2017年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2017干支.jpg
平成29年 元旦

昨年をふり返って見て、どうであったかなのですが
定年が迫りくる中その後の進路をどうすべきか
本を読んだりしながら思案を巡らせる一年だっと思います。

しかし、残念ながらこのようにしようと
決めることはできませんでした。
このままいくとどこか雇ってくれる部門で
サラリーマンを続けるしかない感じです。

サラリーマンを続けるといっても
もちろん年収は3〜4分の1に激減しますし
仕事の内容も現役時代と比べて
こんなことをする必要があるのかと考える内容だったり
年下の現役従業員からあれこれ指示される立場となります。

そんなことを考えていると
いっそうやめてしまったらと思ってしまうところです。

定年までに残された時間は1年ちょっととなりましたが
定年後のあり余る時間を有効に活用して
自分の気持ち的にも納得できる生活過ごせるように
考えたいと思います。

年初に当たり暗雲が垂れ込める状況ですが
その次の年からが黄金の期間の始まりになるように
心して準備できればと思っております。

煩悩だらけで悩みが多いですが
今年も散策した内容とか思想研究など行いますので
お付き合いいただければ幸いです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

YOUR SONGS 吉田拓郎

今日で2016年も最後の日となりました。

年末が迫った12月23日の祝日に
テレビを見ていると南こうせつさんが出ていて
つま恋が今年で閉園するとの事で
拓郎さんと一緒に行った
つま恋コンサートの話をされていました。

また、この日はYOUR SONGSという番組で
吉田拓郎さんを取り上げるということで
テレビにかじりつくことにしました。

というのも、私がはるか昔のことですが
高校生になった時に拓郎さんの
当時はレコードですが「結婚しようよ」を聞いて
ファンになっていたからです。

拓郎さんは私より11歳くらい年上で
今年70歳で久しぶりにコンサートを
5か所でやることになり
一カ月半もそのためにリハーサルをしたそうです。

拓郎さんの音楽とは私が大学に入って少し経った頃から
徐々に疎遠になっていました。
しかし、2006年のつま恋コンサートには行っていませんが
そのあたりから再び聞くことが増えてきました。

あれから10年が経過して
今は70歳となった拓郎さんですが
年齢を重ねたせいか当時の元気はありません。
でも、今回のコンサートのために新しいメンバーを
選出して練習を重ねられたようです。

70歳になったが燃焼したいとの思いを
アナウンサーの桑子さんに語っておられました。
生きる意味をしっかりと持った拓郎さんを
手本にして私も生きて行ければと思ったところです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ハイキングでも始めようか

石井スポーツで
ハイキングシューズを試したのですが
結局購入しませんでした。

その理由は今年はそんな気になれないと
家内に断られたためです。
もう一つの理由は昔々に購入した
トレッキングシューズが家にあるからです。

その靴は二十代に購入したもので
250CCのオフロードバイクを
乗るときに履いたりしていました。

古い靴は靴底がはがれる場合があるので
実際にハイキングなどをする場合は
新しい靴を購入した方が良いようですが
久しぶりに引っ張り出して
土日のウォーキングで履いてみる事にしました。

お店の方に教えてもらったように
靴はスキーの靴を履く要領で
踵側に隙間がないようにして
紐もきつく縛る必要があります。

試しにその状態で
ウォーキングをしてみましたが
結構歩きやすい感じです。
今のところ靴底もはがれていないので
今年はこれで歩いてみたいと思います。

環境が整ったら
山歩きにでも出かけたいものですが
その内と言っていると出掛けられないかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

