2017年07月30日

AIで使われるGPU

ビジネス雑誌を見ていると
AIの特集を組んでいました。

AIとは人工知能の事で
人工(Artificial)の知能(Intelligence)
を意味する略語となっています。

それが最近ブームになっていますが
今回は3回目らしくて、1回目は1960年代、
2回目が1980年代だったらしいのですが
当時はコンピュータの計算能力が不足しており
単なるブームに終わり実用化には至らなかったそうです。

しかしここに来てエヌビディアという会社が作っている
GPUというコンピュータの頭脳部品がAIに使われるようになっていて
これは同時に複数の計算をこなす並列演算が
とっても得意なので計算が早いようです。

GPUは画像処理用の半導体で
元々はゲームとかタブレットに使われていたようですが
それをAIの最先端の研究で大学などで使われる様になり
それを知ったCEOが経営資源を
AIに集中させたことで商機をつかんでいます。

一方これまでの頭脳というとインテル社のCPUだった訳で
コンピュータの性能はインテル社のCPUで決まる時代でしたが
AIの実用化の時代に入り序列の変化が起きようとしています。

エヌビディアは世界の自動車会社と提携しており
その優位性はずば抜けて高いようですが
そうなると気になるのがソフトバンクが
買収したアームの将来です。

孫さんはこれからのIoTの時代にむけて
アーム社が必要と投資された訳ですが
GPUがその役割を果たすことになれば
巨額投資は失敗となりますがどう考えれば良いのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

スーパーフレアの襲来

新聞を読んでいると
太陽活動の異変についての
記事を見かけました。

記事によると中国の北京ではスモッグを通して
太陽を見ることになるようですが
太陽に大きな黒いしみが現れたとのことです。

太陽の異変の前に
北京ではやはりスモッグが発生しているのかと
再認識させられることになりました。

太陽の表面に現れた黒いしみは
スーパーフレアの兆候であるらしく
これが大爆発すると、通信障害とか
通信衛星の機能停止とか大規模停電につながるようです。

そうなると現在の社会はGPSを始め
衛星を利用していますし
ネットワークも遮断されるので大混乱と思われます。

一番の懸念は太陽からの放射線とか
電磁波により地球を覆っている磁気圏が
押し潰されることになり、
過去の例では1859年に欧米で電信機などで
火花放電が発生し火災となったようです。

それが現代社会でも起こるとなると
多くの情報がコンピュータで管理されている
現代では貯金とか株式なども
現物で持っている訳ではないので
太陽嵐によってそれらの情報が吹っ飛んでしまう
ことも想定されることになります。

それでは具体的な対策はどうすべきかとなると、
やはり現物で保有が一番となるか
データーが飛んで無くなっても
価値がなくならない個人の能力とか
収入を得る力が大事なのかも知れません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

プチクルーズへのお誘いの記事

新聞の別刷りに思い立ったら
プチクルーズとの見出しが
おどっていたので
思わず内容に目を通すことにしました。

船旅というと大海原を
大型船での旅をすることを思い浮かべます。
それはゆったりとした時間で
現役を引退して時間もお金にも余裕がある
人々が船で旅行しているイメージです。

それとは別のイメージでは
お金も時間もあるのですが
現役を引退するほどの年ではなく
まだまだ若いのですがお金が入ってくる
仕組みはすでに構築済みで
そちらはほっておけるので自分の時間を
楽しんでいる感じです。

しかし、船旅というのは
窓からは海が見えるだけで
たまに陸地が見えたとしても
山とかが見えるだけですぐに飽きてしまいそうです。

今回新聞で紹介していたのは
そんな飽きるほどの時間を使った船旅ではなく
短ければ2時間とか宿泊がある場合でも
2泊3日の日程で船で目的地に朝について
夕方に帰路につくというスケジュールです。

