これらの技術を各物流会社が利用するようになると
配達の効率はグッと上がって人手不足の解消にも
かなり役立つ気がしますが、どうでしょうか。

2社とも上場はしていないようですが
物流の効率を上げることが出来るので
導入したいと考える企業は多いと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

大谷山荘のレストラン・鉄板焼「長州」

大谷山荘での夕食なのですが
お昼にふぐ料理を戴いたので夕食は
鉄板焼きを予約していました。

鉄板焼きのレストランでは窓の方を向いて
座ることが出来るように鉄板が配置されています。
窓の外には紅葉でしょうかライトアップされてきれいです。
IMG_5883.jpg

これから焼かれる食材が目の前に並べられています。
IMG_5884.jpg

IMG_5885.jpg

お料理の最初は前菜となっています。
IMG_5888.jpg

次にスープが出てきました。
IMG_5895.jpg

調理は目の前の鉄板の上で行われます。
私たちの分を焼いているあいだに隣のお客さまの分を調理したりと
シェフの方は忙しく働いておられます。
こちらはお魚と野菜の鉄板焼きです。
IMG_5899.jpg

私はコースに入っているアワビをいただきました。
母親の分は柔らかいホタテに変更してくれました。
ネットで希望を書いていたら電話で問い合わせてくれました。
IMG_5902.jpg

メインのステーキです。
とっても柔らかくておいしくいただくことが出来ました。
IMG_5905.jpg

最後はガーリックライスです。
このころにはお腹が一杯となっていました。
IMG_5908.jpg

別腹でデザートとホットコーヒーです。
IMG_5914.jpg

目の前の鉄板で調理してくれる姿を見ながら
出来上がったものをいただけるとは
とっても至福の時間を過ごすことが出来ました。

しっかり働いていただいたお金で
こうしておいしいお料理をいただけることは
幸せなことと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

MaaSの動きが活発化

日経新聞で気になった記事を紹介します。

欧州が先行しているMaaS(マース)と呼ばれる
次世代の新交通サービスについて
日本での動きが活発化してきているそうです。

MaaS(マース)とは初耳だったのですが
「モビリティー・アズ・サービス」の頭文字を取ったもので、
いろんな移動手段をシームレスにつなぎ
それぞれの交通機関ごとに支払いは不要で
専用のアプリで一括して支払うことが可能になるとの事です。

もともとマースは、フィンランドのスタートアップ企業の
マース・グローバルが世界に先駆けて2016年に始めたサービスで
ベルギーとかイギリスでも同社のサービスが広がりを見せています。

2017年に総額で11億円の増資をしたそうですが
その大半はトヨタ系の金融機関の2社が引き受けており
2019年にも日本市場に参入する方向で検討が進められています。

具体的にはスマホのアプリ「Whim(ウィム)」を使いますが、
目的地や時間を入力すると、最短時間で行けるルートなどを自動で検索し、
乗り継ぎのバス、タクシーなその経路や乗り継ぎの時間案内のほか、
予約、一括決済までを定額の月額で利用できます。

また、マースは利用者の利便性向上だけではなく、
AIを駆使して効率的な人の流れを探り、
公共交通機関に利用者を誘導するなどして
環境問題対策にも役立たせることが出来ます。

実際、フィンランドでは自家用車の利用を
半減させる効果が出ているようです。

マースに投資したトヨタは2018年10月に
ソフトバンクグループと提携して
マース事業の強化を打ち出しています。

また、トヨタはライドシェアでも米大手の
ウーバーテクノロジーズなどにも出資しています。
この動きには鉄道会社も対応を急いでいます。

マースの分野にはいろんな会社が
それそれ独自に開発したアプリを使ってのサービスが開始され
使用する地域によってもアプリが違うことになる可能性がありそうです。
そうなると使用側からすると不便に感じます。

日本共通のサービスが開始されるのが望ましいと思うので
その為にはどうすればよいのか
専門家の皆様が知恵を出し合ってほしいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

山口でのお宿は大谷山荘で

下関にフグを食べに来た旅行ですが
お宿は「大谷山荘」を予約しました。

知り合いの人に大谷山荘に泊まると話したら
お母さんとの旅行ならもっといいお宿にしたらと言われました。
しかし名前は山荘ですがロシアのプーチン大統領が宿泊して
安倍総理も泊まって会談を行った立派なホテルです。
IMG_5833.jpg

ホテルの方のお出迎えを受けて
中に入ってチェックインを済ませました。
立派なロビーでウエルカムのサービスをいただきました。
IMG_5835.jpg

IMG_5838.jpg

お部屋に案内されたのですが
テーブルの家にはおかみからのごあいさつ文があります。
IMG_5841.jpg

今回予約したお部屋はツインベッドで
部屋にお風呂がついているちょっといい場所にしました。
IMG_5872.jpg

IMG_5844.jpg

と言うのも母親が腰が曲がっていて
歩き回るのはちょっと大変だからです。
露天風呂の横には座って外の風に
当たることが出来るようにイスとテーブルがあります。
IMG_5846.jpg

夕食まで時間が少しあったので
ホテル内のお土産屋さんとか
パン屋さんを見て回りました。

ホテルに到着した時はまだ明るかったのですが
このころには日が落ちて滝の部分が
ライトアップされていてとっても綺麗です。
IMG_5863.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

1本100万円以上の古木輸出が増加

日経新聞で気になった記事を紹介します。

日曜版にあるHOT STORYで
古木が中国とかベトナムなどの富裕層むけに
増えているとの記事があり驚きました。

日本からの樹木輸出と言うと
欧米向けに人気となっている盆栽がありますが
今回は中国などの新興国に1本100万円以上もする
大型の樹木が輸出されている様で
富裕層の別荘などに植えられるとのことです。

欧米で人気の盆栽は元々は中国が発祥の地で
中国でも植木産業は盛んなのですが
植木に使う樹木は不足しているとのことです。

日本と違って広大な国土を保有している中国なので
樹木がいっぱいあると思いますが
経済成長に伴って自然破壊が進んだ結果
植木に使う樹木が不足していることも一因となっていて
日本へ注文が殺到しています。

輸出される樹木としては、観賞用として植えられるのですが
仏教で縁起が良いとされる羅漢松(ラカンショウ)とも呼ばれる
イヌマキなどが多い様で、樹齢は100年以上ある古木が好まれています。

しかし古木と言うのは急に増産出来るものではないので
日本からの輸出が続くわけではなく
東南アジアやアフリカからの中国へ輸出も増えているようです。

お金に余裕が出てくると、車を買うとか
家を新築するとか、衣服を良いものに変えてゆきますが
その次としては庭をきれいにと考えるようです。
中国の富裕層は桁違いと思いますので
別荘に縁起の良い木を植えてますます裕福にと考えるのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

元乃隅稲荷神社で赤い鳥居の列をみる

角島大橋を見て渡ったあとは
東北東に進んで元乃隅稲荷神社を目指しました。

途中から半島の山道を走る感じになって
ほんとうにこの道で合っているのか
心配になりながらもナビを頼りに移動しました。
IMG_5813.jpg

看板が見えたので一安心してさらに進むと
駐車場入口で係の人に誘導された形で中に入りました。
本当はちょっと見るだけで道ばたに車を停めたかったのですが残念です。
IMG_5817.jpg

稲荷神社へは階段を下りてゆくのでしょうが
道ばたに最初の鳥居が見えています。
IMG_5814.jpg

鳥居の横にはここに神社があるいわれが書いてあります。
IMG_5816.jpg

私一人であれば神社まで行ってみたかったのですが
時間もあまりなく母親には無理なので上から見るだけとしました。

山口の観光というと必ず出てくる赤い鳥居の列です。
たしか京都にも外人に人気の同じように赤い鳥居の列があったと思いますが
さすがに山口のこの地への移動は大変です。
IMG_5818.jpg

元乃隅稲荷神社を参拝した後は
日が沈みそうでしたので急いで本日のお宿を目指しました。
IMG_5831.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

村田製作所が供給する電子部品は5G・車に重点を置く

日経新聞で気になった記事を紹介します。

日本企業はスマホなどのこれまでになかった
新しい分野の製品とか、ITで世界をリードする
と言ったことは不得意で世界のトップからは
かなり離されている感があります。

