2019年10月31日

ブラチスラバの乗り物とマンホールおじさん(スロバキア)

昼食を戴いた後はブラチスラバの市内観光に出かけました。

出発はちょっとした広場からだったのですが
路面電車とかバスなどが停車していて
古い形のものが多くあっていい味わいを出しています。
IMG_0087.jpg

IMG_0089.jpg

IMG_0090.jpg

こちらは街中で見かけたものです。
馬車かと思いましたが自動車でタクシーでしょうか。
IMG_0104.jpg

家族連れが自転車に乗っていますが
固定された自転車で昔の形のものです。
IMG_0123.jpg

街角のマンホールからおじさんが上半身を乗り出していて
行き交う人を下から見上げている感じです。
IMG_0101.jpg

このモニュメント?は有名みたいで
観光客の皆さんが集まって写真撮影されています。
IMG_0097.jpg

道路標識もマンホールおじさんに注意があります。
IMG_0096.jpg

日本では見られないユーモアのあるモニュメントです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

CARNE VALLEで昼食(スロバキア)

この日はブダペストからスロバキアの首都である
ブラチスラバにバスで移動してきて
昼食はCARNE VALLEというレストランでとなりました。

レストランは木立の中を歩いてゆくと見えてきました。
木陰にはたくさんのテーブル席が準備してあります。
IMG_0083.jpg

店内に入るとここは部屋の中ですが
屋外に居るような雰囲気を味わうことが出来ます。
IMG_0065.jpg

食事はパンと別に注文したワインが最初に来ました。
IMG_0067.jpg

IMG_0068.jpg

その後にスープ、お魚料理と続きます。
IMG_0070.jpg

お魚はマスと聞きました。
IMG_0072.jpg

最後にデザートが付いています。
赤っぽいのは洋ナシのマリネだそうです。
IMG_0075.jpg

正直なところ観光客向けのお料理との感想を持ちました。
ツアーなので致し方なしというところでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

ブダペストからブラチスラバへの移動途中で休憩

この日はブダペストのホテルを8:20に出発して
スロベキアのブラチスラバへ移動の日です。

移動はバスで約3時間で距離は215kmの結構な距離を移動します。
途中に風力発電の風車をたくさん見かけました。
この辺りは風が強くて風力発電に適しているのかもしれません。
IMG_9951.jpg

移動の途中でトイレ休憩が入りました。
ガソリンスタンドに付属したサービスエリアの感じです。
IMG_9976.jpg

トイレの前は大渋滞でお金を入れてこの機械を通過します。
外国ではお金を必要とするトイレがあって日本との違いを感じます。
IMG_9983.jpg

トイレの後は店内を見て回りました。
食事をすることもできます。
IMG_9984.jpg

パンも売っていますし飲み物もあります。
なぜかワインなども売っています。
こちらはケーキのようです。
IMG_9998.jpg

ストローが刺さっていてジュースでしょうか。
IMG_9999.jpg

食料品以外には車に使うのか
スコップなどの道具も売っています。
IMG_9994.jpg

冬とかで雪が降るとこのような道具が
必要となるのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

ブダペスト西駅(ブダペスト)

世界一美しいと言われるマクドナルドの内部を見学した後は
隣にある西駅に向かうことにしました。

こちらは西駅を道路を挟んだ向かい側から撮影した写真です。
IMG_9905.jpg

この駅はパリのエッフェル塔を設計した人が
設計したらしくさすがに西洋の建物だけあって
左右対称のつくりとなっています。

駅は道路の交差点のところにあって
交差点は地下を経由して移動できるみたいです。
IMG_9908.jpg

道路を渡って駅の中に入ってみました。
IMG_9896.jpg

外から見ると結構立派な感じでしたが
中に入ると屋根があるだけで何か倉庫みたいで
ちょっと殺風景な感じを受けます。

列車の出発と到着を表しているようですが
一時間に結構な本数が予定されています。
IMG_9897.jpg

列車が停車していますが
一番後ろのところは開いたままで
このまま走るのでしょうか。
IMG_9898.jpg

切符の自動販売機みたいですが
本当のところは分かりません。
ターミナル駅で結構な人が乗り降りすると思いますが
その割にしては数が少ないです。
IMG_9899.jpg