これくらいなら一度は船旅もいいのではと思いますが
瀬戸内海から外海に出た途端に
波も強くなるので船酔いになる危険性も大いにあります。

というのも昔に神戸から横浜に向かう船に乗ったことがあり
淡路島を過ぎたあたりから波が強くなって
夜の船旅でしたが船が揺れて気分が悪くなった記憶があります。

新聞ではいくつかのクルーズを紹介していました。
一度船に乗ってしまうと途中で下ろしてくれ〜と
叫んでもどうしようもないので、
乗船にはそれなりの覚悟が必要ですが
そのうち一度は乗ってみるのも
冥土の土産に良いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

大阪のおみやげ

大阪に出たときには
何らかのおみやげを購入して
帰ることにしています。

この時はJR大阪駅にある
パン屋さんパンデュースで
パンを購入して帰りました。
IMG_7805.jpg

パンはどちらかというと
堅めのものが好きですので
今回もそのようなものを選んでいます。
IMG_7808.jpg

細長いフランスパンみたいなものも
購入して帰りました。
IMG_7809.jpg

あとは趣佳で購入したのが
こちらのお皿で
作者は村上雄一さんと言われます。
IMG_7810.jpg

遠目にみると同じお皿に見えていますが
実は柄が違っています。
一つはお米とか麦の図柄です。
IMG_7815.jpg

もう一つは葡萄の模様となっています。
IMG_7816.jpg

これからの生活はなるべく物を買わないで
気に入った最小限の品物で生活できればと思いますが
さてうまくゆくでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

1000万円貯める貯蓄法の記事

家にあった女性向けの雑誌を
パラパラとめくっていると
1000万円貯めるための
貯蓄法の記事がありました。

ポイントは三つあるようで。
給料をもらったらすぐに一定額を
使わないようにのける方法です。

企業では財形貯蓄などの制度もあるので
毎月一定額を財形に回してしまえば
残ったお金でやりくりするしかないので
自然とお金が貯まることになります。

その割合ですが一人暮らしだと
月収の1〜2割、実家暮らしなら
月収の3〜5割と書いています。

これで行くと一人暮らしは
住居費とかにお金が掛かるので
貯金に回すことができないのでしょうから
お金を貯めるには実家暮らしが最適とわかります。

つぎはメインバンクの総合口座に
お金を入れておくのですが
そに残高を毎月チェックして
お金に出入りを確認する事で
お金に愛着が湧くそうです。

そして月給の1.5倍になったら
定期預金などに移し変えることを
推奨しています。

しかし、100万円預けても
利息額は知れているので
増やすというより使いにくくする
効果を狙ったものと考えられます。

サラリーマンの場合は収入は
限られているにで
支出をいかに減らすかが
貯蓄を増やす極意ということでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

襟裳岬の歌詞

北海道の中心部から南に向かって
伸びるのが日高山脈で
その先端にあるのが襟裳岬です。

襟裳岬は太平洋につきだした形となっていて
ここの沖合で寒流の親潮(千島海流)と
暖流である黒潮(日本海流)がぶつかるので
濃霧が発生しやすく強風が吹くことでも知られるようです。

また、この岬については歌になっていて
1974年の日本レコード大賞となっています。
歌手は森進一さんで、吉田拓郎さん作曲、
岡本おさみさんが作詞されています。

最近この歌の歌詞を文字として
目にすることがあって
その意味するところが少し気になりました。

それは最初の部分で
「北の街ではもう、悲しみを暖炉で
 燃やしはじめているらしい」
と書いてあり、この意味がよく分からないのです。

暖炉で燃やすのは通常は
伐採した木を割って乾燥させた薪であって
そこで悲しみを燃やすとはどういうことなのでしょうか。

また、詩では「らしい」と書いているので
作詞家は襟裳岬にはおらず
東京かどこかでその状況を知ったことになり
襟裳在住者からの便りからの推察とすれば
そこには何が書いてあったのでしょうか。

