2018年06月28日

快適な住まいに

昨日の続きになりますが
快適空間についての記述がありました。

年をとることで若い時は何の問題もなかったことが
問題となってくることが多くなるようです。

家庭内での転倒事故で骨折をすると
寝たきりになることがあるので
住宅内の安全対策も必要となって来ます。

バリアフリーの住宅であることが一番ですが
それ以外にも床に物を置かない工夫が必要で
たとえば電源コードが床を這っていると
それにつまづいて転倒する危険があります。

段差がある場合はバリアフリーの住宅に改造することは
なかなか大変ですので、その場合は段差に目印をして
気をつけて段差を超えるようにする必要があります。

年をとってくると骨の密度も低くなり
ちょっとした事で骨折します。
そうなると石膏で固めてベッドに横になりますが
回復後も足腰がさらに弱ってしまい
自力での歩行が困難となるケースが多いようです。

体力が落ちてくるのは年齢を重ねると仕方ないですが
なるべくそれに逆らうには日常的に体を動かすことと
住居内の安全対策に気を付けつ必要がありそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 思想研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。