2020年02月29日

ロッテマートでお土産を購入する(ソウル旅行)

夕食の後はソウルで滞在するホテルに移動となりました。

ホテルは「NamSan HILL HOTEL」といって
南山のふもとにあるホテルでどちらかというと
安いビジネスホテルみたいな感じです。

今回のツアーですが日本旅行なのですが
ネットで安い分を頼んだのでホテルもそれ相応となっています。

ホテルからソウル駅の隣にあるロッテマートに徒歩で向かいました。
道路の向こう側に旧ソウル駅の駅舎とロッテアウトレットの文字が見えています。
IMG_2684.jpg


こちらは旧のソウル駅です。
今の駅は隣にあります。
IMG_2686.jpg

道路の向かい側のビルには南大門でしょうか
電飾で浮かび上がっています。
IMG_2687.jpg

ロッテアウトレットの文字があります。
IMG_2689.jpg

ロッテマートはその隣にあって
入口を探してたどり着きました。
IMG_2690.jpg

入口にはATMがあります。
IMG_2692.jpg

入口を入ると手押しのかご付き台車が置かれていて
小銭を入れることでつながっているくさりが外れる仕組みで
係の人に聞いて紙幣を硬化に両替して対応しました。

店内にはマッコリも売っていました。
良く見ると栓は完全には閉まっていないみたいで
横にしないでとの注意書きがあります。
IMG_2693.jpg

お土産として持ち帰ることは不可能と分かったので
韓国みやげとしては定番の海苔とピーナッツのお菓子にすることにしました。
海苔は結構かさ高となるのでお土産としては最適かもしれません。

お土産を初日に買ったので
お土産の心配はこれで無しとなりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

全固体電池で日本の巻き返しとなるか

日経新聞で気になった記事を紹介します。

日本の科学技術分野での明るいニュースというと
旭化成の名誉フェローの吉野彰さんのノーベル賞の受賞で
リチュームイオン電池の開発に対する評価です。

この分野では日本は優位な立場にあったようで
2013年ではパナソニックが38%のシェアを占めており
世界のトップの地位となっていましたが
2017年では15%までシェアが落ちて
中国韓国メーカーが台頭してきています。

電池分野での巻き返しを日本は狙っている様で
次の本命は「固体電池」というもので
日本の特許が34%を占めています。

固体電池はリチュームイオン電池の一種らしいのですが
安全性に問題がある電解液の代わりに
固体の電解質を使うものだそうで
安全性が高く、長期間使用しても劣化しにくく
その上に小型化しやすいという特徴があります。

スマホ向けでは現状の半分くらいの大きさにでき
車向けでも急速充電が可能であり
航続距離を伸ばすことが出来る見込みとなっています。

パナソニックとトヨタは2020年代の前半の
実用化を目指しているとのことで
日本にとっては明るい話題となっていますが
やはり中国の存在感が急速に高まっているので
将来の心配の種となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

夕食はサムギョプサル(ソウル旅行)

韓国伝統茶を美味しくいただいたあとは
ツアー旅行の定番の免税店を訪問しました。
そのあとは韓国一日目の夕食です。

バスを降りて階段を下りていきました
お店は地下にありました。
IMG_2680.jpg

テーブル席がたくさんあるのですが
お客さんはほとんどおらずちょっと心配になってきました。
IMG_2673.jpg

私たちの席はこちらとなっています。
IMG_2664.jpg

今夜のメニューは「サムギョプサル」です。
これは豚ばらの三枚肉を焼いて食べる料理のことで、
焼肉用の鉄板の上で焼いて食べます。
IMG_2667.jpg

お酒が付いていて「マッコリ」が飲み放題です。
韓国で有名なお酒のようですが
酒飲みではない私にとってはお味はもう一歩です。
IMG_2676.jpg

冷ややっこみたいなものも付いています。
IMG_2678.jpg

三枚肉を焼いてたれにつけてから
野菜の葉っぱで巻いていただきます。
代表的な韓国料理のようですが
お味は私好みというわけではありませんでした。
IMG_2679.jpg

豚肉そのものには味付けがなくて
たれをつけて食べるので
豚肉のあぶらがちょっと気になりました。
でも代表的なお料理を戴けたので良かったです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

中国で情報システム国産化推進

日経新聞で気になった記事を紹介します。

情報システムというとほぼすべてで
米国製が世界を席巻していて
基本的な部分を米国に握られている感じです。

反対に通信機器ではファーウェイの技術が進んでいるみたいで
トランプ大統領は中国製の製品を買わないようにと
関係国に依頼して情報を盗まれないようにしています。

中国では米国の情報システム支配から逃れるためか
共産党とか政府関係機関の情報システムを
2022年を目処に中国製に切り替えるようです。

パソコンではすでにレノボがありますが
OSとなるとマイクロソフトのWINDOWSが
中国でも9割のシェアを握っている様です。

中国では中国電子信息産業集団の傘下の企業が
「銀河麒麟」などを提供しているそうですが
代替えは厳しいのではとの観測があります。

業務ソフトではマイクロソフトの「オフィス」が
6割のシェアをもっており、キングソフトが4割で
この分野では代替えが利きそうな感じがします。

実際にレノボのパソコンなどには
キングソフトのオフィスが入っていたりして
マイクロソフトの製品と似た感じを受けます。

米中のハイテク競争は激化しており
世界を米国世界と中国世界に二分する時代が来そうで
昔の米ロ冷戦に変わって米中冷戦の時代となるかもしれません。

将来的には米国から中国へ世界の中心が移るか
それとも米国の時代がまだまだ続くのか
先の事は分かりませんが日本はどちらとも
上手くお付き合いしてゆく必要がありそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

仁寺洞(イサドン)で韓国伝統茶をいただく(ソウル旅行)

青瓦台サランチェの後は
車で北岳スカイウエイを走ったのですが
写真禁止なので写真はありません。

そのあとは仁寺洞に向かって
ここで韓国伝統茶をいただくことになっていました。
お店の名前はハングルなので読めません。
IMG_2640.jpg

お店はカフェみたいなものでしょうが
店内は古い感じのつくりとなっています。
韓国でも古い感じが人気なのでしょうか。
IMG_2622.jpg

今回のガイドさんです。
日本語がとってもお上手だったのですが
韓国の日本語の塾で習ったとの事でした。
IMG_2626.jpg

相棒が注文したのはこちらです。
シナモンとハチミツ、ショウガなどが
入っていたそうです。
IMG_2632.jpg

私が頼んだのはこちらの柚子茶です。
柚子の皮と果肉を砂糖に漬け込んだ柚子ジャムがたっぷり入っています。
風邪予防に良いとされるそうで、韓国では日常的によく飲まれるそうです。
IMG_2630.jpg

IMG_2635.jpg

戴いたお茶は1杯700円くらいで
とっても美味しくいただくことが出来ました。
韓国の伝統茶はおすすめと思います。

壁には仮面がとか昔の日常生活を描いた
絵が掛かっています。
IMG_2625.jpg

IMG_2637.jpg

仁寺洞の町並みはこんな感じです。
IMG_2639.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

ギグワークが輸送網を救うか

日経新聞で気になった記事を紹介します。

物流業界というとヤマト運輸が有名ですが
通販の拡大に伴い遅延が各地で続出するなどの
「物流クライシス」が2017年にあらわになりました。

ヤマト運輸は残業代金の未払いとか
ドライバーの確保が難しく運賃を上げざるを得ないなどの状態となり
運賃の4割値上げなどを要求することになりました。

日本郵便では都内では1200円〜1300円で
配達員の募集を掛けているのですが
ここ数年は人が集まらない状態となっています。

そんな物流業界の隙間を埋めるのが
「ギグワーカー」と呼ばれる人たちで
空いた時間にネットで単発の仕事を請け負います。

この様な仕事をするにあたって
仕事を辞めて始めた方もおられれば
新聞配達員が副業として宅配をする場合もあるみたいで
その場合は地域を知り尽くしているので適材となりそうです。

