2020年03月30日

高麗堂で海鮮鍋を戴く(ソウル旅行)

南大門市場を散策した後は
高麗堂というお店で海鮮鍋を夕食に戴きました。

昨日の夕食と同じくお店は地下にあるようです。
IMG_3383.jpg

階段を降りると韓国スターでしょうか
美男美女の看板がお迎えしてくれます。
IMG_3364.jpg

本日の夕食の高麗堂に入りましたが
ここもお客さんの姿がなくて
ちょっと心配な状況です。
IMG_3366.jpg

広間以外に個室みたいな場所もありますが
ここにもお客の姿はありません。
IMG_3381.jpg

私たち用のテーブルには食事の用意がしてあります。
IMG_3367.jpg

回船鍋となっています。
火をつけて煮えるのをビールを飲みながら
しばし待つこととなりました。
IMG_3374.jpg

鍋の具材ですがカニが入っています。
それにうどんも入っていて日本と同じ感じです。
IMG_3376.jpg

エビとかトッポギ、貝類も具材として入っています。
IMG_3378.jpg

昨日から韓国料理を戴いていますが
お客が少なく活気がないせいもあるのでしょうが
お味の方もいまいちの感じがぬぐえ切れません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

南大門市場を散策A(ソウル旅行)

南大門市場を歩いていると
レストラン街らしきところもありました。

レストランと言っても大衆食堂みたいな感じで
お店の前なのか裏側なのか分かりませんが
小さな鍋を火にかけています。
IMG_3337.jpg

韓国料理に「チゲ」というのがあり
人によっては「チゲ鍋」という人がいますが
それは間違いで、チゲとは鍋の事ですので
チゲ鍋と言うと鍋鍋となるとラジオで聞きました。

こちらはキムチと思いますが
白菜だけではなくていろんなお野菜を
キムチに仕上げているみたいです。
IMG_3342.jpg

このお店の前には餃子と豚まんみたいなのが
たくさん並べてありますが夕食前ですので
眺めるだけとなりました。
IMG_3340.jpg

南大門市場を歩いていると
地下に降りる階段を発見しました。
IMG_3352.jpg

階段を下りてゆくとたくさんのお店があるようです。
IMG_3353.jpg

地下街は結構広いようで
こちらでは衣料品を販売しています。
IMG_3355.jpg

このお店はビニール袋に何かを入れたものを
たくさん積み上げて販売しています。
IMG_3356.jpg

迷子になるほどの広さで、ゆっくり見ると
結構時間がかかる感じですが、集合時間に間に合うように
集合場所と聞いた高麗人参のお店に向かいました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

南大門市場を散策@(ソウル旅行)

三清洞を散策したあとは
南大門市場の散策に向かいました。

ソウルで市場というと東大門市場と南大門市場の
2箇所が有名ですがツアーには南大門(ナムデムン)市場
の散策がついていました。
IMG_3286.jpg

ここには食料品をはじめ衣料品とか
生活に必要なものが一揃え販売している感じです。
市場には観光案内所があって
日本語のパンフレットも置いています。
IMG_3297.jpg

観光案内所でお粥を食べることが出来るお店について
教えてもらいました。
こちらはうどん屋さんだったと思います。
IMG_3302.jpg

南大門は市場のすぐそばにあります。
IMG_3319.jpg

韓国というとキムチが有名ですが
それに使うための唐辛子でしょうか
細かくしたものを山盛りにして販売しています。
IMG_3327.jpg

こちらは加工する前の唐辛子でしょう。
IMG_3328.jpg

焼肉とか三枚肉用のお肉も販売しています。
IMG_3329.jpg

南大門市場を一通り散策することになりましたが
結局何も買いませんでした。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

三清洞を散策する(ソウル旅行)

北村韓屋村を散策した後は
おしゃれな街である三清洞を自由散策となりました。

この界隈には洋服屋さんがあって
おしゃれな衣料品を販売しています。
IMG_3240.jpg

こちらのお店は雑貨屋さんみたいな感じです。
IMG_3242.jpg

カフェもありましたが
こちらのお店はテイクアウト専門のお店でした。
IMG_3258.jpg

座ってコーヒーでもと思い散策していると
Coffee Beanというお店を見つけました。
IMG_3256.jpg

階段で二階に上がるとお店があります。
カウンターでオーダーをしてお金も先にお支払いで
日本のコーヒーチェーン店と同じ仕組みです。
IMG_3248.jpg

店員さんも韓国美人でしたが
美容整形が当たりまえの国らしいので
生まれつきの美形かそうでないのかはわかりません。
IMG_3250.jpg

暑い時期でしたが涼しい場所で一息つくことが出来ました。
IMG_3255.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

