2017年04月30日

漢方強精鍋でホルモン力を上げる

月刊誌で健康になるための
食生活の特集があったので
気になって中を確認することにしました。

その中でも特に気になったのが
男性の更年期障害に関する記事です。

それによると、やる気が出ないとか
疲れが取れないとか、無気力な割には
イライラすることが多くなったと感じたら
男の更年期障害の始まりを疑うそうです。

更年期と言っても男の場合は
個人差が大きかったり
症状に気がつかず知らないうちに
悪化していることが多いそうです。

男の性的な最盛期は24〜32歳で
40歳ごろから降下が始まり
48歳で老化が加速して58歳で
更年期を迎えるそうです。

男性ホルモンの減少の原因としては
過労とか精神的なストレスが上げられ
そのために自然の老化より早めに
ホルモンが減少することになります。

対策としては漢方では医食同源の考えがあって
食による養生が必要で、食べ物は薬と考えて
4つの食材を活用して気を補う必要があります。

いつまでたっても現役であちらもこちらも心配なく、
心身ともに充実している方は別として
強精鍋を試してみるのも面白そうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。