2013年02月26日

現役を続けるための食習慣「男も更年期で老化する」和田秀樹

私たちは吸い込んだ酸素によって、糖や脂肪を燃やすことでエネルギーを得ているが、
この過程で活性酸素に代表されるフリーラジカルが発生してしまうので
意識して抗酸化物質の豊富な食品を取ることが必要となります。

それでは何を食べればよいかというと、
βカロテンはニンジン、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜などの
色の濃い野菜に多く含まれる。これらとビタミンEやセレンと
あわせて摂ると細胞膜をフリーラジカルから守る働きをします。

セレンは肉類や卵に多く含まれており、
亜鉛は牡蠣や豚・鶏のレバー、小麦胚芽などに多く含まれている。
トマトにはリコピン、赤ワインにはポリフェノールなどがある。

次に脂肪で生物の体には大切な栄養素となっています。
シソ油やゴマ油にはαーリノレン酸、イワシやさんまにはDHA(ドコサヘキサエン酸)、
EPA(エイコサペンタエン酸)、コーン油、大豆油に含まれるのはオメガ6
オリーブ油にはオメガ9と言うグループが含まれています。

口に入れない方が良いものに白砂糖(精製された砂糖)があります。
白砂糖はカロリーが高い割りに、体を作ったり、
細胞を酸化からまもる物資をまったく含んでいません。
白砂糖は清涼飲料水にも大量に含まれるので注意が必要です。

男性ホルモンを活性化する食材としては
肉類(牛ロース、鶏胸肉)、卵、牛乳、アジ、サケなどがあり
これらをしっかりと戴くことが基本となります。

それと牡蠣には男性ホルモンには必須の亜鉛を豊富に含んでいます。
亜鉛はアメリカでは「セックスミネラル」の異名もあるそうです。
前立腺と精液には亜鉛が高濃度で含まれていて
精子の運動を活発にする働きもあるとの事です。

あとは、うなぎ、アボガド、ニンニクなどを
摂取すると良いと紹介されています。
これらをしっかりとって現役の期間を延ばしたいものです。

otokomo.jpg
男も更年期で老化する
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。