2019年12月28日

プラハ城と聖ヴィート教会の見学(プラハ)

この日はプラハ城の観光なのですが
一般入場の前の特別入場の予定です。

7時半にホテルをバスで出発して
8時頃にはお城に入ることになりました。
IMG_1316.jpg

ガイドさんによると一般入場が開始する
1時間後ぐらいにはこの場所も人でごった返すとのことです。
このプラハ城は大統領の仕事場で在席かどうかは
建物に旗が上がっているかどうかで分かるそうです。
IMG_1320.jpg

そんな話を聞いていると一台の黒色の
アウディーが場内に入ってきました。
もしかしたら大統領かと思いましたが本当のところは分かりません。

最初の見学は聖ヴィート教会です。
IMG_1327.jpg

この教会はゴシック様式で建てられており
内部に光を取り込むためにステンドグラスを
使用しているのが特徴となっています。
IMG_1335.jpg

ステンドグラスは100年くらい前に作り直されたもので
その為かチェコは今でもボヘミアングラスが今でも有名です。

教会の中にあるステンドグラスで一番有名なのが
ミュシャが作ったものです。
彼は79歳で亡くなったのですが、
このステンドグラスは71歳の時の作品とのことです。
IMG_1350.jpg

この作品の名前はキリルとメトディウスと言います。
ステンドグラスの下の部分に描かれている
二人の人物が聖キリルと聖メトディウスです。
IMG_1352.jpg

その上に描かれている赤いマントをまとった少年が
のちにボヘミアの王となる方です。
その為に国民にもキリスト教が広まる事になりました。
IMG_1353.jpg

王が亡くなった後に、宗教的に重要な人物だったということで
聖人化されていくことになり、チェコの守護聖人
聖ヴァーツラフと呼ばれる事になりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。