北村韓国村を散策(ソウル旅行)

水原で昼食に骨付きカルビをいただいたあとは
ソウル市内に戻ってきました。

車窓から清渓川を見た後は韓国の伝統的な
家屋が密集している北村韓国村に向かいました。
バスを降りるとチマチョゴリのレンタル屋さんがあります。
IMG_3215.jpg

値段を確認すると7000ウォンとなっていましので
日本円では700円くらいでしょうか、割と安い感じです。
レンタルのチマチョゴリを着て観光している方もおられました。

北村韓国村は昔は高官である貴族の人の家だったそうですが
現在はその子孫が住んでいるわけではなくて
お金持ちの方々が住む場所になっているそうです。
IMG_3223.jpg

IMG_3225.jpg

この時は結構工事中のところが多くて
塀の修理もされていました。
IMG_3227.jpg

坂の途中まで上って下の方向を撮影しました。
IMG_3234.jpg

このあたりの家を外から見たのですが
駐車場を確保している家とそうでない家があります。
家に駐車場がない家では公共の駐車場に停めているそうです。
IMG_3235.jpg

静かにとの看板も立ててあります。
IMG_3237.jpg

観光地だけあって、住宅地なので静かにするようにと
4か国語での表記となっています。
日本語表記もしてあり日本人の観光客も多いようです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

水原カルビを昼食に戴く(ソウル旅行)

午前中は水原華城と華城行宮、それに民俗村を
観光したのですが昼食は水原カルビを戴くことになっています。

水原カルビというと水原華城の付近に
有名なお店があるようですが
参加したのが安いツアーだったせいか
近くのお店になっているようです。
IMG_3187.jpg

店内に入るとお客さんがあまり居られずに
ちょっと大丈夫かなとの思いを持ちながら
テーブルにつきました。
IMG_3192.jpg

焼肉ならという事でビールを頼みましたが
韓国のビールはちょっと薄味の感じです。
IMG_3196.jpg

焼肉の炭は韓国独特なのか
真ん中に穴が開いているもので
着火しやすいのかもしれません。
IMG_3198.jpg

鉄板の上に骨付きカルビを並べて
焼くことになります。
IMG_3200.jpg

焼けてきたところで
お店の方がハサミで切り分けてくれます。
IMG_3202.jpg

後は野菜に包んでいただきました。
IMG_3205.jpg

骨付きカルビは韓国で有名な料理のようです。
豪快にかぶりついてビールを飲めば
暑い夏も乗り切ることが出来るのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

韓国民俗村B(ソウル旅行)

韓国民俗村を見て回っていると
音楽が聞こえてきました。

音の方向に近づくと日よけのテントの下で
踊りを踊っているところでした。
IMG_3091.jpg

民族衣装を着た女性陣も居られます。
韓国美人というべきかなかなかの美形です。
IMG_3093.jpg

太鼓の楽団もおられます。
日本の太鼓と同じ感じです。
IMG_3097.jpg

にぎやかで華やかな場所を離れると
今度は一変して拷問の写真があります。
IMG_3105.jpg

こちらが実物でしょうか。
この木にくくりつけて拷問したのでしょう。
IMG_3106.jpg

牢屋もありました。
こちらは軽犯罪者の部屋を再現しています。
IMG_3114.jpg

重犯罪者は動けないように木で固定されています。
IMG_3116.jpg

華やかな舞踏と拷問用具などを含めた展示があり
社会の裏表を続けてみることになりました。
闇の世界ではなくて日の当たる世界で生きたいものです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

韓国民俗村A(ソウル旅行)

韓国民俗村では昔の韓国の生活状況について
台所用品とか農機具などの展示があります。

最初の場所は台所です。
かまどでご飯とかおかずを作っていたみたいで
私が小さい頃も家にはかまどがあったので
懐かしく拝見することになりました。
IMG_3048.jpg

こちらは綿花から繊維を取り出して
衣服をつくための道具の様ですが
これは我が家にはありませんでした。
IMG_3050.jpg

収穫した穀物を大きさとか石などを
風の力で選別するための道具でしょう。
これも我が家にあったので懐かしいです。
IMG_3054.jpg

穀物をつくための物みたいです。
日本では水車の横にあったようなものでしょう。
私の子供時代には電動化されていました。
IMG_3055.jpg

昔の生活を再現した人形も展示してあります。
IMG_3065.jpg

屋外にもかまどがあります。
屋内用と使用目的が違うのでしょう。
IMG_3069.jpg

こちらは農機具置き場です。
IMG_3078.jpg

窓には鎌がたくさんぶら下げてあります。
臼などもあって昔の生活がしのばれます。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

