2009年06月17日

資本的支出が低いこと 「バフェットの財務諸表を読む力」

★★★ 永続的競争優位性の有無を見極める指標 ★★★

      年間の資本支出が一貫して
      純利益の50%以下を長年維持している
      (25%以下ならなお良い)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

”資本的支出”とは1年超にわたって保有される資産
(土地や生産設備を取得するさいに支出される現金
 もしくは現金同等物を指す)

”資本的支出”はキャシュフロー計算書の
”投資活動によるキャシュフロー”に計上される。

多くの企業は事業の継続のためだけに
巨額の資本的支出を余儀なくされる。

巨額の資本的支出が何年も続けば当然ながら
収益に大きな影響が出てもおかしくない。

<資本的支出と純利益の関係性の見方>

  10年分の資本的支出の総額
 ------------------------------
  10年分の純利益の総額


永続的競争優位性を持つ企業は、
そうでない企業に比べて
事業継続のための資本的支出が少なくてすむ。

投資の成否はひとえに、
その企業が永続的競争優位性を持っているかどうかに
かかっている。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。