次はそうだなと思った部分で
「理由(わけ)のわからないことで
 悩んでいるうちに 老いぼれてしまうから」
と書いてあります。

われわれは人生の目的とか
これから先をどう生きるべきかとか
定年後は仕事をしないとボケてしまうのではとか
いろいろ考えてしまうのですが
そんなことを考えているうちに
老いぼれてしまうことになります。

それならいっそう何も考えずに
嫌なことはしないで
自分の好きなことだけを行う生活を送ることが
これからの人生では必要な気がしてきます。

へんに色々考えずに
自分の周りの流れに身を任せて
進路を決めるのが良いのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

出雲にブラジル人が集結

出雲市と言えば縁結びの神として有名な
出雲大社がすぐに思いつきますが
その出雲市にブラジル人が
集結しているとの新聞記事がありました。

ブラジルと言えば日本のちょうど裏側にある国で
最近ではオリンピックがあったり
その前はBRICSの一員として
成長著しい国との印象がありました。

さらにその前は日本人が移住した国で
日系人がたくさん住んでいると聞いています。

ところがそのブラジルから
日本のしかも出雲市の一企業で
1500名もの人が働いているそうです。

ブラジル人が日本の企業で働く理由としては
給料が日本人より安いからと思いましたが
記事によると日本人と同水準で
しかも日本人に比べてか、辞める割合が少なく
出勤日数も多いそうです。

そうなると従来の日本人は休むことも少なく
勤勉でよく働くと思っていたのですが
それは過去のことになったのかもしれません。

しかしよく読んでみると
近年の労働者不足がその原因と書いてあります。
最近でこそ新卒学生の就職が売り手市場となっていますが
その前は氷河期だったのでその変わりぶりに驚きます。

労働者が不足するほど
日本の経済がこれからも順調であればよいのですが
子供の世代が学校を出るときにも
この状態が続いていることを願ってやみません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

電通とヤマト運輸を発端とした残業問題

ヤマト運輸のセールスドライバーの方が
サービス残業をしないと回らないほど
忙しくなっていたことはAmazonの膨張と共に
最近では大きなニュースになっています。

その以前には電通で働いていた
東大卒の方が過労による自殺で
こちらも大きな問題となりました。

この二つの問題が出たために
どこの会社でも残業について
神経質になっていると思います。

今までは自分のノルマをこなすために
残業の申請をせずにこっそりと
会社に残って仕事をこなしていた方も
おられると思います。

それは自分の成績を維持することと
前向きな方は出来れば成績を良くして
出世につなげたいと思って
仕事を頑張ってやろうとするためだと思います。

しかしそれが二つの問題発生によって
会社側としては無視できないことと
なってきている気がします。

従業員が勝手に残業して
それを残業としてつけることなく
過労で何らかの問題が発生すると
会社としては責任を逃れることはできません。

となると、残業については申請することと
勝手に会社に残らないように
監視するとか記録を取るなどの
自己防衛に走る可能性が出てきます。

会社に出勤した時間とか
退社した時間を記録する仕組みを
とり入れる必要が出てくるのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

Amazonの膨張と物流の悲鳴

最近のニュースでは
Amazonの物量が急激に増えており
その物流の約6割を担っている
ヤマト運輸が悲鳴を上げていると
言っています。

子供が物を購入するのを見ていると
Amazonで購入するケースが結構あります。

そうなると必然的に品物は
物流会社の手によって倉庫から
配達先まで届けられることになります。

物流会社のトラックが品物を
配達したとしても
受取人が家にいるとは限らず
再配達の憂き目にあうことも多いと思います。

そうなると二回配達することが
必要となり効率が悪くなります。

物流会社は大口取引先との関係を
重視するでしょうから
中々運賃の値上げには踏み切ることができず
そのしわ寄せが労働者に行っていた可能性があります。

ヤマト運輸ではサービス残業が問題となって
過去二年間の未払い残業代を支給することにしたので
連結営業利益は前の期に比べて半減したそうです。

働く側からしたら当然の支給でしょうが
荷物を一回で配達を終えるための
仕組みづくりを考えないといけない気がします。

時間指定の配達はお金が余分にかかると思いますが
配達の前日にでも受け取りが可能な時間帯を
物流会社からの問い合わせに対して
連絡できる仕組みがあればよいと思いますが
携帯を利用したいい方法はない物でしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