韓国民俗村@(ソウル旅行)

世界遺産の水原華城と華城行宮を見学した後は
韓国民俗村の見学に向かいました。

ここでは朝鮮王朝時代の人々の習慣を再現しており
韓国の若い人とか海外らからの観光客に
韓国伝統の民族風習とか生活文化を紹介する場所となっています。
IMG_3001.jpg

入口を入って進むとお土産物屋さんとかがあり
さらに進むと門が見えていきました。
IMG_3017.jpg

こちらは藁屋根でしょうか丸い形の屋根です。
IMG_3019.jpg

中には石臼みたいなものがあって
牛でこの石をつかって挽かせていたようです。
隣の建物には牛が飼われていました。
IMG_3024.jpg

建物の軒先にはトウモロコシとかがぶら下げてあります。
日本では玉ねぎをぶら下げていますがそんな感じでしょうか。
IMG_3028.jpg

縁側では藁を使って何かを編まれていました。
IMG_3036.jpg

昔のトイレも再現されています。
IMG_3042.jpg

昔の質素な農村の生活が読み取れます。
昔の日本もこんな感じで同じです。
現在の若者からは想像も出来ない生活でしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

華城行宮を観光(ソウル旅行)

華城行宮は水原華城と同じく世界遺産となっています。

入口は新豊楼という門です。
IMG_2956.jpg

行宮は仮の宮殿の意味で1789年に建てられ
その後に水原華城の築城に合わせて拡張されたそうです。
この場所は「宮廷女官チャングムの誓い」のい撮影場所とのことで
中には人形が置かれています。
IMG_2987.jpg

中には建物がいろいろと建っています。
IMG_2964.jpg

門もたくさんあってこちらは「至楽門」と書いてあり
ここをくぐって楽に至るという事でしょうか。
IMG_2970.jpg

その先にある建物は「長楽堂」と書かれていて
ここが楽の場所となりそうです。
IMG_2972.jpg

還暦のお祝いのお料理が展示してありました。
IMG_2974.jpg

軒の垂木の先には文様が描かれています。
日本の神社仏閣では単に白い色ですが
韓国では文様があって凝った作りです。
IMG_2975.jpg

ここの場所にもオンドルがあって
煙を吐き出す煙突があります。
IMG_2977.jpg

こちらは「多福門」と「長福門」でやはり福の文字が入っています。
よほど福に飢えていたのか希望があったのかと考えてしまいます。
IMG_2980.jpg

IMG_2982.jpg

こちらの模型は70歳の時のお祝いの模様だそうです。
IMG_2985.jpg

還暦と言い70歳のお祝いといい
韓国から日本に文化が渡ってきたことが
これかららもうかがうことが出来ます。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

水原華城スウォンファソンA(ソウル旅行)

練武台を見学した後は城壁沿いに歩いて
移動する事になりました。

暑くなってきたのですが木陰は涼しいです。
鳥の声が聞こえてきました、白と黒の鳥でガイドさんによると
韓国の国鳥である「カササギ」という鳥だそうです。
IMG_2911.jpg

城壁の向こう側に水原の町並みが見えています。
結構高層ビルもあって大都会の感じです。
IMG_2916.jpg

昔の門みたいな建物も見えています。
IMG_2917.jpg

こちらは「訪花随柳亭」という建物です。
IMG_2922.jpg

見学の途中で休憩するのに適している場所です。
暑い時でしたので上にあがって屋根の下で
涼むことにしました。
IMG_2927.jpg

建物はどこもそうですが緑色と
赤、オレンジ、青が入っていてカラフルです。
IMG_2934.jpg

見学の最後は「華虹門」です。
7つのアーチ型の門がある石橋の上に楼閣が建っています。
川の氾濫や敵の侵入を防御する役割を果たしたそうです。
7つの水門から溢れ出る水しぶきが虹のように
輝いて見えることから「華虹門」と名づけられました。
IMG_2938.jpg

反対側から見たところです。
IMG_2949.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

水原華城スウォンファソン@(ソウル旅行)

