2020年02月18日

配偶者居住権の新設

日経新聞で気になった記事を紹介します。

お金持ちの場合は自分が死んだ後のことを考えて
家族会社を作ったり借金を残したりと
色々と工夫されるみたいですが
一般市民にはあまり関係がないのが相続税です。

しかし都会に住んでいる場合は
知らない間に住んでいるところの価値が上がって
気が付いたら結構な金額になっている場合があるようです。

そうすると相続対象の資産をどう分けるかで
親と子供がもめることがあるみたいです。

新聞記事では遺産として6000万円の自宅と
2000万円の貯金があった場合で
妻と子供が一人だったときの例で説明があります。

残された妻が家に住むとした場合は
従来の考えでは6000万円を相続したことになるので
遺産の半分である4000万円を超えてしまいます。

しかし、2020年4月以降では
民法改正で新設された「配偶者居住権」を利用して
妻が自宅の配偶者居住権2500万円と貯金1500万円を相続し
子供が自宅の所有権3500万円と貯金500万円を相続すれば
両者ともに4000万円を相続する事になります。

これによって妻は家に住みながら
貯金の1500万円も使うことができるので
めでたしめでたしとなるそうです。

ただし、注意点があって、妻が老人ホームに転居しようと
配偶者居住権を放棄したり、親子の合意の上で
居住権を解除したりすると妻から子に贈与があったとされて
子供に贈与税が掛かることになります。

法律をよく知って準備しておくことが
その時期が近付いてら大切な気がします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする