2013年01月17日

外貨預金は保険と考えて買うべし「日本大沈没」藤巻健史

藤巻さんの本の三冊目になりますが
日本大沈没について見てゆきたいと思います。

現在の日本では現金とか預金で自分の資産を
保有していることが安全と考えていますが
それはデフレの状態であり資産価値が減っていないからで
ハイパーインフレになるとこれらは
価値が下がってしまうので危険な資産となってしまいます。

ハイパーインフレになるかどうかは分かりませんが
可能性がある程度あると考えるなら
外貨建て資産の購入を藤巻さんは勧めておられます。

この考え方は一種の保険みたいなもので
外貨建ての資産を購入すると言うことは
円から外貨、外貨から円へと交換時に手数料が発生するので
何もなければ資産を減らしてしまうので
それを覚悟で実施する必要があると思います。

ここで我々が考える必要があるのは
従来どおり円だけで資産を持つのか
外貨建て資産に分散しておくのかだけを判断するだけで、
どんな商品を購入するかはそんなには問題ではないとの事です。

外貨建て資産に分散すると手数料も取られますし
為替変動の影響を受けることになります。
実際昨年は77円くらいだったレートが86円とかに
なっておりこのパターンでは儲かったことになりますが
これからどうなるかは分かりません。

大方の予想は円安になってゆくだろうとのことですが
ほんとうにそうかは神のみぞ知る世界ですが
保険をかけるという考え方をすれば外貨建てを
検討すべきなのかもしれません。


tinbotsu.jpg
日本大沈没 [単行本] / 藤巻 健史 (著); 幻冬舎 (刊)
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。