二日目の観光はソウルから
水原という美しい城郭が残っているところの
観光となっています。

マイクロバスで高速道路を南下します。
結構広い高速道路です。
IMG_2872.jpg

途中に料金所がありました。
IMG_2876.jpg

ソウルから40分くらいで水原華城に到着しました。
丸い建物はチケット売り場です。
IMG_2880.jpg

水原華城というと八達門が有名のようですが
私たちが着いたのは北東の部分で
こちらは文字が難しいですが練武台と思います。
IMG_2888.jpg

韓国の松が並んで植わっていますが
日本の松とはちょっと違ってヨーロッパの松に似ていて
葉っぱは上の方だけについています。
IMG_2891.jpg

城郭がぐるりと周囲を取り囲んでいます。
IMG_2895.jpg

IMG_2903.jpg

遠くに見えているのは「長安門」で北側の門です。
IMG_2898.jpg

場内に入るところにはこのような入り口があります。
IMG_2905.jpg

城郭は全長で5.74kmあって
東西南北に4つの大きな門があります。
こちらに都を移す計画があったそうですが
王様が亡くなったので遷都は中止になったそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

喜粥喜粥で干しダラスープの朝食(ソウル旅行)

ソウル旅行二日目の朝食は
干しダラスープの朝食を戴くことになっていて
ホテルを8:00に出発しました。

初日は私たちだけの貸し切りのツアーでしたが
二日目となると何組か一緒の行動となりました。
マイクロバスに乗り込んで朝食に向かいました。
IMG_2846.jpg

マイクロバスを降りて少し歩いて
朝食のお店に向かいます。
なぜか写真はピンボケとなっています。
IMG_2849.jpg

お店の建物はちゃんと写っていました。
IMG_2869.jpg

お店は4階にあるようです。
エレベーターで上に向かいました。
IMG_2868.jpg

店内の写真もピンボケです。
観光客向けのお店の感じを受けました。
IMG_2854.jpg

韓国ですのでやはりキムチがついています。
他には海苔も付いていました。
IMG_2857.jpg

干しダラスープの朝食です。
IMG_2861.jpg

干しダラスープはソウルでは人気の朝食なのでしょうが
お味の方はちょっと薄味だった気もしますが
どうだったか記憶が定かではありません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

南山に早朝登山する(ソウル旅行)

ソウル旅行の二日目ですが相棒はまだ寝ているので
一人で南山に早朝登山する事にしました。

南山はソウル市の南側にある山で
会社の先輩からは40分ほどで登れると聞いていました。
ホテルから道を東側に渡って登り口を目指しました。
日本語でも「傾斜型エレベーター」が先にあると書いています。
IMG_2719.jpg

残念ながらエレベーターは稼働時間外です。
IMG_2720.jpg

横にある階段を上ることにしました。
いきなりの長い階段で先が思いやられます。
IMG_2723.jpg

傾斜型エレベーターの上には広場があって
ここからロープウェーイが山頂まであるのですが
営業時間外ですのでやはり自力で上がることになります。
IMG_2733.jpg

ここからがさらに長い階段が続きます。
IMG_2737.jpg

IMG_2747.jpg

IMG_2752.jpg

早朝の登山は私だけかと思ったら
結構ソウル市民と思われる方が軽やかに上っておられます。
頂上の手前に展望台があったので立ち寄ることにしました。
IMG_2760.jpg

ソウル市内が一望出来て気持ちが良いです。
IMG_2765.jpg

展望台からさらに階段を上がります。
IMG_2772.jpg

南山ソウルタワーに到着しました。
IMG_2789.jpg

ホテルを出てから正確な時間は分かりませんが
40〜45分ほどで山頂に到着したみたいです。
長い階段でフラフラになりながらの登頂となりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

ソウル路7017(ソウル旅行)

ソウル駅を東西に貫いていた車道が
2017年に歩行者専用道にリニューアルされて
話題の観光スポットになっています。

ロッテマートに行く前に見つけたビルは
今度は傘を差した人々の図柄となっていました。
IMG_2695.jpg

ソウル路7017に階段であがると
夜は照明が施されているみたいでとってもきれいです。
IMG_2697.jpg

歩道橋の上から下の道路をみると
中心街だけあってとっても広い道路です。
IMG_2698.jpg

旧ソウル駅側はこんな感じです。
IMG_2704.jpg

歩道橋の上にはピアノが置いてあり
演奏している人がおられました。
IMG_2699.jpg

ピアノは一カ所だけかと思いましたが
歩いていくとまたピアノがありました。
屋根があるわけではないので痛まないのかと心配します。
IMG_2707.jpg

上からの投影で綺麗な文様を映している箇所もあります。
IMG_2709.jpg

ソウル路7017も終わりに近づき
だんだんと地道に向かって降りてきました。
IMG_2711.jpg

恋人同士でこの道を歩くとロマンチックと思いますが
残念ながら男同士のソウル旅行ですから
そんな気持ちには全くなれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする