2020年05月25日

今年のGWは終活に向けた断捨離で過ごす

最近のGWの過ごし方としては
ヨーロッパ旅行に家内と出かけることが
多かったのですが今年は
そうは問屋が卸さない状況となっています。

今年はいつもと違って早めに旅行の予約を取って
キャッシュレス決済で5%還元があるので
計画的に支払いを行い少しでも安く旅行と思っていました。

ところが新型コロナウイルスの影響があり
どうも海外旅行どころではないとなって来たので
3月に旅行のキャンセルを行う事となりました。

すると急にGW期間の過ごし方を考えないといけない羽目となり
出かけることも自粛する様にとの事で
「STAY HOME」と呼びかけられています。

そうなると家で出来ることと言えば
長年放置してきた不用品の処分にいよいよ取り掛かろうかと
重い腰を挙げる決意をすることになりました。

最初に手を付けたのは
家の中にある納戸部分に突っ込んでいた
子供が小さい時のオモチャです。

小さい頃に祖父母からプレゼントされた物があり
納戸でホコリをかぶっていたのですが
汚れもあり再利用も難しそうなので粗大ごみ行きです。

次は私が大学生だったころの教科書を
大事に保管していたのですが
定年も迎えていまさら教科書を見ることもなく不用品となりました。

廃棄するにあたり本を見たのですが
40年以上前に購入した教科書なのですが
2千円台とか3千円台の値段が書かれていて
教科書代は結構負担になっていたことが分かります。

当時は下宿しており下宿代とか食費
電気光熱費なども掛かっていたので
仕送りをしてくれた両親に感謝しかありません。

そんなことを思いながら
高い教科書ですが家に置いていても
場所を取るだけですので終活に向けた断捨離となりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。