2009年06月13日

広島焼きに挑戦

今日は広島焼き作りに挑戦しました。

作り方は先日広島に行ったときに見ていたので
そのやり方をまねして作る事にしました。

そばは焼きそばを人数分買ってきて湯がきました。
しかし、お店で食べたのと焼きそば用のそばとは
違うのか、湯がいた後フライパンで炒めているうちに
団子状になってしまいました。

お好みの生地を鉄板焼きのプレートの上に少し垂らして
お玉の背で丸く広げようとしましたがお店で見た様には
うまく行きません。
仕方がないので少しずつ垂らして丸くしましたが
厚みが出来てしまいました。

その上に刻んだキャベツ、もやし、天かす、豚肉を載せて
お好みの生地を垂らしました。
そしてひっくり返しましたのですが、コテが小さいせいか
かなり飛び散りました。

一方、フライパンでは油を少しひいて卵を一つ割って
薄く延ばそうとしましたがバラバラになってしました。
その上に湯がいたそばを載せて炒めました。
そばがバラバラになったところで鉄板のお好み焼き部分を
載せました。

お好み焼きのソースを上からかけてひっくり返し
またソースをかけました。
見た目は広島焼きとはかなり違いますが、何とか食べる事が
出来る物に仕上げる事が出来ました。

子供には想像とかなり違うと言われました。
やはりプロがするようには行きません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。