2019年10月03日

聖イシュトヴァーン大聖堂に入場(ブダペスト)

ブダ地区にある王宮の丘を観光した後は
バスに乗ってペスト地区に移動して
今度は聖イシュトヴァーン大聖堂に向かいました。

この教会は1905年に完成したもので
建物としては割と新しいものです。
ブダペストでは最大規模の教会ですが
ハンガリーでは3番目の位に位置するそうです。
IMG_9474.jpg

建物内に入るとステンドグラスが見えています。
IMG_9448.jpg

教会内の柱は割と赤っぽいのですが
これはアンモナイトが含まれている大理石です。
IMG_9452.jpg

こちらの絵画は王様の戴冠式の様子を描いています。
前に王冠と剣が置かれています。
IMG_9457.jpg

それと驚くべきはガラスケースに入っているのは
聖イシュトヴァーンの右手のミイラです。
IMG_9460.jpg

聖イシュトヴァーンは1038年に亡くなっており
それからミイラにされたのでしょうが
右手以外はどうなっているかの説明はありませんでした。

こちらは白い彫刻ですが誰の像かは聞きそびれました。
IMG_9462.jpg

出口付近にあった扉です。
彫刻が施されていてとっても重厚な扉となっています。
西洋では扉に彫刻を施すことが多いようです。
IMG_9470.jpg

教会から出るとそこは広場となっています。
IMG_9471.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする