2020年10月26日

陶山神社にお参りする

トンバイ塀がある裏通りを抜けて今度は陶山神社を目指しました。

神社は山の上にあるようで出だし部分は階段となっています。
階段の上に佐世保線が通っています。
IMG_7362.jpg

階段を上りきると線路の向こう側に鳥居が見えてきました。
IMG_7365.jpg

狛犬ですが青銅製でしょうか石でも陶器でもない感じです。
IMG_7368.jpg

鳥居の向こうにさらに階段が見えています。
IMG_7369.jpg

陶器製の常夜灯でしょうか。
焼き物の町である有田らしさが出てきました。
IMG_7371.jpg

IMG_7372.jpg

階段の途中にも陶器製の物があります。
IMG_7373.jpg

極めつけは陶器で作られた鳥居です。
IMG_7376.jpg

この鳥居は昭和31年に台風の被害で壊れたそうですが
香蘭社の深川栄左エ門さんが復興を念願して
昭和35年に修理が完了したと横にある説明書きに書かれていました。

こちらの狛犬も陶器製の様です。
こんなに大きな焼き物を作るのにはかなりの技術が必要と思われます。
IMG_7380.jpg

階段をいくつも登って陶山神社に到着しました。
IMG_7382.jpg

この神社には藩祖の鍋島直茂公と陶狙の李参平公を
合わせて祀っていると説明書きがありました。
朝鮮から渡ってきた李参平公が陶器作りを始めたことが
今の有田につながっているわけですから
有田の人々の信仰の的となっているのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。