日本が得意としてきたことで
まだ競争力を持っている分野と言うと
電子部品関連となりますが、そこが揺れています。

と言うのも、スマホの販売が減速するなど
市場が変調してきている事と
米中貿易摩擦を背景にファーウェイなどの
大口顧客の先行きが不透明感を出しています。

村田製作所では中国のメーカーとの取引は多いが、
排除されるのは政府関係の機器にとどまると理解しており
今回の規制の有効性は分からないとしていますが、
現実としては2018年の下半期から
電子部品の受注が伸び悩んでいるようです。

スマホ関連はこれまではあまりにも順調だったが
ここにきて勢いが落ちており、買い替えの期間が
伸びてきている印象があるようです。

一方、自動車関連では依然として需要が拡大しており、
全体としては底堅い動きとなっているみたいです。

村田製作所では新しい軸として、
医療やエネルギー関連を開拓してきたそうですが、
次の3カ年ではあまり経営資源を分散させずに、
車と通信の2分野に経営資源を重点的に投入するとのことです。

具体的には次世代通信規格である5Gでは
2020年のサービス開始に向けて
基地局の注文が入り始めています。
それと、スマホを薄型化する樹脂回路基板
「メトロサーク」も改良して2019年から
より安価に供給できるようにします。

世界シェア首位のコンデンサー関連では、
車向けがまだ足りなく、約2千億円を投じて
生産能力を増強するとのことです。

日本企業が部品供給で生き残っていければよいのですが
大量に供給できるようになればコモディティー化してしまい
儲けがだんだんと減っていく気がします。
それと発展途上国がだんだんと力をつけてくるので
よほど努力しないと知らないうちに追い抜かれてしまいそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

角島大橋を渡って角島灯台へ

山口県で観光と言うと
角島大橋(つのしまおおはし)の写真が
パンフレットとかによく出ています。

車で角島大橋を渡ってと考えましたが
橋を渡っている最中では橋の全容が見えないので
下関から北上中の途中にある
「道の駅 北浜街道 豊北」に立ち寄って
橋を横から見ることにしました。
IMG_5776.jpg

IMG_5768.jpg

道の駅から海側に出ると正面に
角島大橋を横から見ることが出来ます。
IMG_5771.jpg

道の駅からさらに北上して
いよいよ角島大橋を渡りだしました。
島に近い部分で橋の高さが増し左手にカーブしています。
IMG_5788.jpg

島の西の端に近い部分に角島灯台があります。
この灯台にはらせん階段があって踊り場部分までは
登ることができますが時間もないので車から見るだけとしました。
IMG_5797.jpg

灯台を見た後は来た道とは違うルートを取って
郵便局の前を通ってから角島大橋を目指しました。
IMG_5803.jpg

橋を渡って本州側に戻って来ましたが
渡り終えて左手に進むと角島大橋を眺望できる公園があるので
車を停めて橋を眺めることにしました。
IMG_5808.jpg

よくも島とを橋で結ぼうと考えて実行することが
出来たものだと感心しました。
車で走るのではなく上空から橋を見れば
パンフレットで見るきれいな橋の全容を見ることが出来るのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

消えゆく個人投資家

日経新聞で気になった記事を紹介します。

むかしNTTが上場した時に株を買った方も多いと思います。
私の場合は全く買おうとも思わない時期でした。
最近ではソフトバンクの上場がありNTTの事を思い起こしました。

今回のソフトバンクは初値が公開価格である1500円に達することが出来ず
購入した人はいきなり損を抱える事となってしまいました。

日本で金融資産をたくさん持っているのは
高齢者であると言われていますが、株に投資をしてるのは
日本の高度成長を経験した世代の方々の様です。

記事では、個人投資家に絞って年齢を紹介していますが
大手の証券会社の顧客の場合では平均年齢は60代後半であり、
関西基盤の中堅証券会社では70歳を超えているそうです。

若いうちは失敗しても将来で挽回することが可能ですが
年をとってから失敗すると挽回する時間がないので
年をとったらリスク商品を避けて安定運用を
心掛けるべきとのアドバイスがあります。