ハイキングの靴は自分に合ったものが必要

三浦雄一郎さんの本を読んで
その中に出ていた歩くときの
ウエイトを購入しようと
三ノ宮に出掛けたときに
石井スポーツに立ち寄りました。

このお店は三ノ宮のポートライナー乗り場の
入り口前から東へ移動したところにあります。

店内を見たところないので
お店の方に聞くとスポーツオーソリティー
などのお店で売っているとの事でした。

せっかくなので店内を見てまわっていると
登山靴とかハイキングシューズの
コーナーがあってみていると
店員の方が声を掛けてきました。

靴はその人の足の形にあって物を
購入する必要があって
私の足も寸法を測ってくれましたが
細身の靴が良いとの事でした。

靴の試し履きもできるようになっていて
そのための靴下もたくさん用意してあります。
厚手の登山用の靴下が良いとの事でした。

私は見た目でよさそうな靴を選んでいたのですが
お店の方は別の靴を薦めてくれた
お値段的にもこちらの方が安いです。

ひとりでハイキングも味気ないと思い
家内を誘いましたが
今年はそんな気分ではないと
断られたので今回は試すだけとしました。

靴を選ぶにしても
専門家の見る目とはすごいものだと
感心してしまいました。

何も知らないで購入するより
何ごとも専門家に相談するのが
あとあと後悔しない秘訣かもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

鹿をジビエとして食べると一石二鳥

近年シカの害が急激に拡大していて
わたしが住んでいる地域でも
シカ対策として金網を張り巡らしたり
場所によっては電気柵を設置しているところもあります。

シカの害というのは実にこの10年で
2倍にもなっている様です。

野生のシカが急増した理由としては
温暖化によって住みやすくなったことと
猟師の高齢化が上げられています。

そして、一番の理由としては
シカは絶滅寸前であったので
鳥獣保護法が出来て保護の対象になった為です。

こうなってくると増えすぎたシカを
捕獲して食べてしまおうと考える
自治体などが増えていて
シカの害に悩まされているのでうなずける考えです。

しかし、野生の動物には
様々な菌がついていて
何も知らずに触ると何十年もしてから
よくわからない病気になったりします。

また、内臓には寄生虫などもいて
適切に処理しないで市場に流通させると
食中毒とか病気になる可能性が心配されます。

でも、最近は都会ではジビエが
ブームとなっているようですので、
食の安全面と味の確保のために
適切に処理できるノウハウを持った人が
ちゃんと処理して市場に流通させることが出来れば
シカ害の抑制とジビエ料理の流布が加速して
一石二鳥となるのではと思います。

大変な問題は見方を変えると
チャンスにできる可能性が有りそうです。
そうであればあなたがやったらと言われそうですが
命を扱う仕事は躊躇してしまいます。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

パイロットは憧れの職業に変わりなし

パイロットといえば
カッコいい制服を着て
颯爽と歩く姿をテレビドラマなどで
見かけていたので
憧れの職業と思います。

雑誌を読んでいると
JALのパイロットが他社に
転職するケースが増えているようです。

その理由ですがJALが経営破たんした時に
パイロットの給与を大幅に減額したためで
ANAの平均給与が1900万円程度に対し
JALは1600万円程度らしいです。

他社に対して300万円も
年収が低いので他社からの
格好の引き抜き対象になっているそうです。

引き抜きが発生している理由ですが
航空業界は需要が拡大しており
格安航空会社がたくさん出来たり
中国人の海外旅行が増えたので
中国の航空会社がパイロットを
必要としているといるための様です。

特に中国の航空会社からは
日本の優秀なパイロットを引き抜くために
4000万円を提示するケースもあるようです。

そんな金額を提示されると
5年で2億円、10年働くと4億円になるので
転職する人が出ても当然と思います。

しかしそんな高い金額で
パイロットを雇って航空会社は
採算が取れるのでしょか
JALの経営破たんの二の舞いにならないか心配です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

日本製の時計は世界一か

昔は時計というと精密機械で
スイス製が一番と決まっていました。

ところが日本のセイコーが
クオーツを発明したことにより
時間の精度が極めて高まることで
日本製が世界のトップとなりました。

セイコーが作ったクオーツですが
なぜかシチズンがムーブメントを
安価に大量に生産したので
それが世界中に出まわり
時計の価値がぐんと下がってしまいました。

この辺りは日本人が商売が
下手なのでせっかくの技術を
お金に変えることが出来なかったのです。

そうこうしているうちに
スイスは時計を美術品・工芸品として
高級路線に打って得たので
息を吹き返してきました。

百貨店などの時計売り場を見ても
日本製もありますが8割がたが
海外製の高級時計の売り場となっています。

そんな中、シチズンは電波時計とか
ソーラー発電のエコドライブを開発したりして
平均売り上げ単価も上がってきている様です。

GPS機能付きの時計もあって
中国人観光客のかたが
免税店でたくさん買われるようになっています。

でも、高級路線とは違いますし
スマートウォッチも発売となり
時計市場もなかなか厳しい感じです。

時間を見るなら携帯で充分ですので
わざわざ腕時計をする必要はありません。
そうなるとどんな時計をするかとなれば
高級品か中級品か激安品かどれにしますか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

