2014年11月19日

人物の正しい評価「私の財産告白」本多静六

本多さんは上に立つ人というのは
部下の人について裏の裏まで見透かしていることが
大切であると書かれています。

「必要な時に、必要な知らぬ顔が出来れば、
 もう人使いも一人前といえる。
 ところが、これがわれわれ凡人にはなかなか難しい。

 つい何事も顔色に出てしまう。
 言葉に出てしまう。いわなくてものことをいって、
 いわゆるしも舌に及ばずで、取り返しがつかなくなる。

 世の中には、即時即決を要する問題も多いが、
 また往々にして、この知らん顔が
 一番いい解決方法なる問題も少なくない。
 人を使う立場にある人はこのことを知らなくてはならない。

 しかし、それとは反対に、知らぬ顔をしていながら、
 何から何まで万事御承知で、ときおり、
 部下のものの胆を冷やさせる手も肝要だ。
 またこれがあってこそ、
 知らぬ顔の半兵衛も生きてくるというわけである。

 だからして、人の長たらんとするには、
 多くの部下の考えが常にどう動いていているか、
 個々の仕事振りが果たしてどんなものであるか、
 怠らず心を配り、何時も正しい評価の上に立って、
 すべてを取り仕切らねばならない。」

会社の給料は人事評価によって昇給もボーナスも決まります。
それは半期ごとに決める目標管理(計画)に対し
結果が如何であったがを半期が終わる頃に
確認してその出来映えによって評価されます。

その活動の結果が売上金額とかの客観的な数字で
表される場合は評価結果について
余人が口を挟むことはないのですが
そうでない場合は上司のおぼえ次第で
如何様にでもなると言うのが会社の人事評価制度です。

制度として立派な人事制度を作っていても
最後は上司がいかに部下を正しく評価して
その努力具合と出した結果を正しく評価することが
大事となりますが、仕事を怠けている人に対して
悪い評価をつけるというのも勇気がいる
上司の仕事という気もしてきています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 思想研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。