しかし、実際はリスクがある投資を行っているのは
70歳以上の年代となっていて
その額はおよそ110兆円強にもなっています。

ところが、最近では証券会社が預かっている資産を
資産を相続した人がリスクのある株を売って
現金化するケースが増えていているようです。

70歳以上の方々はだんだんと鬼籍に入る年齢が近づいており
その子供の世代では株などのリスクがある商品は
危険なのでやったことが無く売却に走ることになります。

これからの個人投資家の規模はだんだんと
減少してゆくのではないかと予想されます。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

ふぐ料理 しのだ

今回の母親との旅行の目的は
下関で「ふぐ料理」をいただく事です。

人によるとふぐは九州の方が美味しいとの
意見をお持ちの方がおられますが
ふぐ料理と言うと下関が思い浮かぶので
下関でいただくことにしました。
IMG_5727.jpg

下関にはいろんなお料理屋さんがあるようですが
駅前に近い場所となると「しのだ」となります。
事前にネットで予約を入れておいたので
お昼にお店に伺いました。

最初は前菜の3品です。
IMG_5730.jpg

次はふぐ刺しで薄造りになっていてポン酢でいただきます。
ふぐ刺しのばあいポン酢の味が決め手になる感じです。
IMG_5737.jpg

ふぐの唐揚げが三品目です。
タモリさんがTVでふぐと言うとふぐの唐揚げと言われていましたが
カリッと揚がってとっても香ばしくておいしくいただきました。
IMG_5744.jpg

私たちはお店の入口を入ってすぐ左手のテーブル席で
スタンダードコース6800円を戴いたのですが
入口のところにはふぐのはく製がぶら下げてあります。

来店されるお客様にとっては珍しいのか
結構な方が写真に収めておられるとの事でした。
IMG_5749.jpg

お店で出しているふぐはすべてトラフグとの事で
おいしいふぐを使用されているとのことです。
四品目はふぐちり小鍋となっています。
IMG_5751.jpg

鍋の中身を食べ終わったところで雑炊となりますが
ホール担当の若い女性の方が食事をしているテーブルの場所で
つくってくれます。見習い中の方でしたが上手に作ってくれました。
IMG_5757.jpg

最後に果物がでてコースの締めとなっています。
IMG_5763.jpg

お店は50年の歴史があるとの事でしたが
改装されたみたいでとっても綺麗なお店でした。メニューの中では一番安いコースでしたが
ボリュームたっぷりでお腹一杯となりました。

念願の下関でふぐを食べるを叶えることが出来ました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

深刻な日本のIT人材不足

日経新聞で気になった記事を紹介します。

ITの巨大企業というとアメリカの
Amazon、アップル、フェイスブック、Googleを
すぐに思い浮かべます。

また、中国でというとテンセント、アリババ、百度を
思い出すことになりますが、
日本に巨大IT企業と呼べるのがあるかというと?となります。

慶應大学の安宅和人教授の予想では
今後、AI(人工知能)やロボットが代表選手ですが
我々の労働や生活に占めるかなりの部分が、
データー量を基礎としたコンピューティングパワーにより
自動化されるのは確実になります。

しかし、日本はデーターの量と人材が少なすぎることと
電気代などの処理コストが極めて高く、
規制も多く集めたデーターを活用できない状態となっています。

企業と国の将来がどうなるのか考えた場合、
データーをあつかえる人の数が
重要なファクターとなってきます。

人材育成は一朝一夕には行う事は出来ないので
10年とか30年とかのスパンで
カネを貼り付ける事でやっとなし得る事ができます。

具体的には10兆円程度の基金を作って
あらゆる分野でデーターとAIの素養を持つ人材を
増やすべきと前出の安宅教授は考えられています。

また、国立大学では2000年代に運営費交付金が
減額されており、その影響で研究の力が落ちています。
交付金の減額はされていない場合でも
ボディーブローのように効いています。

今後日本が科学技術立国として
やって行く気持ちがあれば
給付金が減額されている現実の放置は
あり得ないことなので対策が必要となってきています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