入り口方面を振り返るとお店が3軒あります。
よくわかりませんがパン屋さん、ピザ屋さん
雑誌とか新聞などを売っているのでしょうか。
IMG_9902.jpg

外観の華やかさに比べて内情はちょっと質素な感じで
これがブダペストの実情を表しているのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

世界一美しいと言われるブダペスト西駅のマクドナルド(ブダペスト)

路面電車に乗ってブダペストの西駅にやってきました。

こちらには世界一美しいと言われる
マクドナルドがあるという事なので
家内が行ってみようとの希望がありました。
IMG_9911.jpg

マクドナルドは西駅の右手の建物に入っています。
IMG_9888.jpg

朝食までに時間がないのでマクドナルドで
カフェの利用を行う訳ではないのですが
せっかく来たので中に入ってみることにしました。
IMG_9889.jpg

古い建物を利用しているので
天井がかなり高くなっています。
それと照明がたくさんぶら下がっていて
こちらも結構いい雰囲気を出しています。
IMG_9890.jpg

何も注文するわけでもないのですが
厚かましく店内をうろつくことなりました。
注文を受ける場所は入り口のフロアーからは一段下にあります。
中二階部分への階段を上がりながらの撮影です。
IMG_9895.jpg

中二階にはこちらはまだこれからみたいですが
別のキッチンでしょうか、囲みの中に何やらあります。
IMG_9891.jpg

中二階から入り口方向を撮影しました。
IMG_9893.jpg

伝統ある建物の中に現代のファーストフードが入っていて
ちょっとアンバランスかもしれませんが
通常のお店とは違ってくつろぐことが出来る気もします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

路面電車でマクドナルドを目指す(ブダペスト)

ブダペストで2回目の朝を迎えました。
朝の6時なのですが朝食までの時間を利用して
マクドナルドを目指すことにしました。

路面電車の駅はホテルの近くにあります。
駅名は「Blaha Lujza tér M」だったと思います。
最初にチケットを購入します。
IMG_9877.jpg

チケットは地下鉄のとに感じのものです。
IMG_9878.jpg

路面電車が来たので乗り込みました。
日曜日の早朝なのですが乗客はおられます。
IMG_9880.jpg

路面電車は地下鉄と違って社内にチケットを
差し込む機械が付いています。
IMG_9882.jpg

チケットを突っ込むと刻印がされます。
IMG_9879.jpg

マクドナルドがあるのは
「Nyugati pályaudvar M」という駅だったと思います。
ホテルの前の駅からは4つ目です。
IMG_9884.jpg

ホテルの前の駅からは6分ほどで到着しました。
路面電車ですが近代的なものです。
IMG_9886.jpg

ブダペストは古い町でしょうが
新しい電車が走っていて新旧混合となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

ドナウ河チャータークルーズ(ブダペスト)

ブダペストの観光としての目玉は何といっても
ドナウ河のナイトクルーズではないでしょうか。

ナイトクルーズは21:00〜22:00の
約一時間となっています。
川沿いにはたくさんの船着場があります。
IMG_9821.jpg

船に乗って川を南下してゆきます。
最初の橋を通過します。
IMG_9826.jpg

すると左手に昼間に訪れた国会議事堂が見えてきました。
ライトアップされてとってもきれいです。
IMG_9827.jpg

右手には王宮の丘の建物がライトアップされています。
IMG_9831.jpg

二つ目の橋はくさり橋です。
IMG_9833.jpg

IMG_9834.jpg

三つめはエリザベート橋です。
IMG_9853.jpg

四つ目は自由橋となっています。
IMG_9842.jpg

ここで船はUターンして北上しました。
左手に王宮の丘が見えていきました。
IMG_9854.jpg

再び国会議事堂ですが今度は結構近くを航行しました。
IMG_9865.jpg

ブダペストの訪問は4月27日でしたが
夜のクルーズは結構寒かったです。
ウインドブレーカーを着てしのぐことになりました。

私たちが観光した時は問題ありませんが
帰国後にテレビを見ていると韓国の方がクルーズしたときは
天候が荒れ模様で死者が出たとのことで
私たちはきれいな景色を見ることが出来て運が良かったです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

夕食はシラノ(ブダペスト)

西洋美術館を急いで見学した後は
ホテルから18:30にバスで出発して
「シラノ」というレストランに向かいました。

当初の予定では漁夫の砦のところにある
「ハラスバスチャ」というレストランだったので
夜景を楽しみにしていたのですが残念な結果となりました。

「シラノ」はペスト地区にあって割と街中のレストランです。
この写真は食事後のものです。
IMG_9815.jpg

ツアー用に並んだテーブルが用意されています。
IMG_9783.jpg

最初はスープみたいですが
中に具材がいろいろ入っていて
伝統的なハンガリー料理のスープのようです。
IMG_9793.jpg

IMG_9796.jpg

メインはお魚かお肉は豚だったと思います。
IMG_9804.jpg

あとはデザート(レモンタルト)とコーヒーが付いています。
IMG_9805.jpg

IMG_9807.jpg

食事が終わってレストランの外に出ると
レストランは中だけではなくて外にもテーブル席があって
外で食事を楽しむ方も多くおられました。
IMG_9814.jpg

それと何やらイベントがあったのか
とってもにぎやかな夜となっていました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

西洋美術館(ブダペスト)

カフェ・ジェルボーで一服した後は
地下鉄に乗って西洋美術館に向かうことにしました。

地下鉄に乗るには切符を購入する必要があるのですが
英語に切り替えてもなかなかうまくいかず
クレジットカードを入れて買うところもあったり
なかなか大変な思いをすることになりました。

切符を買った後は機械に入れて
昔の日本では人が切符を切っていましたが
同様に切符を切ってもらいます。
地下鉄に乗っていると係の人が確認に来ますので注意が必要です。

朝方に観光した英雄広場に面したところに
西洋美術館があります。
IMG_9688.jpg

中に入って切符を購入しました。
写真撮影にもお金が必要かと思いましたが
ビデオ撮影だけだとわかりました。
それと、リュックなどはロッカーに預ける必要がありました。
IMG_9768.jpg

こちらはベラスケスの作品と思います。
スペインで見たマルガリータ王女でしょう。
IMG_9691.jpg

後は気になった物を紹介します。
IMG_9715.jpg

IMG_9716.jpg

IMG_9717.jpg

IMG_9728.jpg

IMG_9740.jpg

IMG_9751.jpg

IMG_9753.jpg

滞在可能時間が1時間程度でしたので
急いで館内を見て回ることになってしまいました。

日本語ガイドもないので本当に見て回るだけです。
せっかくなのでゆっくり見たかったのですが
ツアー旅行では仕方ないのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

カフェ・ジェルボー(ブダペスト)

国会議事堂のフランス語のツアーに参加した後は
くさり橋方面に戻ってさらに進んでいくと
カフェ・ジェルボーがあります。

このお店はハンガリーNo.1と称される老舗のパティスリーで
ハプスブルク帝国に愛されたカフェです。
フランツ・リストも常連だったそうでハンガリーの至宝と讃えられています。
IMG_9677.jpg

入り口を入って右手にテーブル席があります。
IMG_9671.jpg

ケーキを並べたショーケースもあって
なかなか美味しそうな感じです。
IMG_9670.jpg

私たちは左手に案内されました。
店内はさすがに伝統ある感じとなっています。
お客さんもたくさんおられます。
IMG_9649.jpg

注文したのはこちらのスイーツとドリンクです。
IMG_9660.jpg

手前の茶色いドリンクは有名なものらしく
「ジェルボーカヴェ」というもので2590フォリントで
アルコールが入っていたように思います。
奥の黄色いのはレモネードとオレンジのジュースで1750フォリントだったと思います。

それとスイーツですが、ハンガリーの伝統ケーキセットで
3種類を味わうことが出来て3490フォリントします。
ケーキ以外にアイスがついています。
IMG_9655.jpg

