2017年03月01日

中国で段ボール価格の高騰

雑誌を読んでいると
中国での段ボール価格が急騰との
文言が目にとまりました。

記事によると
中国に工場を持つ日系企業が
段ボール価格の高騰で
コスト増に頭を悩ませているとの事です。

その理由としては
供給減と需要増が同時に起きているそうです。

中国での工場への環境規制強化で
中小企業が次々と廃業に追い込まれたため
段ボールメーカーへの古紙の供給が減ったとの事です。

需要増の観点からは
ネット販売が増えてきており
商品を包装するのに段ボールを使用するためです。

そこで段ボールメーカーの株価を見て見ることにしました。
有名なのがナインドラゴン2689という会社です。
ここは2008年に株価が大暴落した事で
記憶にあるのですが株価は26香港ドル位から
1香港ドル以下に大暴落して
その後は少しの間上がっていましたが
最近は4〜7香港ドルあたりで推移していましたのですが
ここのところ急激に上がって9香港ドルとなっています。

過去の株価推移を見ると
高値が14香港ドルで安値が4香港ドル位ですので
真ん中は9香港ドルとなります。

最近の株価は9香港ドル程度なので
ここを超えて上がって行くと
次は14香港ドルを目指すのでしょうか。

上がっている株を買うのも
勇気がいるので経緯を見守りたいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。