2015年03月06日

家庭で作る広島焼き

お店には広くて分厚い鉄板がありますが
家庭にはそんなものはないので
お店とは違う方法で作ることになります。

最初に焼きそばを炒めます。
IMG_1071.jpg

次にお好み焼きの生地をつくるのですが
小麦粉にお水と塩を入れますが
削り節の粉とか小さなエビの乾物も入れて混ぜます。
IMG_1076.jpg

フライパンに油を敷いた後に
生地はなるべく薄くなるように
お玉で入れた後背中でフライパンに
円を描いて伸ばすことになります。
IMG_1077.jpg

その上にキャベツの千切り、もやし、
イカの姿揚げを細かく砕いたものを乗っけます。
この上に粉のガーリック、塩コショウをします。
IMG_1080.jpg

そして豚肉をのせるのですが
お好み焼きの生地を上から掛けます。
IMG_1082.jpg

この状態で一旦ひっくり返して
豚肉とか野菜に火を通すことになります。
出来たところでお皿などに退けておきます。

空になったフライパンに油をいれて
玉子を割り入れて円形に引き伸ばします。
その上に最初に炒めた焼きそばを載せます。
IMG_1084.jpg

この上に先ほどお皿に退けた
片割れを乗っけて炒めることになります。
IMG_1087.jpg

何度かひっくり返したのちに
ソースをかけて出来上がりですが
今回は炒めた牡蠣を乗っけました。
IMG_1090.jpg

これで家庭で作る広島焼きの完成です。
子供も特に文句も言わずに食べていたので
まあまあいける感じだったのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。