2009年11月04日

時代を駆けぬけたオートバイ

広島の交通博物館を訪ねました。
ここでは「時代を駆けぬけたオートバイ」と題して
11月23日までの期間、企画展を開催しております。

その中で目に付いたのはホンダのカブで白いタンクと
赤いエンジンカバーがきれいです。
IMG_3457.jpg
(HONDA CUB F /1952年製)

世界GP10戦全勝のチャンピオンマシーンで
ルイジ・タベリのマシーンです。
先のカブから10年で世界制覇まで持っていった
事になりますが、本田さんの技術がいかに
素晴らしく、また急激に技術を発展させたかが
想像されます。
本田さんは熱中すると何日も徹夜で食事もとらずに
開発を行ったと伝えられています。
IMG_3447.jpg
(HONDA RC145 /1962年製)

日本人としてトライアルで最初の世界チャンピオン
となった、藤波選手のマシンです。
ものすごくスマートな出来上がりで
ガソリンタンクもフレームの中にあるようで
一見どこに有るのか分からない感じです。
それと、前後ともディスクブレーキを装備しております。
HRCの表示があり設計はホンダレーシングの様です。
IMG_3462.jpg
(MONTESA COTA 4RT /2005年製)
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。