エアバッグのリコール

タカタ製のエアバッグのリコールが必要と
発表されてから、ずいぶん時間が経ったきがします。

私もホンダ車を所有しているので
ディーラーからお知らせのハガキが届いていました。
しかし、具体的な交換の連絡が入りません。

その理由としては
リコール用のエアバッグ の供給が
追いついていないのかもしれません。

このエアバッグのリコールの問題としては
トラブル発生の原因が、はっきりと原因究明が
されていないということの様です。

また、リコールにかかる費用は
これまでは完成車各社が一時的に
肩代わりしている様で業界全体で
6078億円もかかっている様です。

そして今回の解決策として
乾燥剤を入れている様ですが
それも大丈夫かとの心配も出てきている様で
リコールの総額は1兆円との試算があります。

そうなると、完成品メーカーは
この費用をエアバッグを製造したタカタに
請求することになるのでしょうから
タカタの経営は確実に破綻しそうです。

完成車各社もこの巨額の費用の負担は
困難な様でこの問題の処理が気になります。

エアバッグと言うと
本田さんが安全を確保する為に
推進されていた様に記憶するので
業界全体で良い方向に解決してくれるのを
望みますがどうなりますでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

事務机を自作する

私の書斎、といっても弑さな部屋ですが、
事務用に机を置いています。

その上にはノートパソコンなどを
置いているのですが
元々は大学時代に使用していた
引き出しの上に板を4枚ほどおいて
四角い形の机を作っていました。

その机は四角くて奥行きがあるので
ちょっと使い勝手が悪かったので
今度は板を3枚使用してちょっと長めの
天板を作ることにしました。

使用した板は以前家を建てたときに
仮住まい様に準備した建物を
解体した時に出て来た板です。

その板は家の構造物だったので
柱に固定するために木ねじを使用した後の
ねじ穴が開いていたりしますが
その板を使って天板を作ることにしました。

暑い時期ですので日が当たらない
車庫の中の軽トラの荷台を使って
板の加工を行いました。

板を加工するとなると
丸のこで木を切断したりしますが
その時に大量の切りくずが出ます。

その切りくずを食い込んだり
皮膚についたりすると
アレルギー反応が出るようで
咳混んだり皮膚がかゆくなったりします。

木工は年を取ってからの
趣味の一つと考えていたので
アレルギー反応が出ると後ががつらいので
切りくずが出ないような丸のこを購入したり
ごみをカットする性能のよいマスクの準備も必要となります。

またカンナを掛けたのですが
勢いよくカンナを引き必要があるので
ちょっと筋肉痛です。

体を動かすことは健康に良いことと思いますが
アレルギーにならないように
物品の購入も必要と再確認する事になりました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

お盆休みを過ごして

お盆休みですがここ何年かは
特別に休みの期間があるわけではなく
年間で数日の休日を与えられていて
それを好きなときに取得する事になっていました。

ところが今年はお盆休みがある
就業カレンダーになっていたので
お盆休みがあって連続で5日間の休日となりました。

お盆はお墓参りに出掛けたり
家内の実家に出掛けたりして過ごすのが習わしで
今年もそのスケジュールとなりました。

定年を控えてだんだんと働く事が
しんどくなってきているのですが
一方子供がこれから大学受験ですので
まだまだ働かないといけないと思う気持ちもあります。

いつもは土日だけがお休みですが
それ以外に家にいるとなると
今年は特にそうかもしれませんが
家の中はここは熱帯かと思うほどの暑さで
家にいることも苦痛と感じます。

会社に行けばそれはそれで
夕方になると疲れが出てきますが
家にいると暑さで参ってしまいます。

会社に行っても地獄、家にいても地獄
とはこのことかもしれません。
いつか家にずっといる生活になるわけですが
その時は年齢もさらに進んでいるので
暑さで参ってしまいそうな恐怖があります。

この暑い夏を皆様どの様に乗り越えておられるのでしょうか
優雅に避暑地で過ごしておられる方は
若い頃の努力の成果を今味わっておられるのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

三菱自動車は復活するか

三菱自動車が日産の出資を受けて
系列に入るとのニュースが
最近世間をにぎわしています。

それというのも三菱自動車が
日産に収めている軽自動車の
燃費を不当に良く表示していたことが
日産からの指摘でわかったためとの事です。

ここまで読むとなぜ日産は
自分の系列に入れようとしている
三菱の悪いところを公開したのかが
ちょっと疑問になってきます。

傘下に入れるなら悪さ加減を隠して
業績が悪くならないようにして
そのあとでこっそりと
体質改善をすればよいと思いますが
この荒療治がないと三菱の従業員の
反発が大きいと思ったからなのでしょうか。

それはそうと、三菱は以前も
不正なソフトで監査を逃れることを
会社ぐるみで行っていました。

今回も別の案件ですが
不正な処理をして
実力より良い燃費に見せかけていました。

一旦不正を働き楽なやり方を覚えたら
その意識を変えるのはかなり難しい気がします。
日産の傘下に入ったとしても会長は変わらないようですし
何か困難なことがあれば
またこれまでと同じ不正をするきがします。

不正を2回もした会社が
まともな会社に再生するのは難しく
一旦会社を解体するのが良いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

中国は女性優位の社会

中国は昔から家父長制社会であり
そのために一人っ子政策になってからは
女の子より男の子を望む傾向があり
出生率も男性が上回って来たようです。

極端な手段としては
胎児の性別が判明した時点で
女の子であれば人工妊娠中絶を
行うことで男の子の出生率が
2割ほどたかくなっています。

そうなると世の中の男女比が狂ってきて
男性に対し女性が少なくなるので
需要と供給の関係より女性の立場が
とっても強くなってきています。

中国で結構する場合は
男性は家を準備する必要があると
以前の旅行中に聞いたことがあります。

結婚したいと思う男性は
若いうちから収入の一部を無理してでも
貯金に回すので貯蓄率は高くなっています。

一方の女性の方は優位な立場にあるので
より条件のよい男性を見つけようとするので
結婚時期がだんだんと遅くなっているようです。

経済が発展してくると女性でも
働く人が増えて経済的にも余裕が出てくるので
その意味でも婚期が遅れますが
女性優位の社会になりそれに
拍車がかかっているのが現状みたいです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

ベストセラーの書き方を教えるセミナー

アメリカのベストセラー作家の方から
直接学ぶことができる
オンライン講座があるようです。

その講座は90ドル払えば
動画による授業を22回を受けることができ、
それに40ベージにも及ぶワークブックが
用意されているそうです。

そのベストセラー作家の方は
じぶんは食べるために働いているのではなく
遊んで食べていると言うほどの仕事好きで
毎朝仕事に出掛ける時に
かならず歌を口ずさみながら
出掛けている必要があると
祖父から言われたと心構えを紹介しています。

たしかにどんな仕事を選んでも
その仕事がやりたくてやりたくて選ぶ人は
10人中に1人いるかどうかではないでしょうか。

通常は学校は出たけれども
特別自分がやりたい仕事はないが
とりあえず就職して最初についた職種が
一生の仕事になるか、会社の中でいろんな仕事を
経験するが専門は無いような場合がほとんどだと思います。

そうなると、なんとなく行っている
仕事に向かうときに歌を口ずさむほど
その仕事を好きになる必要があります。

それはどうすれば達成できるのでしょうか
毎日楽しく仕事に出向くことができるのでしょうか。

これはなかなか難問で、一つ言えることは
苦痛な仕事の中にほんのわずかでも
本当に楽しいと思える何かを見つける努力を
するかどうかにその境地に達することが
できるかどうかが掛かっていると思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

電気温水器の故障

我が家は電気温水器を使用していますが
急に温水が出なくなり
パナソニックに電話をして
修理をお願いすることになりました。

設置後10年経過したので
あちこち不具合が出てきました。
ある程度年月が経つと壊れる設計なのでしょう
その意味では製品寿命の設計は素晴らしい気がします。
IMG_1980.jpg

