2018年12月02日

紅鶴でランチをいただく

我が家で中華料理と言うと王将を利用することが一番多く、
食べに行ったり、持ち帰りすることもあります。

それ以外では今回訪問した紅鶴があります。
お店の場所は姫路城の北東にあります。
これまでは入口を入って左手の席に通されることが多いのですが
今回は入口を入って右手の席に案内されました。
IMG_4106.jpg

ランチメニューですが以前からすると
少しづつ変わってきているように思います。
前菜はクラゲ、魚、えび、ハムなどが乗っています。
IMG_4107.jpg

スープはふかひれです。
ふかひれと言うといつも思い出すのが
香港島の福臨門でいただいたフカヒレスープで
フカヒレが盛り上がるほど入っていたことを
思い出して比較してしまいます。
IMG_4112.jpg

から揚げが出てきましたがこれも中華なのでしょうか。
IMG_4113.jpg

次は、これは中華の王道と言えるエビチリです。
IMG_4114.jpg

お料理の最後は北京ダックです。
カモの皮の部分を米粉の生地を薄く伸ばして焼いたようなもので
巻いていただくのですが、この料理の時は
台北の北京ダックで有名なお店を思い出します。

巻いて食べる生地がちょっとパサついていて
どちらのお店で食べても有名な北京料理と言われるほど
美味しいものではありません。
IMG_4115.jpg

最後にデザートと飲み物が出ておしまいとなります。
IMG_4118.jpg

IMG_4119.jpg

王将は早くて安くておいしいと3拍子揃っていますが
紅鶴はおいしいだけで、ほかの二つはちょっと当てはまりませんが
王将とは違う美味しさがあるのでたまにお邪魔すこととなります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。