2017年05月11日

フォルクスワーゲンが売れている理由「スピードに生きる」本田宗一郎

本田さんはここでは
フォルクスワーゲンが売れているのは
安いからだと言われています。

「フォルクスワーゲンはデザインがいいから、
 世界にあれほどたくさん売れているんだという人が多い。
 専門のデザイナーでもそういうことをいう人がいる。

 しかしこれは少し見当はずれだと思う。
 舌をペロッと出したようなワーゲンのデザインは
 どうみてもいいとは思えない。
 あれはデザインで売っているんじゃない。
 安いから売れているのだ。

 もっと正確にいえば、
 安い割にしっかりしているから人気があるのだ。
 それに世界経済状態がよくないということで
 ずいぶん助けられている。
 もう一つは国内がいいから
 あれだけの量産ができるということである。」

フォルクスワーゲンといえば
ビートルというほど大ヒットした車があります。

日本の車も今では世界的に
その性能の良さが浸透していますが
昔は欧米の車に対して遅れていました。

日本人にとって欧米の車は憧れの的であり
ドイツのフォルクスワーゲンもその一つだったと思います。

舶来の製品に対するあこがれは
今の日本でもあって、ドイツの車では
ベンツ、アウディー、フォルクスワーゲン
ポルシェなどは高級車としての地位を築いています。

また、ビートルはその形が独特で
一度見たら忘れられないという特徴があって
人気につながった可能性もあると思います。

本田さんはフォルクスワーゲンのデザインは
いいとは思えないと言われていますが
個人的には面白いデザインと思いますので
感じ方は人それぞれなので違っていてあたり前かもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 本田宗一郎 思想研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。