物流業界からするとこのような働き手の存在は
繁忙期に輸送量に応じて柔軟に働き手を増やすことが出来るので
労務費を固定費にすることなく対応できるので好都合となっています。

しかし働き手側からすると
仕事が常にある保証はない上に
原則として雇用保険も適用されないので
無収入となるリスクと隣り合わせとなっています。

実例としては配達中にスリップ事故を起こして
ケガが治るまでの3ケ月間無収入になった人がおられるようで
ギグワーカの怖さを実感したそうです。

そこで、事故の補償とか報酬を決める基準の透明性を求めて
労働組合を立ち上げることにしたそうで
ギグワーカーを保護する仕組みの整備は未整備となっています。

物流業界にとって救世主になるかもしれない
ギグワーカーですが仕事として定着するかは
補償問題がしっかりとするかがキーとなりそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

青瓦台サランチェを見学(ソウル旅行)

昌徳宮を見学した後は大統領官邸である
青瓦台の近くにある青瓦台サランチェという
韓国の総合広報施設を訪ねました。

車で移動なのですがこの施設に来る前から
車窓からの写真撮影は禁止となりました。
というのも兵隊さんが本物の銃を持って
付近を警備しているからのようです。

青瓦台も見学できるようですが
今回はツアーに含まれておらず
近くにあるこちらの施設を訪問となりました。
IMG_2617.jpg

青瓦台方面を写真に収めましたが建物は見えていません。
青瓦台とは大統領の生活空間である官邸や
執務を行う場所で本館は1991年に新築されたものです。
IMG_2618.jpg

建物内部に入ると受付がありますが
見学は無料となっています。
IMG_2590.jpg

歴代の大統領の写真が飾ってありますが
大統領を辞めた後は皆さん不遇な状態となっています。
IMG_2593.jpg

各国からの贈り物が展示してあります。
日本からはこちらの器が贈られたようです。
IMG_2600.jpg

実際の青瓦台は見えませんでしたが写真がありました。
IMG_2604.jpg

日本で見かけるような版画も展示してありました。
IMG_2615.jpg

Nikonの双眼鏡が置かれていました。
安倍首相からの贈り物のようです。
IMG_2616.jpg

現在のムン・ジェイン(文在寅)大統領についても
多くの写真などが展示してあり
自画自賛している印象を受けましたが
現在の韓国での評価はなかなか厳しいのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

価格が映す日本の停滞

日経新聞で気になった記事を紹介します。

世界的に価格の評価を行うときに
マクドナルドのビッグマックの価格を比較した
「ビッグマック指数」というのがあると聞いたことがあります。

実際にその価格を比較すると
2019年7月時点で日本では390円のビッグマックは
アメリカでは5.74ドルらしくて
同じ商品は世界中で同じ価格であると仮定すると
390円÷5.74と計算すると1ドルは67.9円となるべきです。

しかし現実の為替レートは110円前後となっていて
30%程度の円安になりすぎていると思われますので
日本円が低く評価されすぎていると考えられます。

同じようにディズニーランドの入場料金を比較してみると
カリフォルニアでの金額が13,934円に対して
日本では7,500円と半額で済んでいます。

他の国の料金と比較しても
日本の入場料金は安くなっています。

ダイソウの商品でも比較していて
日本では100円ですがアメリカでは162円だそうで
4割ほど安い状況となっています。

こちらも他の国より日本が安くなっているので
日本は割安感があるので訪日客を増やす結果となっているが
この低価格の根底には世界と比べて
伸び悩む賃金が物価の低迷を招くという負の循環となっていて
日本が少しずつ貧しくなってきていると記事は書いています。

他には家電、化粧品、ホテルなども世界と比べると
安くなっている様で同じような部屋に泊まる場合で比較すると
ロンドンで5つ星のホテルは17万円ですが
東京だと7万円で済むそうです。

昔は東京の物価は高くて旅行者は
日本では高い印象を受けていたと思うのですが
知らないあいだに日本の物価は世界で下がってきており
日本経済の停滞を表しているといえるそうです。

反対に日本の物価が安いと考えると
外国で稼いだお金を持って日本に来日して
日本で老後を過ごす方も出てくるかもしれません。

少し前までは日本で稼いで
海外で老後をと言っていましたが
それは過去の話になっているのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

昌徳宮−2(ソウル旅行)

仁政殿を見た後は隣にある
宣政殿(ソンジョンジョン)へ移動しました。

入口は宣政門といいます。
IMG_2528.jpg

宣政殿は王様が日頃政務を行ったところです。
写真はありませんがここは現存する宮殿の中で
唯一青い瓦屋根をもつ貴重な建物となっています。
IMG_2532.jpg

その隣に煕政堂(ヒジョンダン)があります。
ここは王様の生活空間となっています。
IMG_2535.jpg

IMG_2551.jpg

オンドルの入口があって床下で薪を燃やして
床暖房を行っていたとこrです。
IMG_2539.jpg

薪を燃やしたら煙が出るのですが
それはこちらの煙突から排出する仕組みです。
IMG_2540.jpg

煕政堂(ヒジョンダン)の奥には大造殿(テジョジョン)があります。
ここは王妃の生活の場となっていました。
建物の特徴としては屋根に棟瓦がないことです。
IMG_2550.jpg

日時計もおかれています。
IMG_2554.jpg

ガイドさんによると韓国の最後の王族には
日本から方子(まさこ)妃が嫁いでいます。
二人男の子が出来たそうですが
二人目の子供は最近ホテルで亡くなったとの事でした。

ネットで調べると方子妃のことが出てきたので
興味のある方は検索してみたください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

2030年の労働環境の予測

日経新聞で気になった記事を紹介します。

経済学というとケインズという名前が出てきますが
彼が1930年に100年後には1日に3時間も働くと
生活に必要なものは得られる時代が来ると予測をしたそうです。

1930年というと世界恐慌の混乱が広がるさなかだったそうですが
100年後には経済問題が解決して自由な時間をどのように使うのかが
人類の大きな課題になると述べています。

この予想に対して実際はどうかというと
英国のオックスフォード大学が推計しているのですが
米英独のフルタイムの就労者の労働時間は
1870年で週に56.9〜67.6時間だったのですが
2018年には6〜7割に減っているそうで
1日3時間までは減少していませんが減少傾向になっています。

ケインズが描いた未来予想とは全く逆の予想をしているのが
米国のマッキンゼー・アンド・カンパニーで
人工知能とかロボットによる労働の代替えが進み、
世界の労働者の3割に当たる人間の仕事が失われると予想しています。

ケインズは働かなくてよくなると予想し
マッキンゼーは働くことが出来なくなると予想していて
どちらの予想も働く時間は減ると予想しています。

しかし、ケインズは働く時間が減っても
生活できるお金は得ることが出来ていると考えているのに対し
マッキンゼーは働くとこが出来ない人は
生活に必要なお金は得ることが出来ないと考えているのでしょうから
両者では大きな違いがあります。

さてどちらが10年後の世界をうまく言い当てているのかと
考えてみたいと思います。
現在人間が行っている労働をすべて人工知能と
ロボットが代わりにやってくれる時代が来たと仮定するとどうでしょう。

原油はロボットとAIで自動的に掘ることが出来て
掘り出した原油も自動的にタンカーに積まれて日本にやってきて
精製されガソリン、軽油、灯油などに分けられ
ガソリンスタンドに配達されるでしょう。

車は燃料がなくなるとガソリンスタンドに自動運転でやってきて
自動的に給油して自宅のガレージに戻ってきています。
人間は出かけたい時に行先を車に伝えると
自動運転でその場所に連れて行ってくれます。