このお店で注文を取ってくれたのは
こちらの女性でとっても美人の方です。
IMG_9663.jpg

このお店で優雅な時間を過ごしたのですが
次の予定もあって長居しないで出ることにしました。
ツアーの場合次々と観光をすることになりますが
一か所でゆっくりする旅行も歳を取ってくるといいのではと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

国会議事堂内部のツアーに参加(ブダペスト)

国会議事堂のフランス語のツアーは14:00スタートで
値段は一人6400フォリントとなっています。
日本円では2300円くらいでしょうか。

フランス語のツアーですので何を言っているか
分かるわけがありませんが
参加者について国会議事堂内を移動することにしました。
すると、ステンドグラスが見えてきました。
IMG_9578.jpg

しばらく進むと大階段の間に到着しました。
赤いじゅうたんが敷かれており内部は豪華絢爛な感じで
ツアーの参加者はここで記念撮影されていました。
IMG_9583.jpg

次の間は王冠の置かれているところで
ここだけは写真撮影は禁止となっています。
王冠の周りには警備兵が立っていて王冠を守っています。
IMG_9591.jpg

こちらの間はシャンデリアがとってもきれいです。
その下は座ることが出来るように丸いソファーとなっています。
IMG_9597.jpgIMG_9596.jpg

いよいよ国会が開かれる会議場です。
IMG_9606.jpg

見学者がいっぱいで順番を待って会議場をのぞき込みました。
階段の間と同じく金ぴかで豪華絢爛です。
IMG_9610.jpg

IMG_9611.jpg

ハンガリーの首相はだれで、どのような政治をしているのか
国の産業は観光以外に何があるか知らないのですが
こんな豪華絢爛な場所で落ち着いて政治が出来るのか気になります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

国会議事堂の観光に向かう(ブダペスト)

ドナウ河にかかるくさり橋を見学した後は
徒歩で国会議事堂に向かいました。

時間的には15分ほどで到着したので
くさり橋からはそんなに遠いわけではありません。
IMG_9536.jpg

大きな建物ですので入り口に行くにはぐるりと
回り込む必要があります。
IMG_9538.jpg

ここでも建物の前にライオンが二頭並んでいます。
IMG_9543.jpg

国会議事堂に入るにはどうしたらよいかは
ネットで検索して調べていたので
地下の入口を目指して進みました。
IMG_9544.jpg

階段の途中から国会議事堂を撮影しました。
IMG_9546.jpg

こちらが地下の入口です。
IMG_9547.jpg

国会議事堂の見学はツアーに参加する必要があり
予約をしようとしたのですが英語のツアーは一杯でした。

そこで、日本語以外は分かるわけがないので
時間的に良かったフランス語のツアーに申し込んで
QRコードとバーコードが印刷されたチケットを印刷して持参していました。
IMG_9548.jpg

フランス語のツアーは14:00からで
モニター画面に表示があります。

イヤホンガイドが支給されました。
IMG_9551.jpg

フランス語なので分かるわけはないのですが
とりあえず持って皆さんについて
国会議事堂内のツアーに出発することにしました。

フランス語のツアーには韓国の方も参加されていたので
たぶん私たちと同じ状況ではないかと想像しました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

くさり橋を見学する(ブダペスト)

ブダペストでランチを戴いた後の
午後は自由行動となっていましたので
レストランから歩いてくさり橋の観光に出かけました。

橋のたもとの周辺はこんな感じとなっています。
IMG_9505.jpg

橋の真ん中は自動車道路ですが
端は歩道となっていて歩いて渡ることが出来ます。
IMG_9506.jpg

橋にはなぜかライオンが両サイドにあります。
ブダペストにライオンがいたわけではないでしょうが
百獣の王という事で強さの象徴なのでしょうか。
IMG_9507.jpg

橋の名前がくさり橋なので
鎖で橋をつるしているのかと思っていましたが
実際は鉄橋みたいな構造となっています。
IMG_9511.jpg

IMG_9514.jpg

IMG_9516.jpg

IMG_9523.jpg

橋のそばには平たくて大きな船が停留しています。
IMG_9513.jpg

これはホテルみたいなもので
これに乗ってドナウ河をクルーズするのだと思います。
優雅な船旅もせっかちな日本人以外の人々には受けるのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

昼食はアウルム・ビストロで(ブダペスト)

聖イシュトバン大聖堂に入場して観光した後は
昼食のレストラン「アウルム・ビストロ」に
歩いて向かうことになりました。

道の途中に銅像がありました。
ガイドさんによると帝国時代のおまわりさんで
お腹を触ると幸運を授かるとのことで
皆さんが触るのでピカピカになっています。
IMG_9481.jpg

しばらく歩くとランチをいただくレストランに到着しました。
IMG_9488.jpg

IMG_9490.jpg

IMG_9491.jpg

どこのレストランでもそうですが
アルコール類は別会計となっています。
ワインは4ユーロ前後となっています。

お料理はサラダが最初のお皿です。
IMG_9492.jpg

メインは鶏肉で上にチーズとトマトが乗っています。
IMG_9498.jpg

後はデザートとなっています。
IMG_9500.jpg

コーヒーはお昼は別会計となっています。
なかなか厳しいツアーとなっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

聖イシュトヴァーン大聖堂に入場(ブダペスト)

ブダ地区にある王宮の丘を観光した後は
バスに乗ってペスト地区に移動して
今度は聖イシュトヴァーン大聖堂に向かいました。

この教会は1905年に完成したもので
建物としては割と新しいものです。
ブダペストでは最大規模の教会ですが
ハンガリーでは3番目の位に位置するそうです。
IMG_9474.jpg

建物内に入るとステンドグラスが見えています。
IMG_9448.jpg

教会内の柱は割と赤っぽいのですが
これはアンモナイトが含まれている大理石です。
IMG_9452.jpg

こちらの絵画は王様の戴冠式の様子を描いています。
前に王冠と剣が置かれています。
IMG_9457.jpg

それと驚くべきはガラスケースに入っているのは
聖イシュトヴァーンの右手のミイラです。
IMG_9460.jpg

聖イシュトヴァーンは1038年に亡くなっており
それからミイラにされたのでしょうが
右手以外はどうなっているかの説明はありませんでした。

こちらは白い彫刻ですが誰の像かは聞きそびれました。
IMG_9462.jpg

出口付近にあった扉です。
彫刻が施されていてとっても重厚な扉となっています。
西洋では扉に彫刻を施すことが多いようです。
IMG_9470.jpg

教会から出るとそこは広場となっています。
IMG_9471.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

王宮の丘にあるお土産屋さんに入る(ブダペスト)

マーチャーシュ教会に入って見学した後は
お土産屋さんへ案内されました。

ハンガリーのお土産というと刺繍、ワイン、
フォアグラ、磁器などが有名のようです。
こちらはヘレンドで、ハンガリーの焼き物です。
IMG_9385.jpg

IMG_9402.jpg

手書きの焼き物はとっても高いです。
ヘレンドは日本でも見かけますが取っ手の部分に特徴があり
個人的にはちょっと持ちにくいという印象です。

次は刺繍で、店内でも刺繍の実演(製造も兼ねている?)が
行われていますが、「カロチャ刺繍」という様で
カロチャとは地名でブダペストから南に80kmくらいの場所です。
IMG_9386.jpg

図柄としては花が多くてバラ、スミレなどが多いようです。
他には唐辛子も図柄になるようです。
IMG_9388.jpg

お人形さんも刺繍で服が作られています。
IMG_9392.jpg

お店の片隅に試食試飲のコーナーがあります。
IMG_9394.jpg

白ワインが有名みたいで貴腐ワインは甘口となっています。
値段を見ると75€、45€、20€の三種類が置いてありました。
高いのが貴腐ワインと思われます。

それとフォアグラの缶詰です。
IMG_9398.jpg

試食試飲コーナーで味見してみましたが
ワインは甘いというのが第一印象です。
フォアグラは脂っこい印象を家内は持ちましたが
私はどおってことない味という印象でした。

お土産屋さんでは家内が一番小さな刺繍を購入しただけで
後は見るだけとなりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする