2017年06月06日

「スピードに生きる」本田宗一郎

長い時間を掛けて本田さんの著書である
「スピードに生きる」を読んできました。

この本は本田さんが著書で自伝となっていますが
どこまでご本人が書かれて
どこからが口述かは知る由もありませんが
ご本人の考え方をまとめられたものだと思います。

本田さんというと子供のころから
世の中の常識というものにはとらわれずに
自由自在に自分の思う通りに
人生を送ってこられた方との印象があります。

その意味では私も世の中の常識とは
かけ離れたところもあるので
少しは似ているかとも思いますが
違うのは天才的な発想力と行動力でしょう。

またバイクとか車の技術というものに
哲学が必要であると説かれていて
このような考え方をする技術者は
本田さん以外には少なかったのではないかと思います。

本田さんは努力するのは会社の為ではなく
自分の為との考えも示されており
自分というものをいかに大切にされていたかがわかります。
そのことは他人を大切にするということにも
つながっているのだと思います。

本をめくると開発をされていた頃の写真とか
晩年の写真もあるのですが
会社の第一線の退かれた後は全国を
回られたのですが生々しい世界から離れて
自分の生活が中心となったからか
穏やかな表情になられているのが印象的です。

本田さんはオートバイとか車のスピードを追及して
ご自身の生活も時間を優先した
スピード第一の人生だったと思いますが
その分、人の何倍も充実した
人生だったのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 本田宗一郎 思想研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。