2013年03月03日

日本にバブルをもたらす条件「ジャパン・シフト」原田武夫

本屋をぶらついていると原田武夫さんが
新しく上梓された本を見つけました。

原田さんというとセミナーに出かけたり
本を読んだりしたことがあるのですが
私にとってはちょっと難解な言葉が多くて
なかなか理解に至らないのですが
今回こそはと思って購入しました。

本のはじめのところに、日本はまもなく
2回目のバブルを経験する、
それは1回目のバブルよりはるかに大きいと書かれています。

これを読んで本当かなと正直思いましたが
原田さんがどのような論理でそのような
結論を導き出されたか知りたくて
本を読んでゆくことにしました。

原田さんによると日本にバブルがやってく条件としては
一つ目は「少子高齢化が急激にストップした場合」
となるみたいですが、それは現実的ではありません。

もう一つの条件としては
「他に投資先がなくなった時に、日本が選ばれる」
と言うことだそうです。

それは一回目の「平成バブル」が
まさしくこのパターンで起こったそうです。

1987年から1990年当時の状況を
振り返って見ると先進国もBRICsも
投資の対象国ではなかった。

そんな状況の中で燦然と輝いていたのが
日本だったのでお金が日本に集中して
平成バブルが起こったと結論づけています。

Japan_shift.jpg
ジャパン・シフト (仕掛けられたバブルが日本を襲う) [単行本] / 原田武夫 (著); 徳間...

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。