2009年06月23日

売り時 「バフェットの財務諸表を読む力」

”スーパースター企業”の株は長期保有した方が
大きな利益をもたらすので、売却して
税金を払う事はないが、売り時も来る。

売却した方が保有するより有利な場合

(1)もっと優良な企業をもっと有利な価格で買う
  チャンスが訪れ、資金調達のために現有の
  優良企業の株を売る場合。

(2)現有の優良企業が永続的競争優位性を失いそうな時
  例)インターネットの登場で新聞社とかテレビ局が
    突如として永続的競争優位性が疑わしく成ってきた。

(3)株式バブルが発生した時
  常軌を逸した上げ相場では、優良企業の株価が
  天井を突き破ってしまい、株価収益率(PER)が
  40倍以上になったら売却を検討する時期となる。

  株価が限界を超えて上昇した後は
  株価が大きく下がるので、一旦高値で換金して
  しばらくは投資を休んで、次の弱気相場の投資の
  到来に備えるのが良い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これで「バフェットの財務諸表を読む力」の勉強を終わります。


史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

  • 作者: メアリー・バフェット
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 単行本




posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。