巌流島に上陸する

九州の小倉でレンタカーを借りて
関門橋を渡って下関側にやって来たのですが
目的地は唐戸です。

唐戸で巌流島への連絡船に乗船するのですが
乗り場に駐車場があるか心配していたのですが
割と台数を置けるようで車を駐車することが出来ました。
IMG_5600.jpg

唐戸の乗り場で往復の乗車券800円を購入して
10:10発の巌流島行きの連絡船に乗船しました。
IMG_5613.jpg

この乗り場からは巌流島だけではなく
向こう岸の門司港へ行く船も出るようです。
私たちは巌流島行きにのり約10分で船着場に到着しました。
IMG_5627.jpg

船着場から巌流島の記念のモニュメントがある場所に
歩いて移動するのですが、地面が舗装されていないので
腰が曲がって歩きにくい母にはちょっと大変でした。
IMG_5668.jpg

NHKのブラタモリでこの場所からタモリさんと
林田アナウンサーが番組をスタートさせていました。
IMG_5669.jpg

関門橋はとっても狭い海峡で
その海峡をたくさんの船が行き来しているそうで
狭いことと潮の流れが速くて豊臣秀吉も座礁したとの解説がありました。
IMG_5632.jpg

巌流島と言うと宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名ですが
架空の物語かと思っていたら実在の島だったとは、
しかも連絡船で行けるとは全く知りませんでした。

記念碑からさらに歩いて移動すると
決闘のシーンを銅像にしてあります。
IMG_5664.jpg

唐戸には次の船では時間が間に合わなかったので
その次の船に乗船することにしました。

物語と思っていたが実在した巌流島を訪れることが出来ました。
潮の流れが速い関門海峡を武蔵を乗せた小船が
良くわたってこれたものと感心しました。

潮の流れが一番緩やかな時間帯を
決闘の時間にしたのかその時の海の様子がどうだったのか
TVを見た後の疑問となりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

東芝は社会インフラで業界標準をめざす

日経新聞で気になった記事を紹介します。

東芝と言うと日本の大手電機メーカーですが
アメリカの原子力企業の買収でつまづいて
企業の立て直しが必要となり、パソコン事業とか
半導体メモリー事業を売却するなど大変な状態です。

今後企業が進む道をどうするかが重要となりますが、
東芝はデジタル技術を活用して
インフラ運用を効率化するサービスを
新たな事業の柱に据えて再起を図るようです。

インフラの分野については
海外の重電メーカーやIT大手も注力しており
東芝や日本勢に勝算はあるのか気になります。

東芝は過去には多額の設備投資をして
半導体メモリーを製造していましたが
国を挙げて大規模な資金を投じて大量生産を
行おうとしている中国に勝つことは困難と思われます。

そこで東芝は市場シェアが高いインフラ設備分野を選んで
そこにデジタル技術を組み合わせて効率的な運用をおこなう
サービスで世界と戦うことにしました。

なぜなら東芝はこれまでも人工知能(AI)の
開発を手掛けてきたので、この技術を活用して
社会インフラ分野にターゲットを絞れば勝算ありと考えたようです。

米国のゼネラル・エレクトリックが苦戦していますが
その理由は重電メーカーとしての慣習から抜け出せない為で
これからはオープンな姿勢で他社と手を組み、
技術の業界標準を形づくっていく戦略が重要となってきます。

GAFAはEコマースなどの消費者データの取り込みで
世界を席巻していますが、インフラの分野は
デジタル技術だけでは完結しないので
日本勢が培ってきた安定運用のノウハウ、
製造技術はなおニーズがありますので
ここで踏ん張って勝たないと日本の製造業は生き残れないのだと
東芝の会長は日経新聞のインタビューに答えています。

しかし新聞の見出しは「デジタルシフトで復活できる?」と
「?」がついているので、記者の方は疑問があるようです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

山口への旅行(姫路から小倉)

