2020年04月30日

東レがICタグの価格を5分の1に

日経新聞で気になった記事を紹介します。

コンビニとかスーパーのレジでは
昔は担当者が価格を手入力していましたが
最近はバーコードを読み込ませる方式です。

しかし、バーコードを読むのに時間がかかるので
昨今の人手不足で問題となってきており
この方式も見直しの時期となってきています。

次はICタグを使用する方式で
これを各商品に張り付けておけば
一つ一つの商品をバーコードの様に
スキャンする必要はなくなります。

最近のユニクロでは購入した商品を
セットすると全部の商品を一括で読み取り
購入金額が分かる仕組みとなっています。

今まではたくさんの担当者がレジに必要でしたが
この方式であるとわからない人を助けるために
一人ぐらいを配置しておけば済む感じで
人手不足とか人件費の削減につながっています。

ICタグはその意味ではとってもありがたいのですが
欠点があってそれは価格が10〜20円前後と高いことで
この事があってなかなか普及するのが遅れています。

東レはその問題を解決するために
従来より5分の1の2円以下のコストで
生産できる技術を開発したとのことです。

新しい技術は炭素原子が筒状につながった
高強度のカーボンナノチューブを原料としており
一定の条件下で導電性を示すものだそうです。

東レはこの商品を2022年に発売開始する予定の様で
これが世の中に出ると小売業界のレジは
今までと違って大きく変化する事になりそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

御座候のショップを訪問

「御座候」と聞いてなに?と思われる方が多いでしょうが
世の中的には、「今川焼」「回転焼き」と言うようですが
姫路周辺では「御座候」と呼んでいるお菓子です。

形は丸くて中にあずきの餡が入ってるのですが
白あんと赤あんがあってお店で「御座候」を焼いているのを
見ながら必要な数を購入するのが一般的と思います。

御座候は姫路ではお菓子の名前なのですが
実は会社名であることが分かりました。
正式名称は「株式会社 御座候」と言って
全国に75店舗のお店を展開しています。

姫路が本社でここに工場と「あずきミュージアム」があります。
場所はJR姫路駅から東へ少し行ったところにあります。
IMG_3807.jpg

駐車場に車を停めて道を渡ると
工場とかあずきミュージアム、ショップがあります。
敷地内に入ると看板が出てきました。
IMG_3811.jpg

敷地内には沢山の樹木とか
足下には熊笹があってお庭みたいになっています。
この時期はもみじに種があるころでした。
IMG_3815.jpg

ここには小川も流れていて
日本のお庭らしい風情が感じられます。
IMG_3816.jpg

ショップ内で御座候を作っていて
家内と私用に2つ購入しました。
IMG_3818.jpg

ショップ内で御座候をいただいた後は
お庭に出てみたのですが
樹木の根元部分は丸くデッキをカットしてあります。
IMG_3824.jpg

トンネルも設置してあります。
IMG_3828.jpg

姫路に御座候の工場とかショップ
それにミュージアムがあるとは
今回初めて知ってちょっと驚いているところです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

台湾の中国離れが加速

日経新聞で気になった記事を紹介します。

今年の1月に台湾旅行に出掛けたのですが
今の様にコロナで旅行が出来ないほどでもなかったのですが
時期的には、ちょうど台湾の総統選挙の直前でした。

台北でも特別な感じはしなくて、
街は落ち着いている感じを受けたので
いつも通り(と言ってもいつもを知りませんが)の雰囲気でした。

結局選挙では現職の蔡英文氏が当選となりましたが
それは、最近の香港でのデモとかを見ていると
香港としては「一国二制度」の約束だったはずが
中国政府はそれを守らないで力で香港を統治しようとしているので
香港では習近平国家主席への不信感が出ているのが影響したと思われます。

さらに2019年の1月に行われた台湾政策に関する
習近平国家主席の演説で、社会主義と民主主義が
一つの国家に併存する「一国二制度」での
統一を呼びかけていますので、
もし、台湾が中国の一部に組み込まれるとすると
大変なことになると思い、対中強硬路線をとる
蔡英文氏が勝つことになり、これは当然の結果でしょう。

