2012年09月05日

銘柄選択(その3)

9.ローテク企業を選ぶ
 a)ハイテク:×
  ・設備投資を続ける必要がある。
  ・株主に利益を還元する余裕がない。
  ・企業間の競争が激しい。
  ・(太陽光発電、コンピューター機器、家電・・・)

 b)ローテク:○
  ・設備投資が少なくてすむ。
  ・企業間の競争は激しいが、ブランド力を持っている企業は強い。
  ・(食品、医薬品、家具、靴、服・・・)

10.ROEの高い企業を選ぶ
 ・ROEとは純資産(資本)あたり稼ぐ純利益の割合である。
 ・ROEが高いと純資産、純利益が増えるスピードが速くなる。
 ・ROEが高い企業には2タイプある。
  @粗利の大きいビジネス(製薬、日用品・・・)
  A粗利は大きくないが回転がすごいビジネス(小売、流通・・・)

11.株主重視の経営をしている企業を選ぶ
 ・株主重視の企業:○
  配当の増配、自社株買いの実施、株主重視を宣言している。
 
 ・株主軽視の企業:×
  配当がない、儲かっても配当を増やさない、
  第三者増資実施、ストックオプションを実施している。
 
12.無駄な努力はしないこと
 いくら調査したり考えたりしても将来の株価がどうなるかを
 当てることはできないので無駄な努力はしないこと
 ・市場が今後の景気をどのように考えているか。(相場の見通し)
 ・景気がどうなるか。(資源の値段の見通し)
 ・生き残る技術は何か。(太陽光、原子力、風力・・・)
 ・中央政府がどのように考えているか。

 ※将来がどうなるかはわからないので過去の実績を参考に
  銘柄を選定しておくしか方法はない。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。