こんな未来の生活を思い浮かべますが
問題はガソリンを購入するお金を人間はどのようにして稼ぐかです。

すべて機械が勝手にやってくれるという事で
なんでも無料となるなら、人間は働かずして
機械が生み出してくれた燃料とか食べものを得ることが出来るでしょうが
この辺りがどのようになるのか想像できる方は
10年度の未来を予想してみてください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

昌徳宮−1(ソウル旅行)

ソウルでの最初の観光地は世界遺産となっている
昌徳宮(チャンドックン)で1997年に登録されています。

入口は「敦化門」という門です。
IMG_2485.jpg

門を入って右に曲がると次の門が見えています。
名前は「進善門」でこの門との間には川が流れていて
橋を渡って進むことになります。
IMG_2491.jpg

橋のあたりに韓国の民族衣装を着た方がおられました。
女性の衣装はチマチョゴリと言いますが
チマはスカートの意味で、チョゴリは上着の意味だそうです。
IMG_2492.jpg

男性の衣装はパジチョゴリと言って
パジはズボンの意味だそうです。
結構このような衣装の方を見かけたのですが
観光客の方が貸衣装を着ているとの事でした。

次の門は仁政殿に入るための門で
名前は「仁政門」といいます。
ここは最初と違って左に曲がって入ります。
IMG_2497.jpg

門をくぐると仁政殿が見えてきました。
この建物は昌徳宮の正殿であって、王の即位の礼や
外国の使節との接見など国の公式的な行事を行う建物です。
IMG_2504.jpg

瓦の上には動物が並んでいるみたいです。
実はこれまでの門にもこのようなものが乗っていました。
IMG_2508.jpg

仁政殿の内部です。
仁政殿の内部にはカーテンとかシャンデリアがありますが
1908年に内部修理を行ったときに
宮殿に取り入れた洋風のインテリアです。
IMG_2517.jpg

正面にある絵には5通の山が描かれていて
東西南北で韓国の全国を表していて
山の上に小さな丸が二つありますが
左上の白い丸はお妃を表し、右上の赤い丸は王様を表しています。
IMG_2517-2.jpg

松の木も二本描かれていますが
これは長生きの意味だそうです。
松は長生きだったのでしょうが今は松くい虫の影響で
長生きではないかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

配偶者居住権の新設

日経新聞で気になった記事を紹介します。

お金持ちの場合は自分が死んだ後のことを考えて
家族会社を作ったり借金を残したりと
色々と工夫されるみたいですが
一般市民にはあまり関係がないのが相続税です。

しかし都会に住んでいる場合は
知らない間に住んでいるところの価値が上がって
気が付いたら結構な金額になっている場合があるようです。

そうすると相続対象の資産をどう分けるかで
親と子供がもめることがあるみたいです。

新聞記事では遺産として6000万円の自宅と
2000万円の貯金があった場合で
妻と子供が一人だったときの例で説明があります。

残された妻が家に住むとした場合は
従来の考えでは6000万円を相続したことになるので
遺産の半分である4000万円を超えてしまいます。

しかし、2020年4月以降では
民法改正で新設された「配偶者居住権」を利用して
妻が自宅の配偶者居住権2500万円と貯金1500万円を相続し
子供が自宅の所有権3500万円と貯金500万円を相続すれば
両者ともに4000万円を相続する事になります。

これによって妻は家に住みながら
貯金の1500万円も使うことができるので
めでたしめでたしとなるそうです。

ただし、注意点があって、妻が老人ホームに転居しようと
配偶者居住権を放棄したり、親子の合意の上で
居住権を解除したりすると妻から子に贈与があったとされて
子供に贈与税が掛かることになります。

法律をよく知って準備しておくことが
その時期が近付いてら大切な気がします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

ソウルの事情(ソウル旅行)