「一国二制度」とは中国を改革開放に導いたケ小平氏が
香港が返還されるときに将来の台湾との統一をにらんで
香港で実験したという経緯があるようです。

また、米国は自国の国力を高めるためか
F16戦闘機を台湾に売却するなどを行い、
これまでの対台湾の政策でタブーだったものを
次々と破ってきています。

これによってますます台湾と中国の距離が遠のいた感じです。
国の単位で物事を考える時代が続いていますが
国境がなくなるような時代は来ないものでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

仁川空港から関空へ(ソウル旅行)

短かった韓国旅行も帰国の時となりました。

搭乗ゲートで出発を待っています。
IMG_3762.jpg

階段を下りて飛行機に向かいます。
IMG_3765.jpg

帰りも大韓航空です。
IMG_3767.jpg

飛行機は無事飛び立つことが出来ました。
IMG_3774.jpg

飛び立って40分ぐらいで軽食が出ました。
内容はおにぎりとフルーツ、それにお水です。
お水のパッケージがついているのは珍しいです。
IMG_3780.jpg

飛行中の写真です。
空の色と雲がとっても幻想的に見えています。
IMG_3785.jpg

飛行機は徳島と淡路島の海峡の上を通過しました。
橋が見えていますがその下には渦が巻いていると思われます。
IMG_3791.jpg

無事に飛行機は関空に到着しました。
IMG_3802.jpg

今回の韓国旅行はソウルと水原の二か所の訪問となりました。
現時点では海外旅行はコロナの影響で不可能に近いですし
日本と韓国の関係も最近はかなり悪化の状態ですので
韓国では釜山が有名のようですが何時になるかは未定です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

トヨタではコスト低減の改革が進む

日経新聞で気になった記事を紹介します。

最近の自動車業界を取り巻く状況は自動運転とか
EV化への取り組みなど大きく変化していて
それへの取り組みに大きなコスト負担を強いられています。

トヨタ自動車では東京オリンピックにおいて
自動運転のEVを巡回バスとして
24時間体制で走らせる計画となっています。

また高級車のレクサスでは
高速道路で自動の車線変更とか
追い越しが出来るモデルを発売予定となっています。

こうなるとそれらの車に使う部品代がかさんできたり
開発に掛かる人件費などのコストが増加するので
お得意の原価低減を進めないといけない状態になっています。

部品代でみると、ガソリン車のエンジンは50万円ほどですが
EVとなると車載の電池のコストがかさみ
さらに基幹部品のインバーターとかモーターを
合わせたユニット全体のコストは130万円になり
ガソリン車より80万円ほどコストアップになります。

トヨタは2025年に電動車を550万円にする計画で
EVは50万台にする考えなので4000億円ほどの
コスト増になる計画となります。

今年の3月の連結純利益は前期比14%増を見込んでいますが
トヨタと言えどもCASEそれぞれを収益につなげる道筋は
いまだに見えない状態となっています。

実際にソフトウエアの技術者などの採用が増えたことで
過去5年間で固定費は1兆円以上増えたそうで
原価低減ををこれまで以上に進める必要性が出てきています。

そこで中国の現地メーカーに負けないように
部品コストを大幅に引き下げようと過剰品質を見直すとか、
仲間づくりとかグループの再編など
これまでに前例のない取り組みを進めている状況の様です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

仁川空港で昼食を(ソウル旅行)

送迎の車が仁川空港に到着しました。

仁川空港はアジアでは有数のハブ空港で
とっても大きいことで知られています。
ビルの中に入ると広い空間が広がっています。
IMG_3724.jpg

チェックインもセルフの端末が置かれています。
ここでスーツケースを預けます。
私はスーツケースはなしでリュックサックのみです。
IMG_3728.jpg

手荷物検査と出国審査を終えたので
昼食を空港内で戴くことにしました。
韓国なので冷麺ですがとっても歯ごたえがあります。
IMG_3741.jpg

空港内にはモニュメントがあって
目を引くデザインとなっています。
IMG_3747.jpg

こちらは球体のモニュメントとなっています。
IMG_3750.jpg

機械が台並んでいます。
簡単注文機の表示があります。
レストランの食券を買う機械でしょうか。
IMG_3754.jpg

日本の空港にもありますが
仁川空港にもスターバックスがあります。
IMG_3759.jpg

なぜこんなに人気があるのか
値段もマクドナルドより高いのですが
おしゃれな感じに皆さん惹かれるのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

