2019年03月21日

ふぐ料理 しのだ

今回の母親との旅行の目的は
下関で「ふぐ料理」をいただく事です。

人によるとふぐは九州の方が美味しいとの
意見をお持ちの方がおられますが
ふぐ料理と言うと下関が思い浮かぶので
下関でいただくことにしました。
IMG_5727.jpg

下関にはいろんなお料理屋さんがあるようですが
駅前に近い場所となると「しのだ」となります。
事前にネットで予約を入れておいたので
お昼にお店に伺いました。

最初は前菜の3品です。
IMG_5730.jpg

次はふぐ刺しで薄造りになっていてポン酢でいただきます。
ふぐ刺しのばあいポン酢の味が決め手になる感じです。
IMG_5737.jpg

ふぐの唐揚げが三品目です。
タモリさんがTVでふぐと言うとふぐの唐揚げと言われていましたが
カリッと揚がってとっても香ばしくておいしくいただきました。
IMG_5744.jpg

私たちはお店の入口を入ってすぐ左手のテーブル席で
スタンダードコース6800円を戴いたのですが
入口のところにはふぐのはく製がぶら下げてあります。

来店されるお客様にとっては珍しいのか
結構な方が写真に収めておられるとの事でした。
IMG_5749.jpg

お店で出しているふぐはすべてトラフグとの事で
おいしいふぐを使用されているとのことです。
四品目はふぐちり小鍋となっています。
IMG_5751.jpg

鍋の中身を食べ終わったところで雑炊となりますが
ホール担当の若い女性の方が食事をしているテーブルの場所で
つくってくれます。見習い中の方でしたが上手に作ってくれました。
IMG_5757.jpg

最後に果物がでてコースの締めとなっています。
IMG_5763.jpg

お店は50年の歴史があるとの事でしたが
改装されたみたいでとっても綺麗なお店でした。メニューの中では一番安いコースでしたが
ボリュームたっぷりでお腹一杯となりました。

念願の下関でふぐを食べるを叶えることが出来ました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | レストラン・カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。