二階部分を見学

二階部分にはお風呂があります。

お風呂の場所には何故か
外に出ることができる引き戸があり
外部とはプラスチックの壁で
緩く仕切られています。
IMG_6780.jpg

リビングにも外部のデッキスペースがあり
引き戸を全部開けると
解放感があり椅子が置かれていて
リラックスできるようになっています。
IMG_6789.jpg

リビング部分の屋根は三角屋根で
天井部分にはシーリングファンが設置してあって
熱い時期はこれを回すと風が動いて
涼しくなると思います。
IMG_6791.jpg

2階の反対側部分は
ダイニングスペースで
テーブルと椅子がセットされています。
IMG_6811.jpg

ダイニングからは外にある
物干しスペースに出ることができます。
洗濯用のシンクもあって使い勝手がよさそうです。
IMG_6816.jpg

ダイニングからは3階と言うべきか
ロフトスペースがあって畳敷きとなっています。
サイドは本棚で奥が机となっています。
IMG_6823.jpg

小さなスペースですが
ここでゆっくりと本を読んだり
昼寝が出来そうな感じです。

ロフトからはダイニングキッチンが見えます。
IMG_6825.jpg

こじんまりとした家ですが
とっても機能的な作りとなっています。
中心部分には中庭がありシンボルツリーの
緑を見ることができて気持ちが良いです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

一階部分を見学

家の入口をアプローチから
ポーチ部分と玄関扉を写しました。

道路から家の中が丸見えにならないように
外壁でうまく隠される構造です。
IMG_6857.jpg

玄関扉を開けて中に入ると
左手に大きな下駄箱と姿見の鏡があります。
IMG_6756.jpg

玄関の右手には二階に上がる階段が
その奥はトイレとなっていて
明り取りのはめ殺しのガラスがあります。
IMG_6757.jpg

トイレは割と狭いのですが
角には手洗いが設置されています。
IMG_6759.jpg

この家は周囲を道路に面しているので
家の中心部分に坪庭があって
シンボルツリーというのでしょうか
木が植えてあります。
IMG_6761.jpg

1階の奥は主寝室となっています。
壁一面がクローゼットとなっていて
上部には隠ぺいされたエアコンが設置されています。
IMG_6764.jpg

主寝室も坪庭に面していて
明り取りと風とおしの為にか
ガラスサッシが設置されています。
IMG_6769.jpg

主寝室の反対側の面は
ウォークインクローゼットとなっています。
IMG_6771.jpg

一階部分は駐車場があって
スペース的には狭いのですが
工夫されていて、コンパクトなトイレと
たっぷりの収納がある主寝室で構成されています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

住宅の内覧会に出向く

住宅の内覧会があるということで
子供と見に出かけることにしました。

住所がわかっているので
GoogleMapのナビを頼りに
現地に到着しました。
IMG_6873.jpg

外壁は黒っぽいガルバリウム鋼板と
木質の部分と2つの仕上げとなっていますが
外部に木材を使用するのは
耐用年数の観点から個人的には反対です。

外壁の途中には竹を植えている箇所があり
灯り取と視線を遮る対策の様です。
IMG_6750.jpg

家の玄関部分は北東に当たるのか
凹んだ造りとなっていて
やまぼうしみたいな細い木が植えてあります。
IMG_6869.jpg

建物から少し離れて
全体を写すとこんな感じで
三角屋根と四角い建物で
構成されていることがわかります。
IMG_6854.jpg

建物の一階部分には駐車場もあって
軽自動車と普通車を停めることが
出来るようになっています。
IMG_6868.jpg

駐車場を含む部分を写してみたのですが
細い柱で二階三階部分を支えているので
鉄骨が構造体となっている感じですが
資料によると木造となっています。
IMG_6748.jpg

家の中には模型があって
これを見ると屋上があるのですが
一見すると上がれるのかと思いますが
階段などは無いようです。
IMG_6794.jpg

この物件は大阪の設計事務所である
大西憲司設計工房の作品となっています。
さすがに専門家による設計となると
通常の家とは一味違う仕上がりです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

田舎暮らしブーム

本町にあるシティープラザ大阪に
入って中を散策していると
移住をすすめるコーナーを発見しました。

最初に目についたポスターは
「楽園信州移住セミナー」となっています。
IMG_6505.jpg

開催は土曜日で会費は無料のようで
2011年に実際に移住された方の
体験談のお話があるようです。

パンフレットもたくさんあって
各地域の力の入れようがわかります。
IMG_6506.jpg

こちらは移住定住の相談会の
スケジュールとなっています。
毎日実施されている様で驚きです。
IMG_6507.jpg

このあたりは鳥取とか徳島の
ポスターが張られています。
IMG_6509.jpg

他にもたくさんの地域の
パンフレットが置いてあります。
IMG_6511.jpg

三重県のパンフレットもあります。
IMG_6512.jpg

テレビ番組で人生の楽園というのがあり
私も毎回見るのですが
都会から田舎に移住して
農業とかお店を始めたりされる方が多いようです。

その影響なのか、それとも移住者を望む地域の方の
希望が先なのかもしれませんが、
田舎暮らしがブームになっています。

田舎暮らしはうまくいく場合もあると思いますが
閉鎖的な田舎社会に合わずに
都会に戻られる方もあるようです。

田舎暮らしは、あこがれだけでは
うまくいかないと思いますので
ブームに乗るのは危険な気がします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

誕生日にはショートケーキ

この日は家内の誕生日だったので
ショートケーキを購入して
戴くことにしました。

年を重ねると
誕生日を祝うこともない気もしますが
やはり大事な記念日の一つです。
IMG_6439.jpg

珈琲はいつものドリップ式で
淹れるもので変わりばえしません。
IMG_6447.jpg

こちらのケーキは
モンブランだと思います。
細く絞りだしたもので
ケーキの形を作ってあります。
IMG_6441.jpg

チョコのケーキですが
上にイチゴが乗っています。
イチゴのケーキというと
普通は白が定番ですが
こちらはチョコですので茶色です。
IMG_6442.jpg

ヨーグルトみたいな感じのケーキもあります
フルーツがちりばめてあって
とっても涼しげな仕上がりです。
IMG_6445.jpg

コーヒーカップはペアーですが
北欧の国の国旗をデザインとして
とり入れています。
IMG_6448.jpg

こちらもイチゴが乗っていますが
木イチゴとかブルーベリーも使ってあり
寒天生地みたいなものが上に掛かっています。
IMG_6446.jpg

いつも購入するケーキですので
変わり栄えするわけではないですが
大事な行事となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

雨に濡れない極意

本を読んでいると
柳生宗矩と沢庵和尚の話が出てきました。

柳生宗矩とは1571年に
今の奈良市柳生町に生まれた剣豪で
徳川家の将軍の指南役として活躍された方です。

父親は柳生石舟斎で
子供には柳生十兵衞がいて
日本の歴史史上唯一の剣豪とばれるかたです。

一方の沢庵和尚は1573年に
兵庫県豊岡市に生まれた
禅宗の僧侶で名前は沢庵宗彭と言うそうです。

その二人の話し合いのエピソードが紹介されています。
それは、雨が降り出したので
沢庵和尚が宗矩に
「この雨でも濡れない極意があるか」と
問いかけたところ。

宗矩は刀を抜いて振り回し始めました。
「雨粒が自分を濡らす前に、
雨粒をめった斬りにすればいい」
と言うのが、宗矩の理屈です。

それに対して沢庵は、いくら剣豪といっても
いつまでも重い刀を振り回しては入られない。
ならば何もせず、雨に中に立ち尽くしていれば良いのだ
と答えたそうです。

それでは雨に濡れるのではないかと宗矩は反論すると
「雨に濡れてしまえば、
もはや雨に濡れる心配はないではない」
と沢庵和尚は答えました。
この言葉に、宗矩は深く感銘を受けたと紹介されています。

このエピソードをどのように捉えますでしょうか。
凡人である素朴な自由人の感想としては
雨が降ってきたのであれば
傘をさせば良いと言うのが答えです。

宗矩の答えは剣豪としての名声が
雨をめった斬りにするという
驕りともいえる答えを出させたのでしょうから
諌める必要があったと思います。

沢庵和尚の答えは屁理屈としか思えません。
一流のトンチかもしれませんが
雨が降ってきたのなら
それに濡れていくしかないと言う
悟りの境地ならわからないでもありません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

職種によっても人手不足の状態に差がある

大企業より中小企業の方が
賃金の値上がり率が高くなっている
との記事がありましたが
職種としては飲食業とか
サービス業での人で不足が深刻とのことです。

一方企業規模の視点ではなく
職種の切り口での記事もあって
資格を必要とする業種での
処遇改善の動きが広がっているようです。

求人倍率が伸びてきている業種としては
建築業で3倍から4倍に伸びてきています。
その理由は記事の中には書かれていませんでしたが
ここのところ続いている災害の影響も
その原因の一つだと思われますし
東京オリンピックも関係していると思います。

それと最近ではタワーマンションなどの
新築物件の新聞チラシとか
TVのCMが増加しているので
その影響もあると思います。

もう一つは保母さんの求人倍率が
1.5倍から2.5倍に上がってきています。
この職種は子供相手なので
目を離すことができず体力的にもきつい仕事
である上に給料は高くないときています。

需要は前から高かったはずですが
ようやく処遇改善となってきています。

建築も保育も
技術とか資格が必要な仕事ですので
定年を前にしてでは遅いでしょうが
これから社会にでる人は
AIの時代となっても必要とされる
仕事が何か考えて自分の将来を考える必要があります。

なかなか将来の世界を見通せない
大きく時代が変わる
大変な時代となってきましたが
運を味方につけて乗り越えたいものです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

中小企業で賃金が上昇しているそうだが

新聞を見ていると
人手不足により賃金が上昇している
との記事が目につきました。

しかも賃上げというと
大企業が先に来るイメージがありますが
この度は社員が100名未満の
中小企業が大企業より賃金上昇率が
高いと書かれています。

日銀の短観で人手不足を
取り上げているらしく
大企業では2006年並みの状態で
中小企業では1990年並みの
状態とのことです。

この意味するところが
アベノミクスによるバブルであれば
もうすぐそれが弾けて
昔の不景気な時代が戻ってきます。

団塊の世代がいよいよ会社から
離れることによって起こっているなら
これからも日本は慢性的な
人手不足が続く気がします。

そうなると75歳までは働いて欲しいと
政府は考えるでしょうし
年金の支給時期もそれに合わせて
遅らせることになりそうです。

年金財政を考えると
人手不足による賃金の上昇は
ありがたいことになりますし
これから社会にでる学生にも
仕事が用意されるのでいいことと思いますが
今回の記事は何を意味するのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

ホンダが自前主義路線を変更

新聞を見ているとホンダEV部品で脱自前との
見出しが目に入りました。

従来のホンダの開発は
自前主義が当たり前で
どちらかというと人真似ではなく
他とは違う方法にこだわっていたと思います。

最近の自動車業界を見ていると
自動運転技術の開発が急に進んできました。

今までは自動車と関係ない企業が
自動運転に取り組んできており
その意味では従来のハードウエアの生産だけでは
付加価値は急激に下がってくる可能性があります。

一方電気自動車に必要な基幹部品にモーターがあり
EVで出遅れているホンダは
この度日立の子会社である
日立オートモティブシステムズと
提携することで巻き返しを図るようです。

ホンダの八郷社長は
2030年には電動車両を
四輪販売の3分の2にまで
高めるとの方針を出していて
新会社で作ったモーターを
自社の車と他社にも
供給したいとのことのようです。

最近では日産が燃料はガソリンですが
走るのは電気を使うノートを出していて
加速もいいようですので
自動車業界の変革は急激に進みそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

日米首脳会談

現在、安倍首相がアメリカを訪れ
トランプ大統領と首脳会談とか
ゴルフ場を二箇所に渡って
対話を行なっていると
テレビとか新聞が大きく報道しています。

その内容を見てみると
本当に些細な点からいろんな憶測を
行なっていて、いかにこの二人の
動向が現在の世界経済に影響があるかを
物語っていると思います。

日米安保では尖閣諸島が
安全保障条約が適用されると
首脳間の正式文章に記載されたようで
特筆されるようです。

あとは安倍首相を出迎えたトランプ大統領が
いきなりハグした点が取り上げられています。
潔癖症のトランプ大統領が
このような行動に出たことが驚きのようです。

それと安倍首相を
自身が所有するゴルフ場に招いて
ゴルフをしたことも大きな話題になっていて
日米関係がこれからうまく行くことを
多くの人が期待しています。

しかし、トランプ大統領は
過去に銀行家をゴルフ場に招いて
投資を引き出して事業を進めたことも
紹介されており日本への協力依頼が
あった可能性もあり懸念されるところです。

現時点は二人の些細な行動から
いろんな人がいろんな想像をめぐらして発言されていますが
だんだんとその真意がわかってくるでしょう。

トランプ大統領は先行きが見通せない人ですから
上手いこと言っているようにみえていても
次の場面ではそうでもないことがあるので
安心はできないとおもいます。

日本経済はアベノミクスの行く末に
かかっているようですので
安倍首相がうまく舵をとってくれることに期待します。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

年に一度の人間ドッグ

この日は年に一度の人間ドッグの日で
新神戸駅前の検診センターを訪問しました。

この時は午前中のスケジュールで
JR三ノ宮の駅から北上して
新神戸駅の近くまでやってきました。
IMG_5858.jpg

検診センターは高層マンションの
下の部分にあって人間ドッグの制度に
なってからはここを毎年訪問しています。
IMG_5860.jpg

時間の少し前でしたので
ソファーでしばらく待つことになりました。
IMG_5857.jpg

人間ドックでは身長体重から始まって
採血、心電図、エコー、耳、目の検査がありますが
一番の問題は胃カメラです。

以前は口からの方式でしたが
検査の後で喉が痛くなるので
最近は鼻からお願いしています。

喉を通過するときにどうしても
痛みがありますし
胃の中までカメラのケーブルが入るので
涙とよだれが垂れ流し状態となります。

以前より楽になったとはいえ
もっと簡単に検査できないものかと
さらなる技術の進歩を望みます。

検査の後は食券をもらって
近くのホテルで食事かカフェメニューを
いただくので移動します。
IMG_5862.jpg

検査の後の食事はやめて
カフェにしました。
IMG_5865.jpg

最初にスープが出てきます。
IMG_5866.jpg

あとはサンドウィッチと
大量のフライドポテトです。
それとアイスティーをお願いしました。
IMG_5870.jpg

フライドポテトが大量で
全部は食べずに残すことになりました。
人間ドッグの後ですので
健康第一との考えが頭をもたげます。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする