2017年02月06日

宇多田ヒカル ファントム「道」

去年のクリスマスのテレビで
小田和正さんの番組にゲスト出演された
宇多田ヒカルさんを動く人物として
はじめて拝見しました。

小田さんがゲストとして紹介した途端
会場からは悲鳴ともとれる驚きの声が上がりましたので
余程びっくりしたゲストだったのでしょう。

宇多田ヒカルさんはNHKのYOUR SONGSにも
出演されておりとっても注目されている
歌手というか音楽家であることがわかりました。

そこでCDを購入して聞いてみる事にしたのですが
小田さんが素晴らしいアルバムと評価されていた
最新作のファントムを買ってみました。

最初の曲は「道」でNHKの番組では
糸井重里さんとの会話の中で
母親の存在がいかに大きいかということと
この歌を歌ってやっと言えてすっきりしたと
感想を述べられていました。

そのことを頭に置いて曲を聴いて、歌詞を見てみると
やはり母親の存在が如何に大きくて
心の中の精神のよりどころとなっているかが
最初から最後まで書き綴ってあります。

子供にとって母親という存在は大きいものですが
宇多田さんにとっても亡き母の存在は
姿かたちはこの世から亡くなったとしても
心の中で生き続けているようです。

それは子供が生まれて自分が母親になったことも
大きな要因ではと思いますが
こんな時に母親はどうするだろうかと
つねに考える状況なのだと思います。

宇多田ヒカル.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。