2021年03月01日

京都御所の猿が辻

和菓子のお土産を購入した後は
御所に戻ってきました。

御所の東北の角は鬼門にあたるので
四角ではなくてわざとへこませた造りとなっています。
IMG_9769.jpg

この場所は「猿が辻」と呼ばれる史跡で
日吉山王社の神のお使いの猿を祀っているのですが
この猿が夜な夜なぬけだしては通行人にいたずらするため
金網で封じ込めたと伝えられています。
IMG_9773.jpg

写真撮影しましたが猿はうまく写っていません。
この辺りで幕末に幕末に尊皇攘夷派の姉小路公知が
何者かに襲われた「猿が辻の変」が起こっています。

カメラが何台も取り付けられていて
厳重な警備体制が敷かれてい要る模様です。
IMG_9771.jpg

屋根の部分を見ると彫刻が施されてあって
なかなか緻密な彫り物となっています。
IMG_9774.jpg

猿が辻の横では松の剪定作業中でした。
高木になっているので大型の高所作業車が二台出動しています。
IMG_9775.jpg

御所の池の水を取り込む場所でしょうか
鴨川から引かれた水が入る場所かもしれません。
IMG_9776.jpg

御所の北にある門です。
「朔平門」でしょうか通常は使用していないみたいで
柵が前にしてあります。
IMG_9778.jpg

歩いていると消防車が来ていました。
見たこともないカラーリングとなっています。
IMG_9780.jpg

皇居警察本部の文字が見えますので
管轄は消防ではなく警察の様です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。