今回母親と下関でフグを食べる事となり
最初に新幹線で小倉に移動する事にしました。

姫路駅から小倉に移動する事にしたのですが
その理由は関門トンネルと関門橋を渡ろうと
考えたためで、新幹線は「おとなび」を利用しました。
IMG_5568.jpg

小倉には1時間42分ほどで到着しましたのですが
関門トンネルはアナウンスもなかったので
小倉に到着する前の部分がそうだったのだろうと
思うこととなりました。
IMG_5571.jpg

小倉の駅で降りて外に出ると銀河鉄道999の銅像があります。
作者の出身地なのかもしれません。
IMG_5573.jpg

小倉ではトヨタレンタカーで車を予約していたので
駅前にある営業所に向かいました。
車を走らせて赤レンガの建物群を見て回る予定でしたが
一部の建物を見ただけで関門橋の下関側の「めかり公園」をめざしました。
IMG_5576.jpg

「和布刈第二展望台」からは門司港側を見渡すことが出来ます。
IMG_5582.jpg

それとこれからわたる関門橋も眼下に見ることが出来ます。
IMG_5584.jpg

展望台を順路に従って山を下って
いよいよ関門橋をレンタカーで渡ることになりました。
IMG_5586.jpg

トンネルとか橋を渡ることにしましたが
母親はこれらが何故か好きで
本州と九州の間を渡る場所を見せたかったので
小倉に一旦渡って下関に移動するコースとしました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

中国「自前半導体」へ執念

日経新聞で気になった記事を紹介します。

中国はアメリカとの貿易戦争で
半導体を輸入できなくなったので
生産がストップする事態に陥ったとも聞きました。

この事態をうけてさすがに中国もまずいと感じたようで
政府が巨額支援をおこない台湾のホンハイ精密工業と
シャープが中国・珠海での半導体生産を後押しするようです。

半導体は米中ハイテク分野の覇権争いの焦点でもあり、
国内での半導体生産計画の実現に向けた懸念は少なくない。

貿易戦争以前から「世界一の製造強国」をめざす
中国の習近平指導部の産業政策「中国製造2025」では
半導体の自給率を現在の10%台から、2020年に40%、
2025年には70%に引き上げる構想を掲げています。

現状の自給率と目標との大きな差と米国との貿易戦争が
中国を巨額投資に駆り立てたようだが
結果的には中国の自立を進めることになりそうで
中国の強さがますます際立ってくるのではないでしょうか。

中国の半導体装置市場の規模はすでに日本を越え
世界3位に浮上しており、
2018年には台湾を抜いて世界2位に、
2019年には首位の韓国に接近するとの予想があります。

しかし、ホンハイの計画には波乱も予想されています。
米国の企業が半導体装置の販売に及び腰になれば
工場の立ち上げに支障が出る可能性があります。

米国が駄目なら欧州、日本から購入すればよいのですが
米国からの圧力が掛かるとその道も閉ざされる可能性があります。
中国の時代が来るのは確かと思いますが
簡単には船は米国から中国へたどり着かないようです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

コムシノワでランチをいただく

コムシノワでは通常はパンを購入したり朝食代わりに
パンと飲み物を戴くことが多いのですが
今回はでランチをいただくことにしました。

お店はJR三ノ宮の駅から南東にあるのですが
地上から階段を下りたところにあります。
IMG_5561.jpg

ランチにはパンがついてきています。
IMG_5536.jpg

私が頼んだのは若鳥ときのこの赤ワイン煮込み
コールラヴィのグラタンとサラダで1728円です。
お肉が柔らかくておいしいです。
IMG_5537.jpg

IMG_5538.jpg

家内はゴロゴロとした野菜と牛肉のボルシチスープ
リンゴとくるみのサラダです。
名前の通りたくさんのお野菜が入っていておいしいです。
IMG_5549.jpg

私たちが座ったのはカウンター席でしたが
カウンター上には柿の実ともう一つは何でしょうか。
IMG_5557.jpg

それとこちらはドングリとウサギです。
IMG_5559.jpg

ここコムシノワではシェフの姿をたまに見かけます。
いろいろとお店を手がけておられましたが
お客様との距離が近いお店がお好きなのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

中国人のハッカーが世界攻撃か

日経新聞で気になった記事を紹介します。

米国の司法省は先端技術を盗み出した疑いで
中国人の2名をハッカー集団「APT10」の
メンバーだと断定した。

「APT10」とは米情報セキュリティー企業の
「ファイア・アイ」が命名したもので
軍事機密の情報収集などのスパイ活動に
重きを置いているとされるグループです。

彼らの手口としては
興味を引く表現の偽メールを送り付け
ウイルス感染させてネットワークへの
侵入を試みるというものです。

また、彼らの活動時間帯は
中国時間の朝8時から夜6時に集中する傾向があるので
中国との関係が推定されています。

これまでの実績としては、米英仏印豪など
15ケ国が攻撃を受けています。

最近の攻撃の特長としては
民間企業が保有情報の安全確保のために
情報の運営管理を代行する事業者である
「マネージメント・サービス・プロバイダー」(MSP)
を攻撃対象にしているという事です。

民間企業は安全性向上のために
MSPに自社のネットワークへのアクセスを許可しているため、
ハッカーがMSPへの侵入に成功すれば、
そこを利用する複数の企業から情報を抜き取ることが可能になります。

米司法省によると、起訴した中国人2人は
中国の国家安全省の下部組織である
天津市国家安全局と手を組んでいたという事です。

ハッカーというと今回の中国のケース以外にも
北朝鮮とかロシアとかいろいろあるようなのですが
国が主導していると考えざるを得ない状況となっています。

今回は企業とかからの情報の盗みです
しかし機密情報も結局は巨大IT企業が
個人情報を握ることが出来る構図となっているので
米国以外から見ると米国のデーター管理も心配です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

MASIGOMOTTA Korean Restaurant

姫路の市川に近い場所にある
韓国料理のお店であるマシゴモッタに
家内と上の子供と出掛けました。

このお店は予約は受け付けていなく
どちらかと言うと来たもの順になっているようです。
電話した時は空きがあるようで急いでお店に駆け付けました。
IMG_5489.jpg

車をお店の東側の駐車場に停めて
お店がある二階に階段で上がることになります。
このビルにはいくつかのお店が入っている様で
イラストが描かれています。
IMG_5487.jpg

メニュを見てそれぞれ気に入ったメニューを
注文することにしたのですが私はこちらの定食です。
IMG_5470.jpg

IMG_5473.jpg

家内と子供はこちらの定食を頼みました。
IMG_5471.jpg

IMG_5472.jpg

ドリンクはリンゴ酢ソーダーをお願いしました。
IMG_5482.jpg

そういえば最近の日本と韓国の関係は史上最悪との事です。
これからの両国の関係がどうなるのか、
隣国なので気になるところです。

韓国と北朝鮮が統合すると、北朝鮮は資源とか
教育を受けていて安い賃金の人材が豊富なので
経済が発展するとの観測もあります。

韓国料理を食べに出かけることはあまりありませんし
お店も姫路には多くないと思いますが
たまには韓国料理とかいろんな国の料理をいただくのも
刺戟があってよいのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

ビングループがスマホに参入

日経新聞で気になった記事を紹介します。

ベトナムには11年前に行った事がありますが
今年になって再度ホーチミンに出掛けました。

前に訪問した時は市場付近の道端では
ビニールを広げてその上で魚とか肉をさばいていて
大変驚いた記憶があります。

今回は市場の中の販売員の方々が
皆さんスマホを持って画面を覗き込んでいる姿を多く見かけて
その変わり様に驚かされました。スマホの機種とかは確認できませんでしたが
ホーチミンにはサムスンの工場があるので
サムスン製かもしれません。

新聞記事によると、ベトナムのビングループが
スマホ事業に参入したとのことで
4種類の機種の中で最も安いモデルでは
1台あたり249万ドン(約1万2500円)となっています。

スマホのブランド名は「Vスマート」で
スペインのスマホ製造会社BQと提携し
北部の港湾都市ハイフォンの工業団地で
子会社のビンスマートが昨年10月から
生産を開始したとの事です。

生産能力は約50万台で、2019年には
10種類以上のスマホを販売する計画となっていて
ビングループは不動産以外に自動車を手がけ
今度はスマホと事業の多角化を
一段と進めることになる様です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする