2010年05月17日

軽トラの部品故障

昨年より軽トラの室内にあるヒーター部分より
液漏れが発生しており茶色い水が漏れていました。

エンジンをかけるとシューと言う音がする場合も
ありましたし、フロントガラスが水蒸気で曇る
と言う事も発生しておりました。

部品を取り出してボンドで穴を塞げないか
やってみましたがうまく直りませんでした。
IMG_4580.jpg

それの対応としては2リットルのペットボトルに
水を入れておき、たまに水を補助タンクに
継ぎ足す事を行っておりました。

と言うのも、軽トラはそんなに乗るものでは
ありませんし長距離を走るものでもありません。
オーバーヒートしなければ良いのです。

だましだまし使っていたのですが、
車検が近づいてきたので直す必要性が出てきました。

ディーラーに出向いて修理にどれ位掛かるか
確認すると5〜6万円と言われました。
ディーラーとしては問題となりそうな箇所は
すべて直しておかないといけないと考えるので
どおしても高くなるようです。

つぎに車の販売店にいって聞いてみると
最小限に抑えても2〜3万円掛かると言われました。
漏れている所を溶接で対応できないか聞いてみましたが
難しいとの事で、新車の購入を勧められましたが
高くて手が出ません。

となると自分で修理しか道は残されていません。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。