自動車の完全自動運転の計画は遅れ気味

日経新聞で気になった記事を紹介します。

自動運転の開発が米国主導で始まり
最近では中国が追い上げる構図となっています。
日本勢ではソニーが取り組むなど新しい動きも出てきています。

新聞記事ではトヨタの開発部隊の幹部である
プラット氏が記者の取材を受けて
業界全体としてみると完全自動運転の計画は
遅れ気味と指摘しています。

完全自動運転は2020年の初めにも
業界で実用化の動きが出始めるとされていましたが
GM傘下のGMクルーズは無人タクシーの
開始時期を遅らせると表明しており遅れが出ています。

プラット氏は人工知能が自動運転のために行う要素として
「認識」「予測」「判断」の3つがあるが、
「認識」「判断」はAIの得意分野であり問題ないが
「予測」については人の脳と同様の事を行うのは
それほど簡単ではないことが分かってきたと発言しています。

予測というとAIによる需要予測が可能と
別の記事で読んだ気がしますが
予測が難しいとなると需要を予測して生産計画を立てる事も
中々ハードルが高そうに思います。

今年はホンダが条件付きで運転を自動化する
「レベル3」相当の新型車を投入予定ですが
こちらは予定通り出てくるのでしょうか。

「レベル3」の車の実現には
完全自動運転の「レベル4」相当の技術が
必要となるようで中々大変そうです。

トヨタは完全自動運転の導入時期を明言しておらず
現時点では当初計画通りの進捗としています。
でも、業界としては遅れ気味となっている様で
完全自動運転はいつかは実現できるにしても
その時期は予定より遅れるみたいです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

ホテルを出発して仁川空港へ(ソウル旅行)

東大門周辺を散策した後は
南山のふもとにあるホテルに戻ってきました。

ホテルは11:40に出発する事になっています。
ロビーで待っているとガイドさんが迎えに来てくれました。
移動は黒色のKIAの車です。
IMG_3680.jpg

車はソウル駅周辺を走って到着時にも通った
赤い橋に近づいてきました。
IMG_3694.jpg

橋を渡ると高層ビル群が見えてきました。
これらはマンションの集団の様です。
IMG_3701.jpg

高速道路の料金所を通過中です。
このゲートは人によって料金を徴収していました。
IMG_3703.jpg

二つ目の大きな橋が見えてきました。
先程の橋とは違う構造となっています。
IMG_3706.jpg

車はいよいよ空港に近づいてきました。
頭上に看板が見えています。
IMG_3708.jpg

仁川空港の建物に到着です。
IMG_3716.jpg

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

尿とか血液でがん発見の実用化が進む

日経新聞で気になった記事を紹介します。

これまでのがん検査は体調に異変が生じてからというケースが多く、
がんに罹患しているかどうかを調べる場合は
保険がきかず10万円を超える事例もあるそうです。

そんながん検査に良いニュースがあるようで
最近では尿を調べることでがん検査が出来るという
やり方が出てきている様で注目されています。

その一つは九大発のスタートアップで
医療サービスを手掛けるHIROTSUバイオサービスで
こちらのやり方では尿を使用した検査で
胃や大腸など15種類のがんに罹患しているかの判定が出来ます。

そのやり方は驚くべき方法となっていて
体長1mmの線虫を使って調べる方法で
尿に含まれるがんの匂いに集まる性質を応用しています。

がんの検出が正しく出来る精度ですが85%で
一般の方が検査時に払う費用は1万円となるらしく
現状に比べると割とお安くなるみたいです。

尿を使う検査としては他に名古屋大学発の
スタートアップのイカリアは
肺がんなどの種類を特定するサービスを始めます。

こちらの検査は体液に含まれる
遺伝子の発現を調節する物質である
「RNA(リボ核酸)」を人工知能などを使って
がんの種類を特定する方法です。

判定精度は90%を超えるそうで
年内には使用可能となる予定で
費用は数年以内に3万円以下をめざしています。

尿以外には血液を使用する検査もあって
元々は欧米が先行していましたが
最近は日本勢が一気に追い付いているそうです。

体液検査の市場は2030年には
6500億円の規模になると予想されており
今後の製品開発に期待がかかります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

CAFE de FESSONIAで一服(ソウル旅行)

東大門デザインプラザにはカフェがありましたので
朝食後の一服をここですることにしました。

こちらが入り口となっています。
I Love SEOULの文字があります。
IMG_3645.jpg

店内に入ると厨房部分はグルリと壁に囲まれています。
IMG_3649.jpg

IMG_3650.jpg

カフェなので飲みもの以外に
クロワッサンなどのパンも置いてあります。
IMG_3656.jpg

豆も数種類から選べる感じです。
IMG_3655.jpg

ラテを注文しました。
かわいいハート状の模様を描いてくれました。
IMG_3651.jpg

カフェで一服していると
窓の外に黄色いバスが見えました。
IMG_3653.jpg

東京のはとバスみたいなものでしょうか。
2階席はオープントップで風を受けながら
ソウルの街を観光できるみたいです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

70歳を超えても働く意思を半数が持っている

日経新聞で気になった記事を紹介します。

人生100年時代を反映してか
70歳以上まで働くつもりと考えている人が
日経新聞がおこなった世論調査で60歳代では
54%にのぼることが分かったようです。

ただし、全体の結果では75歳以上までと答えた人は16%、
70〜74歳までと答えた人は21%と
合計では37%ととなっています。

70歳以上まで働くつもりと答えた人を
世代別に回答を分析すると
70歳代では45%、60歳代では54%
30〜50歳代では3割前後、18〜29歳では18%と
若い層ほど低くなっていることが分かったそうです。

また、職業別でみると、正規の職員・従業員は28%で
自営業の方は72%と高くなっています。
年収別では300万円未満が42%と高くなっています。

なぜ働くのかというと、やはり老後のお金が心配となるようです。
年齢が高い世代の方が定年後のお金の心配をする年齢なので
これからの年金額と支出を考えると働く必要性を感じるのでしょう。

それに対して若い世代はまだまだこれから働くので
仕事を辞めるという時期が来て収入が無くなる事を想定できないので
早く仕事を辞めてゆっくりしたいと考えているのかもしれません。

働く側が少しでも長く働きたい、もしくは働かざるを得ない
と考えていることが分かりましたが
働く環境はその思いに追い付いていません。

現行の法律では65歳までは再雇用する義務がありますが
それ以上となると70歳まで就業機会を与えるように
企業に努力義務を課そうとしていますが義務ではありません。

そうなると65歳を超えると、これまで働いていた企業ではなく
全く違う企業で全く違う仕事に就く必要がありますが
中々仕事の内容は厳しいのではないでしょうか。

定年までにその後の仕事を準備しておく必要性を
邱先生は指摘されていて、定年と同時に
新しい仕事に移るべきだと書かれていましたが
それが出来る人はほんの一握りではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

東大門デザインプラザ(ソウル旅行)

東大門周辺を散策していたのですが
外観が曲線で覆われている建物が目に入りました。

調べてみるとDDP(東大門デザインプラザ)となっています。
この建物は、アートホール、博物館、デザインラボの
3つから構成されているようです。
IMG_3630.jpg

道路を渡って建物に近づくと「デザインラボ」と
日本語での表示もあります。
IMG_3636.jpg

建物周辺をぐるりと回ってみることにしたのですが
デザインに関係した建物だけあって
ベンチもとっても個性的な出来栄えです。
IMG_3641.jpg

建物の周囲には緑もありそのそばには
パラソルとテーブル席もあって
ここでくつろぐことが出来るようになっています。
IMG_3643.jpg

建物のそばにも同様のテーブル席があります。
IMG_3664.jpg

こちらはモニュメントです。
何を表しているかは不明ですがきれいな仕上がりです。
IMG_3644.jpg

自動車のミニの展示がありました。
HELLO Seoulの表示があります。
これもデザインを意識した展示でしょうか。
IMG_3661.jpg

曲線で出来た建物ですのでお金もかかっているのでしょうが
とってもおしゃれな感じでした。
ソウルの新しい文化がここから発信されそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

中国の病院とか裁判所で音声認識ソフトの活用が広がる

日経新聞で気になった記事を紹介します。

音声認識というと最近ではスマートフォンで
Siriを立ち上げて音声入力を行うことができますが
この様に音声から文字に変換する技術が実現しています。

中国では裁判所の民事訴訟などで、
裁判官とか弁護士などが話し始めると、
その中国語の会話が文字に変換されて
壁のモニターに映し出されます。

これは科大訊飛(アイフライテック)という企業が
開発したシステムで全国の裁判所400箇所以上に
納入実績があり、市場規模はここ5年で7倍となっています。

このシステムはAI音声認識を使用していて
人手を掛けずに記録が取れる上に
広い中国の多様な方言を話す人の発言も文字にすることが出来ます。

さらには蓄積したビッグデーターを分析して
「証言に食い違いがある」などと助言する仕組みも
開発してシステムに組み込んでいます。

ただし、100%完璧に文字に変換できるわけではなく
日本などでは導入できないレベルですが
中国ではまず試して精度を高めるというスタンスで取り組んでいます。

また、病院では受付で症状をスマホに吹き込むと
文字情報となって診察室の医師に届くようになっており
医師の診断の口頭説明もデーターとなり
それをAIが診察結果を検証するようです。
この仕組みは中国で200弱の病院が採用しているそうです。

世界の音声認識市場は2019年に約1兆9千億円強と
2014年に対して3.6倍に伸びたそうです。
中国のアイフライテックは5年間で売り上げが6.3倍になりました。

音声認識市場は米国のニュアンス、グーグル、
アップル、マイクロソフトの4社が
合計で8割のシェアを占めていますが
中国のアイフライテックは4.5%のシェアながら
中国政府が国家プロジェクトとして後押ししていて
補助金を受けている様で技術でも米国企業に迫っているそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

東大門市場周辺を散策(ソウル旅行)

韓国料理の朝食をいただいたあとは
周辺を散策する事にしました。

こちらは保冷の容器に何やら入れて
移動販売するものの様ですが商品は分かりません。
日本で言うところのヤクルトみたいなものでしょうか。
IMG_3605.jpg

リヤカーの上に果物を並べて販売しています。
なんだか東南アジアの屋台みたいです。
IMG_3606.jpg

こちらの屋台も何だか分かりませんが
大きなパラソルの下で販売しています。
IMG_3612.jpg

カフェの前に人だかりがあります。
若い男女のグループです。
トースト&コーヒーと書いてありますので
ここで朝食を戴きながら談笑予定でしょうか。
IMG_3622.jpg

街を歩いているとバイクを見かけました。
こちらは横につっかえ棒があるもので
荷物の運搬用のバイクと思われます。
IMG_3618.jpg

日本のピザ屋さんのバイクみたいの物もあります。
ちょっとしたフードがあって雨の日でも
商品を配達できる感じです。
IMG_3626.jpg

こちらは3輪車みたいです。
後ろの荷台に結構な量を乗せることが出来そうです。
日本の軽トラの代わりでしょうか。
IMG_3678.jpg

韓国のオートバイメーカーについては
何があるかわ分かりませんが
街で見かけて物は日本製ではなさそうです。

東南アジアでは日本製をよく見かけますが
韓国ではその常識は当てはまらないようです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

ビルの省エネ化が足踏み

日経新聞で気になった記事を紹介します。

国が推進している省エネビル
「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の
2019年度の登録数が半減しています。

ZEBとは断熱性の高い建材とか高効率の空調・照明を使って
消費電力を抑える一方太陽光発電などで電気を作って
一つのビルの中でエネルギーを自給自足できるビルを言います。

国は2030年には新築ビル全体のエネルギーの
実質消費量を平均で50%以上削減させる目標を持っていますが
その為にはZEB普及を加速させる必要があります。

ZEBの普及のための技術はすでにあって
開発済みの断熱性能の高い建材とか省エネ設備、
発電機などを使えばZEBを建てること自体は
そんなには難しくないそうです。

これまでにZEBとして登録されたビルは
355件あるのですがそのうちの100件はコンビニらしく
新しいものに取り組む姿勢が立派と思いますし
それが出来る体力をまだ持っているという事なのでしょう。

しかしオフィスビルについてはZEBへの取り組みが遅れていて
比率としては1%に満たないそうで、その障壁となっているのが
建築費で一般的なビルより12%は高くなるためです。

やはり企業のコスト意識は高く建築費を
賃料に転嫁しにくいという経済的な理由があるので
高くても入居するのは日本企業ではなく外資となるみたいで
需要がそんなには多くないのでしょう。

そうなると建築費用をいかに抑えるかが
ZEB導入件数を増加させることが出来るかのポイントとなりますが
技術開発が進んできているみたいです。

建築費の増加分を光熱費の削減で補おうとする取り組みがあり
大成建設とカネカが窓と太陽電池を一体化したもので
外からの光を通しつつ発電する製品を開発しているそうですので
今後の技術開発に期待が高まるところの様です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

the JinCook (더진국) 東大門店で朝食を(ソウル旅行)

東大門周辺を散策したのですが
結局朝食を食べるお店を決めることが出来ず
道を東に渡ってうろついていると
韓国料理のお店に出くわしました。

店内に入ってテーブルにつきました。
IMG_3600.jpg

もちろん韓国語が分かる訳もなく
どうしようかと思ったのですが
幸いにも日本語のメニューがありました。
IMG_3593.jpg

私が注文したのはこちらの定食です。
IMG_3594.jpg

ニラと韓国では定番のキムチがついています。
IMG_3595.jpg

IMG_3596.jpg

IMG_3597.jpg

相棒はこちらを頼みました。
IMG_3599.jpg

熱々のお料理だったので
暑い時期でしたがさらに体が熱くなりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

5Gの普及で半導体業界が復調か

日経新聞で気になった記事を紹介します。

通信業界での今後の話題というと「5G」があります。
現在の携帯電話の通信は「4G」ですが
5Gという次世代の通信網では最大の通信速度が
毎秒20ギガビットで4Gの100倍の速度となります。

そうなると、その通信速度を支えるには
半導体の能力も高性能であることが要求されるのですが
中国製のCPU(中央演算装置)やメモリ、センサーの
性能を見ると米アップルのiPhoneの高性能機種と
比べても遜色ない半導体を搭載しています。

アップルも2020年には5G対応の
iPhoneを発売する予定で
これによってスマホの高性能化が一気に進みます。

韓国では世界に先駆けて5G網の整備が行われたのですが
動画の視聴とか写真の投稿とかの用途では
「4Gで十分」との声は多いようで
高いお金を出してまで本当に5Gが必要なのかとなっています。

これからの時代は5G、IoT、AIから目が離せないでしょうが
5Gの性能を発揮させるための使用用途の開発が
これから求められるものと思います。

日本でも2020年から5Gの商用サービスが始まるので
それに伴い半導体の需要の押上効果が期待され
データーセンター向けの半導体メモリーが中心だった
2017年ごろの好況期を上回るのではとの見方があります。

株式市場もサムスン、TSMC,インテル、ソニーなど
各分野のトップメーカーの株価は軒並み上昇し
20年前のITバブル期以来の高値もつけています。

ただ、5Gはやはり4Gより高価であるので
それに見合う5Gならではのサービスが出てこないと
半導体の供給が過多となり株価が下がるリスクもありそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

東大門付近を散策(ソウル旅行)

地下鉄で東大門に到着して地上に上がって来たのですが
付近の東大門市場を散策する事にしました。

駅から西の方角に歩いてゆくとそのあたりは
「東大門総合市場」となっています。
屋台の集まったような場所がありました。
IMG_3570.jpg

飲食店らしきお店もあります。
ハングル語ですので何か分かりませんが
よく見ると「天ぷら」の文字があります。
IMG_3571.jpg

南に少し移動すると「清渓川」にでました。
昨日バスの窓から見た川です。
川べりに散策できる歩道があるのが分かります。
IMG_3575.jpg

こちらは「ミョンドンダツハンマリ」と書いています。
ガイドブックと少し表現が違いますが
サムゲタンのお店の様です。
IMG_3579.jpg

コーヒーショプもあります。
IMG_3581.jpg

朝食をどこかで戴こうと思っていたのですが
結局どこにも入らずに東大門の場所に戻ってきました。
IMG_3585.jpg

広い道路を渡って東大門のそばに移動して
周りをぐるりと見て回りました。
IMG_3591.jpg

結構高い石垣に囲まれていることが分かります。
こちらの門は南大門と違って焼けてはいなくて
14世紀末に建てられて2度の修理をして現在に至っているとのことです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

住宅専用地に病院とか店舗を可能に

日経新聞で気になった記事を紹介します。

日本の都市計画は区域ごとに
建築できる建物の種類とか用途の制限を定めており
それ以外の物は建てられないようになっています。

その為に調整地域と呼ばれる区域では
新たに建物を建てたりすることは困難で
過疎化の原因ともなっています。

その理由としては行政側の都合となりますが
どこにでも住宅とかを建てられると
そこにインフラを提供する必要があり
財政面よりなんでもOKとはならないようです。

また、住宅専用地としている地域には
病院とか店舗は作れないことになっています。
それは閑静な住宅街にこれらの施設が出来ると
生活環境がかわるので認めていないとのことです。

しかし高齢者が増えて、歩いてゆけるところに
これらの施設が欲しいとのニーズが出てきたので
今までの規制を緩めることになったようです。

住宅街と商業施設に病院を集めることで
行政側のコストを抑制しつつ
高齢者が住みやすい「コンパクトシティー」をつくり
人口を誘致できるようにとの思いもあるようです。

今回の法改正案を提出するのは
都市部で住宅を集める居住地誘導地区内の
「第一種低層住居専用地域」等呼ばれる場所です。

具体的な施設の誘致については
自治体が判断する事になるとのことですが
子育て中の親とか高齢者が住みやすい
街づくりが実現できれば良いのですが。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

地下鉄で東大門へ(ソウル旅行)

この日は自由行動となっていたので
朝食を食べに行く必要もあり
地下鉄で東大門へ向かう事にしました。

ホテルから一番近い駅は「会賢」駅で
地下鉄に乗るにはT−moneyカードを使います。

このカードはコンビニなどでチャージするそうなのですが
知り合いの方がチャージ済みのカードを貸して下さったので
今回の旅行はそれを使うことになりました。
IMG_3547.jpg

入口のところでカードをタッチすると料金が表示されます。
1250ウォンの様です。
エスカレーターで乗り場に向かいます。
IMG_3549.jpg

地下の乗り場にはポカリの自動販売機があります。
同じホームの左右に上りと下りの電車が着く構造です。
IMG_3552.jpg

ホームと電車の間には自動扉が設置してあり
誤ってホームに転落しないようになっています。
この辺りは日本より進んでいる感じです。
IMG_3553.jpg

地下鉄で4駅ほどで「東大門」駅に到着しました。
IMG_3558.jpg

出口の改札でもT−moneyカードをタッチします。
近距離でしたので追加料金は発生していません。
IMG_3559.jpg

地上に出てきたのですが東大門は
道を挟んで向こう側にあるようでs。
IMG_3560.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする