2020年07月23日

負けたやつだけ進化する 中村 元さん

日経新聞で気になった記事を紹介します。

水族館プロデューサーという仕事があるそうです。
ヘェ〜と思ったのですが、
魚を見に水族館に来る人を増やす仕事という感じでしょうか。

中村元さんはそんな水族館プロデューサーらしく
サンシャイン水族館とか北の大地の水族館で
来場者の数を3倍とか15倍に増やされたそうです。

中村さんは最初からそんな凄いことが出来る人だった訳ではなく
学校を卒業後に鳥羽水族館に入社されたのですが
同期は生物に詳しい人ばっかりだったのですが
魚の名前はさっぱり分からない上に
興味もなかったので覚えられるわけはない状態でした。

鳥羽水族館で団体客相手に飼育員が
解説するサービスをされていたのですが
お客さんは学術的な生態とかには興味がなく
解説も聞かずに移動してしまうことが多かったようです。

そこで、浦島太郎の亀はどれかとか、オスかメスかなど
クイズ形式で問いかけると大喜びで乗ってくるようになり
人に見せて伝えると言うことが出来るようになられたようで
これが、知識の乏しさと言う弱点が
武器に変わった瞬間だったと振り返っておられます。

考え方としては、長所を伸ばせとよく言われますが、
長所では天才にはかなわない。
足が速いと言ってもウサイン・ボルトに
勝てると思ってはいけない。

短所を克服すると言っても
人の10倍の時間を掛けて克服しようとしたら
他のことが出来なくなるので、この発想も間違っている。

中村さんは「短所をテコにしてどう成長できるかを考える。
優秀なやつは進化しない。絶滅しそうになったやつ、
負けたやつだけ進化する。」と書かれています。

物事の捉え方一つで状況が好転することがあるので
短所とか弱点を武器にすることで
新たな道を見つけ出すことがヒットの秘訣のようで
この考え方は参考になるのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。