空港からの車はソウルの中心部に入ってきました。

ガイドさんとソウルの状況について車内でお話をすることになりました。
IMG_2465.jpg

ガイドさんは年齢は62歳だそうですが
韓国では年金は62歳からもらえるとのことです。
しかしガイドという仕事は日当制なので
貰える年金額はとっても少なく3万円ほどでなので
年金だけでは生活できません。

一方教師だった人の場合は30万円ももらえるので
ガイドと比べると10倍も貰えます。
教師とか公務員は年金が良いようですので
そのような職に就きたいと思い人が多くなりそうです。

こちらは市役所です。
IMG_2467.jpg

韓国の景気は良くなくて働き先がなく
日本へ働きに行っているとのことでした。
若い人はお金がないので結婚も出来ないとのことです。

このお話にはちょっと驚きました。
韓国には大きな企業があって時価総額でも
世界のトップクラスに入っているサムスン電子などもあり
経済的に発展していると思っていたので驚きでした。
IMG_2468.jpg
                      
北朝鮮との統合について聞いてみると
北朝鮮には地下資源が多くあるが韓国と統合するのは
将来的にはしたいと考えているが急にするのは大変と思っているようです。

その理由としては北朝鮮は武器があるだけで
安い労働力もあるが、昔ドイツの西と東が統合したが
それと同じ感じで急激に発展することはないのではとの考えです。
IMG_2472.jpg

ガイドさんに株式投資について聞くと
昔父親が建設会社に現在の金で5〜6千万投資して
失敗したために家にお金が無くなり大変な思いをしたので
株式投資には興味がないと言っていました。

やはり生活に必要なお金を株に投資してしまうのは
とっても危険な事ですので注意が必要ですね。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

根拠の薄いがん検診が9割の市町村で実施

日経新聞で気になった記事を紹介します。

日本人の死因の一番多いのはがんでその比率は3割に近くなっています。
その為にか健康診断でがん検診を多くの市町村で取り入れています。

がん検診では国立がん研究センターなどが
「科学的根拠がある」と推奨しているのは
胃、大腸、肺、乳房、子宮頸部の5つのがん検診です。

厚生労働省は指針を作成しており
検診部位と検診方法は以下の通りです。

 部位   検診方法     
 胃    エックス線か内視鏡
 大腸   便潜血
 肺    エックス線など
 乳房   マンモグラフィー
 子宮頸部 視診、細胞診、内診

がん検診はこれらの方法で受けると早期発見につながる一方
誤診断を受けたり、エックス線検査による
放射能被ばくでがん発症リスクが高まったりするなど
受診者にとって不利益も発生します。

その為に国からは死亡率を下げる利点が大きいと証明された
検診に限って推奨しているわけですが
そうでない方法を実施している市町村が9割もあるそうです。

具体的な例としては
前立腺がんに関わる血液中の物質を調べる「PSA検査」があり
1438自治体(83%)が実施しています。
乳がんの超音波検査なども35%が実施しているそうです。

効果が少ない方法で検診を行うという事は
税金とか医療費の無駄遣いにつながるので
海外ではこう言った検診を廃止する流れとなっています。

北欧とか英国では根拠のある検査の受診率の向上に注力し、
子宮頸がんや乳がんの死亡率引き下げに成功したそうですので
日本でもそれに倣って進めてほしいものです。

医療関係企業の宣伝に踊らされないで
本当に有効な検査を行う事で
個人負担額の抑制と税金の無駄遣い抑制につなげて欲しいものです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

仁川空港からソウル市内へ(ソウル旅行)