これは電気温水器のカバーを開けたところで
以前は電子基板が故障して交換したことがありましたが
今回は別の原因でした。
今回交換したのはこの部品です。
IMG_1981.jpg

これは温水と上水を混合させて
適温にする物らしくて
これが壊れたので
お湯が出なくなったとの事です。

別の角度から見るとこんな感じです。
IMG_1985.jpg

他にも部品は色々ありますが
この部品の機能は聞いたと思いますが
今は覚えておりません。
IMG_1986.jpg

以前の家は灯油を燃料として
ボイラーでお湯を沸かしていたので
燃料が無くなると警報ランプがつくので
灯油をタンクに入れる必要がありました。

灯油は定期的に購入する必要があり
手間ひまが掛かる装置でした。
いまの電気温水器になって
その手間は無くなったのでとっても便利でが
費用とか故障頻度の面ではどうなのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

今年の風邪は咳、微熱、頭痛

先々週から会社で咳をす人が
増えてきたと思っていたら
とうとう私も風邪にかかってしまったようです。

週末に会社を休んで病院で診てもらい
家で療養といっても薬を飲んで
寝ていたのですがなかなか治る気配がありません。

仕方なく風邪では異例と思いますが
2回目の通院をして
今度は別の薬を戴いて帰りました。

診察して下さった先生も
曜日によって担当が違うようで
あとは日にち薬ですねと
言われていたので薬を飲んで
寝て暮らしていたのですが
なかなか回復の兆しがありません。

家内からは、
単なる風邪と思っていたが
なかなか治らないので
よくよく病院で調べてもらうと
白血病であった事例もあると
脅かされる始末です。

命にかかわる病気になると
そこで寿命とあきらめる
必要がありますが
これまでは働くばかりで
いい思いもしていないので
もう少しあの世への旅行は
待っていただく必要があります。

また、病気が長引くと有給休暇も
使い果たしてしまい
会社を退職する必要もあるかもしれないと
頭をよぎったりします。

風になってからかなりの日数が経つことですし
痰も黄色ではなくなってきたので
思い切って薬をやめてみる事にました。
そうしたら微熱も頭痛も治まり
会社に行くことが出来ました。
今年の風邪は微熱ですが長引くのでご用心ください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

相棒を見て感じた仕事がない恐怖

テレビ番組で人気のドラマに相棒があります。

主人公は水谷豊さんが演じる
杉下右京という警視庁特命係の刑事さんですが、
役柄としては窓際の部署に務める敏腕刑事さんです。

お昼の16:00から再放送をしているのですが
最近見たストーリーがちょっと怖い内容でした。

ドラマでは殺人物となっているのですが
この時は調べていくうちに
結局は殺人を装っていたが自殺が真相でした。

亡くなった方は医療事務の免許を
苦労して取得していたのですが
正社員の職に就くことが出来ず
結婚を約束した女性の方とも
安定的な収入が確保できないので
結局結婚できなくなりました。

いろんな職場を転々とすることになりましたが
仕事を辞めさせるための新しい仕事を
紹介するような場面もあって
だんだんと生活が出来なくなってきました。

生活保護も受け付けてもらうことが出来ず
最後はスーパーとかの試食コーナーを
食べ歩くような生活になり
それもだんだんと顔が知れてくると
行きにくくなり皮肉もいわれるようになります。

結局は食べるものにも困るようになり
自分が生きている意味が分からなくなって
自分で他殺の工作をした後に
ビルから飛び降りて自殺するという結末となりました。

派遣従事者のことを考えてきましたが
戦後の右肩上がりの時代には
この日本で仕事がなくなるということは考えられず
食べる事に困るということも
全く心配する事もありませんでした。
しかし現在はそれを心配する時代となっています。

仕事がない事の恐怖は
味わった人しかわからないでしょうが
安定した収入を得るということは
とっても大事な事と再認識する必要がありそうです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

派遣社員の増加は時代の流れか

昔はたいへん栄えていた国が
だんだんと力をなくしていって
新しい国がその座にとって代わるのは
世の常と考えるべきでしょう。

日本も以前は世界ナンバーワンと
豪語していた時代がありました。

日本で生産した製品を世界のマーケットに
どんどんと輸出しそれで得た外貨を
たくさん貯めてきました。

日本人の給料はだんだんと高くなり
それにつれて製品価格も高くなってきましたが
それと並行してというか
為替が円高になってきたので日本人は
ロボットの導入なので生産性を上げて
対抗してますます力をつけてきました。

ところがその均衡を破る必要が出て来たのです。
それが日本企業がマーケットの現地に工場を
建てるようになったり労働力の安い国に
工場を建てるようになって来た事です。

こんなことをしなければ日本は今でも
世界で冠たる地位を維持づつけることが
出来たかもしれません。

でも、日本人が海外に出ていかなければ
世界の別の国が海外で日本人がやった事と
同じことを行って日本企業に対抗したと思います。

このように考えていくと
日本の経済もいつまでも発展する事はなく
ある時点になると減退してゆき
またいつか発展することになるのではないでしょうか。

その国の栄華盛衰の時期は分かりませんが
いつの時代もその時代に生きる人には
大変な時代と先生は言われていましたが
その通りかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

派遣従事者が増えたもう一つの理由

もう一つの理由は日本に成果主義が
導入されたためと考えます。

人事評価制度に成果主義を導入し
期初にその期間の目標を決めて
その目標を達成できたかできなかったかで
その人の評価を行い給与とかボーナス額を
決める制度である意味公正な制度ともいえます。

よく働いた人にはたくさんの給与と
ボーナスを出すのは当たり前で
ぼんやりと働いてきた人には
それらの額は少なくても当たり前との考え方です。

私の働いている企業でも
その考え方はかなり前から有って
人事制度として取り入れられています。

しかし、この制度はいいところもありますし
危険な面も持ち合わせていると思います。

危険な面としては企業のトップに近い人が
この制度でさらに上から評価を受けるために
企業が長い期間成長し続けるために
各年齢ごとに必要な人材の確保と育成をおろそかにして
目の前の製造原価削減に走ってしまう場合です。

そうすると施策としては
正社員の削減と派遣社員の増加と
この構造になってしまうからだと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

派遣従事者が増えた理由は

企業では安い人件費で
仕事の山谷にあわせて人材を確保できる
派遣従業員は都合が良いのでしょう。

しかし、不運にもその立場に陥った人は
結婚するお金もないでしょうし
運が悪かったですまない気がします。

なぜこんなことになってしまったのか
一つの理由は日本企業がコスト競争力を
高めるために安い労働力を求めて
海外に工場を移してきたからではないでしょうか。

海外からどんどん安い製品が輸入されてくると
日本の工場では今までと同じ
労働賃金では競争に負けてしまうので
高い給料を払う正社員をやめて
安くて仕事の山谷にあわせて労働力を調達できる
派遣従事者を採用する事を進めてきたためと思います。

製造原価を安くする意味では
とってもいい策と思われるのですが
別の面からは日本の製造の技術を
落としていく非常に危険な考え方と思います。

というのも、これを続ける事で
品質第一であったはずの日本が
だんだんとその位置から滑り落ちてゆき
世界で二流の国になってゆくからだと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

派遣従事者の苦悩

街角を歩いていたら
声を掛けられました。

立ち止まって顔を見ると
昔の職場で一緒に働いていた
派遣従事者の方でした。

かなり前の事ですが
よく私の名前を憶えていて
くれていたものとおもいます。

現在は別の会社で働いている様で
年齢は40歳を超えたとの事で
新しい職場に入って新しいことを
覚えるのもだんだんときつく
なって来たとの事です。

派遣の方とはいろんな職場で
いろんな方と働いた経験がありますが
3ケ月更新ですし給料も安いみたいですので
給料日前になると食事を制限をしないと
いけない人がいたり、
事情があって職場を別に掛け持ちしないと
やっていけない方もおられました。

また、給料が安いので
結婚する事も現実問題として
なかなかむつかしい気がします。
なぜ日本でこのような派遣従事者が
増えてくることになってしまったのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする