2020年10月29日

今昔マップ on the web

NHKで防災関連の特集をやっていて
気になることがあったのでご紹介します。

防災マップというのが各自治体で作られていますが
最新版を確認する様にとの事でした。
それと印刷して置くことも推奨さえていました。
いざというときに印刷物が必要になるみたいです。

もう一つ気になったのが
今昔マップ on the webというものです。

このマップは埼玉大学の教育学部の谷謙二さんが作られたもので
ネットで現在の地図と昔の地図を比べることが出来ます。

試しに姫路の地図を出してみました。
こちらは昔の地図で1903〜1910年頃のものです。
姫路・昔.jpg

姫路城の周辺は黒く塗られています。
その周辺とか道路沿いには住宅があったみたいです。
その他は田んぼが広がっていたことがわかります。
凡例についてはボタンをクリックすると見えます。

画面の右には国土地理院が作成した現在の地図が出ます。
姫路・現在.jpg

今と昔を比べてみると姫路の東側には
市川という河川が流れていますが
その位置には大きな変化がない事がわかります。

新たな住宅を考えたりする場合には
その土地がどのような土地か
洪水とか土砂崩れが発生しにくいかなど気になります。

山を削った場合は地盤は固いかもしれませんが
反対に盛り土した場合は心配です。

沼とか池を埋め立てて造られた土地も心配です。
単に便利というだけではこれからの土地探しは駄目で
過去の経歴を調べていろんな観点で検討が必要のようです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。