仁川空港に到着後に入国審査に向かいました。

途中に韓国と日本の国旗があって
ようこそ韓国の文字がありますが
この頃は日韓関係は今ほど悪化していませんでした。
IMG_2423.jpg

荷物を受け取った後は出迎えてくれた
日本旅行の現地添乗員さんと合流して
ソウル市内へ移動となります。
IMG_2430.jpg

送迎対象は私たち二人のみで
現代のワンボックスでガイドさんの
お話を聞きながら移動となりました。
IMG_2434.jpg

仁川空港がある島から本土?への橋です。
IMG_2445.jpg

だんだんとソウル市内に近づいてきました。
IMG_2450.jpg

高層ビルが建っていることが分かります。
IMG_2453.jpg

市内に入ったのですガラス張りの高層ビルがあります。
IMG_2463.jpg

さすがに韓国の首都だけあって近代的な都市です。
今回初めての韓国訪問ですが
北朝鮮との統合が行われると経済的には発展するとの意見もあり
今後の動きに注目したいところです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

マンションの高値は「駅近」人気が支えているが

日経新聞で気になった記事を紹介します。

東京都心では一部の高級マンションでは
2億円を越す物件も出てきているみたいですが
マンション全般的な売れ行きは鈍いそうです。

新聞記事によると新築マンションの価格が
過去最高に近づいているそうで
6089万円になったとの発表があります。

過去最高値はいわゆるバブル時代で
1990年に6123万円で
現在の価格はほぼそれに近づいています。

そうなるとこれからは価格は下がってゆくのではと
通常は考えるのが普通と思いますが
現在の高値の原因の一つはインバウンドの増加に伴う
ホテル需要の増加で建築場所の取り合いで
土地の値段が高くなっていることだそうです。

もう一つはマンションの需要サイドの理由として
共働きなどで世帯当たりの収入が1千万円を超える
「パワーカップル」が増えて事が挙げられています。

そのような人は通勤に時間をかけるのではなく
仕事場に近い都心で住まいを探す傾向があるのでしょう。
実際、最寄駅から5分以内のマンションの比率が高まっており
ここ4年ほどで比率が10%ほど増えて50%に迫っています。

この様な駅に近い物件は価格も高いのですが
販売する時にも高い価格で売れる可能性があり
人気となっているのでしょう。

マンション価格がこのまま高止まりになるのか下がるのか気になりますが
東京カンテイによる分析では新築マンションの価格が
年収の13倍となっていて1990年の18倍に近づいているので
バブル後に起こったことが再現しそうな気がします。

日本では人口が減ってきていますので
住宅需要は間違いなく減少するのでマンション価格も下がるはずですが
都心に限ればその考えが通用するのかしないのかどうなりますか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

関空から仁川空港へ(ソウル旅行)

仁川空港行きのKE724便の搭乗開始は
12:00となっています。

搭乗ゲートは9番でそろそろ手続き開始時間です。
CAの方がたが入り口にスタンバイしています。
IMG_2367.jpg


今回の航空会社は大韓航空です。
ソウルには大韓航空以外にもLCCがあるみたいですが
今回初めて大韓虚空を利用します。
IMG_2371.jpg

機内はこんな感じで綺麗な飛行機です。
IMG_2373.jpg

飛行機は無事に関空を飛び立ちました。
眼下に関空の道路が見えています。
IMG_2383.jpg

時刻は13:19ですが機内食が出てきました。
お昼のフライトですが軽食となっています。
IMG_2386.jpg

仁川空港はハブ空港で日本の各地とも
結構路線を確保していることが分かります。
IMG_2400.jpg

14:25ですがいよいよ仁川空港に向けて
着陸態勢となりました。
IMG_2413.jpg

仁川空港は朝鮮半島ではなくて
島か、もしくは人工島かもしれませんが
海を隔てた場所にあります。

その為かハブ空港として多数のフライトを
処理できる立地となっている感じです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

ソウル旅行に出発

2019年の6月に友人とソウル旅行に出かけました。

60歳の定年でいったん現役生活に終わりをつげ
その後も働くには働いているというものの
何時まで元気かわからないので行けるときに
旅行しようとなって第一段目がソウルとなりました。

