2018年08月19日

奥さんと一緒に旅行の幻想を捨てる

昨日の続きになりますが弘兼憲史さんが書かれた
「弘兼流 60歳からの手ぶら人生」で
気になったところを紹介します。

定年後も夫婦間を円満にするためには
距離を保つことが大切とご紹介しましたが
その一例として奥さんと一緒に旅行するという
幻想を捨てるべきと書かれています。

男の場合は定年を迎えた途端に奥さんと旅行にでも行くか
ゆっくり船旅で世界旅行に出来かけようとか
妄想を抱くことがあるようですが
奥さんはそんなことは望んでいないようです。

アンケートでは旦那さんが望む旅行相手は
奥さんが一番だそうですが、奥さんの方は
気の置けない友人が一番となっている様で
旦那と一緒に旅行することは望んでいないそうです。

私の場合も旅行となれば家内と一緒にとついつい考えます。
しかし、友人の話を聞いていると
旅行は自分の友人と行くケースが多く
夫婦で行くこともあるようですが
それぞれ別々に旅行することが多いとの事でした。

また会社の先輩の話を聞いていても
奥さんは自分の友達と一緒に行かれる様で
それならと自分は自分で計画を立てて
自分の友人に声を掛けて参加者を募って旅行するという
暗黙のと言うか夫婦間のルールが出来上がっているようです。

我が家の場合は今後はどうなるかわかりませんが
可能な限り夫婦で旅行して、家内の都合がつかない時は
友人とか知り合いの方との旅行を計画するとか
案内があった旅行に参加することとしたいと考えています。

60歳からの手ぶら人生.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。