2010年01月09日

ソッパ・デ・アホ

新聞に出ていた料理「ソッパ・デ・アホ」を作ってみました。
指導者はホテルオオクラの根岸規雄さんです。

本当の料理を食べた事がないので、ちゃんと出来たかどうか
分かりません。新聞の記事を参考に作りましたが
何とか食べる事が出来る料理に仕上げる事が出来ました。

記事に書かれているニンニクの量は多いので、
匂いが気になるで少し少なめにしました、
それとオリーブオイルも少な目としました。

たまには変わった料理にチャレンジしてみるのも
目先が変わって面白いのではないでしょうか。
IMG_3755.jpg
パプリカの量が少なかったのか、ちょっと赤い色が足りません。

この料理はスペイン庶民の料理で、ニンニクと
パプリカの赤が印象的で、風邪の引きかけとか
寒い日にはおすすめとの事です。

「材料」(4人前)
 ニンニク: 4,5片
 ハム: 4枚(80g)
 フランスパン:50g
 卵: 2個
 オリーブオイル:2分の1カップ
 チキンブイヨン:1リットル
 パプリカ:適宜
 パセリのみじん切り:適宜
 塩、コショウ

作り方
@ニンニクは芯を取ってみじん切りにする。
 ハムもみじん切り、フランスパンは手で一口大にちぎる。
A鍋にオリーブオイルとフランスパンを入れて弱火に掛ける
 全体がこんがり色づくまで揚げて、パンを一度取り出す。
B火をとめて鍋のオリーブオイルの温度を少し下げてから
 ニンニクを入れる。弱火でゆっくり温める。
 香りが十分に出るまで時々混ぜながら炒める。
 ハムを加えて、パプリカをふり入れて混ぜ、
 オリーブオイルが赤く色づいたら、パンを戻し入れる。
Cチキンブイヨンを加えて中火にする。
 沸騰して4,5分、パンが柔らかくなるまで煮込む、
 塩、コショウで味を調える。
D卵を割りほぐし、沸騰した鍋の中を泡立て器で混ぜながら
 注ぎいれる。卵がふんわり浮いてきたら火をとめる。
 パセリのみじん切りを散らす。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。