相棒となる彼とは初めて一緒に旅行するのですし
最初の海外旅行となりますので
安全策を取ってツアー旅行で行くことにしました。

相棒の話では結構家族で海外旅行しているみたいで
そのほとんどがフリープランで
現地で各人が自分の好きな観光とかをしているとのことです。

ツアーは関空発ですのでエアポートリムジンで
空港まで行くことにしましたので
最初に往復の切符を購入しました。
IMG_2337.jpg

バスは順調に運航して関空に向かう橋に差し掛かりました。
台風で壊れた橋げたは復旧済みです。
IMG_2341.jpg

4階にあるターミナル1にバスは到着しました。
IMG_2346.jpg

空港につくと最初に申し込んでいたWiFiをピックアップします。
場所は一番端にあります。パスポートの提示が必要です。
レンタル料金は3日間で780円ですが
同じGlobal WiFiでも申し込み先で価格が違うことが今回分かりました。
IMG_2347.jpg

集合時間までに時間があったので
空港内で朝食をいただくことにしました。
お店はがんこ寿司でウナギ丼です。
IMG_2355.jpg

IMG_2351.jpg

今回のツアーですが旅行代理店ではなくてネットで申し込みました。
旅行内容としては夕食後の南大門観光がついていないくらいで
その他は一緒で、ツアー代金は60,590円です。
(空港までのバス代、WiFi代、保険代・・・などは含みません。)

空港券を受け取ったあとは手荷物検査と出国手続きを行いました。
最近は機械にパスポートを載せる自動ゲート式です。

搭乗時間までにお茶でもとなり
スターバックスでコーヒーをいただきました。
IMG_2362.jpg

空港内は何でも高いとの先入観がありましたが
スターバックスは同じ値段で提供していて
ドリップコーヒのSが290円(税別)でした。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

チャオ ナチュレ (CIAO NATURE)

YKKのショールームを訪問した後は
グランフロント大阪にランチを戴こうとやってきました。

グランフロント大坂の西側はまだまだこれから
開発を行う感じで更地の状態です。
IMG_2325.jpg

IMG_2326.jpg

お店は南館の8Fにあります。
イタリアンバルと紹介されています。
IMG_2324.jpg

店内は満席だったので
気候も良い時期だったのでテラス席としました。
IMG_2316.jpg

見上げると高層ビルとなっています。
IMG_2318.jpg

ランチは最初がスープとサラダです。
IMG_2317.jpg

それとパンです。
IMG_2323.jpg

パスタはバジルのソース仕上げです。
IMG_2322.jpg

この日はちょっと風が強かったですが
気候が良い時期だったので
ビルのテラス席で気持ちの良いランチのひと時を過ごせました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

YKKのショールームを見学する

大坂の駅前にあるYKKのショールームを
訪問する事にしました。

エレベーターを乗り継いでショールームに
たどり着いたのですが目的は二重窓の見学です。
IMG_2311.jpg

ショールームには二重窓のサンプルが置かれています。
二重窓を設置する目的は一つは防音でもう一つは断熱です。
実際に窓の外の騒音レベルと二重窓を通した室内の
騒音レベルを測れるようになっています。
IMG_2303.jpg

もう一つの断熱についても外気と室内の温度を
表示している場所もあります。
IMG_2302.jpg

防音、断熱とも効果があるみたいで
お金さえあれば窓を二重にすれば冷暖房の効率が上がり
その分環境負荷が減ることになるので良いのではないでしょうか。

等にはいろんなタイプとか色もあるみたいです。
IMG_2310.jpg

施錠方式についても一般的な物もあれば
そうでないものもあります。
IMG_2306.jpg

IMG_2304.jpg

係の方にもいろいろとお話を伺うことが出来ました。
二重窓の施工については以前は結構手厚い補助があったようですが
現在はそうでもないみたいです。

サッシメーカーの方にそのあたりを聞いている状況で
残念ながら当家では設置には至っていませんが
防音とか結露問題でお困りのお宅では
二重窓を検討されたら良いと思います。

ショールームからは大阪駅を見下ろすことが出来ます。
IMG_2312.jpg

お近くの方は一度見学されたらよいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自然素材の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする