2010年05月22日

軽トラについてA

SUZUKIの軽トラは38年連続販売台数第1位とカタログに書いています。
また、前輪が前のほうにあるのと座席の下あたりにあるのと
二種類あって好きなほうを選べます。

前輪が前にあるタイプはホイールベースが長く
スピードを出して走るには安定して走りやすそうに感じます。
前輪が座席の下の分はショートホイールベースになるので
田舎の細い道を走るには小回りが利いて使いやすくなります。

DAIHATSUの軽トラは新車で買った場合一番故障が少ないと
軽トラの研究者?の方がネット上に書かれていました。
前輪は座席の下辺りにあるタイプです。

MITSUBISHIの軽トラは今乗っているのがここの軽トラですが
エンジンは座席の下にありますので、ちょっと振動とか
音の面ではうるさいと感じます。
中古で買ったのですが水周りが購入当時より痛んでいたようで
今回室内の部品から水が漏れて交換しましたし以前は
ホースを交換したりしています。
前輪は座席の下あたりにあるので小回りはきく感じです。

SUBARUの軽トラは会社でレンタルしており工場内の運搬に
使用しています。ここの軽トラは赤帽で使われており
特徴としては他のメーカーと違いエンジンが4気筒で
振動とか音の面でとても静かでスムーズに感じます。
でも生産を中止するようで、先日も赤帽の方が困ったと
言われていました。

今乗っている軽トラは修理しながら可能な限り
乗り続けたいですが、いつかは乗り換えとなります。
さて何処の軽トラが良いでしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | バイク・車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。