2016年01月16日

野に咲く花々

朝のウォーキング中に
見つけた花々を写真に
収めましたので紹介します。

IMG_9030.jpg

IMG_9035.jpg

IMG_9036.jpg

IMG_9037.jpg

IMG_9038.jpg

IMG_9039.jpg

IMG_9043.jpg

IMG_9044.jpg

IMG_9048.jpg

花の名前は分かるものもあれば
分からないものもありますが
どの花もとってもきれいです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

夜の道で鹿に遭遇

我が家の周りには田んぼがたくさんありますし
山にも四方を囲まれた典型的な農村であり
山村と言っても良い場所です。

そんな環境ですので会社帰りに車で
山のふもとを走っていると
狐がふもとの田んぼから山の方面に
跳んで上がる場面に何度も遭遇しております。

また、ある時は狸が2匹歩いている
場面にも遭遇しましたが
狸を見ることはあまりありません。

野生の動物というと最近よく話題になるのが鹿で
私も山とか公園で何回か見たことがあります。

鹿に農作物を守るために私の住んでいる地域では
山のふもとに金網を張り巡らしていて
鹿が出てこないようにしているのですが
金網で山を全部囲う訳にもいかないので
鹿は道に出てきたりします。

この日は軽トラで山道を走って
家に戻ろうとしていたのですが
道路の真ん中あたりに何かがいる事が遠目にも見えました。
IMG_0481.jpg

もしかしたら鹿かと思いながら
近づいて行ったのですがやはり鹿でしたが
野生の動物なので人間が近づくと
逃げるものと思いきや道の真ん中で動こうともしません。
IMG_0482.jpg

このままでは前に進めないので
クラクションを何度か鳴らすと
やっと鹿は山の中に走り去りました。

近所に住んでいる人の中には
鹿にぶつかられて軽トラが壊れて
やむなく修理した人もおられますので
自動車の任意保険も手厚くしておいた方が良いのですが
金額が高くなりすぎるので気を付けて
運転することで対応しています。

昔は鹿を見ることはありませんでしたが
なぜこんなに増えたのかわかりませんが
鹿と共存共栄するしかない状況となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

緑のカーテンは一石二鳥

家内の実家では家の南側を緑のカーテンにしています。

アルミサッシを開けて濡れ縁に出て
緑のカーテンを撮影しました。
最初に目についてのはかぼちゃの花です。
IMG_7657.jpg

かぼちゃは通常は地面を這っている印象がありますが
ここでは縦のネットに蔓を伸ばしているので
かぼちゃはぶら下がっています。
IMG_7658.jpg

同じく黄色の花がたくさん咲いています。
こちらはゴーヤの花です。
IMG_7667.jpg

ゴーヤはぶつぶつの表面で
これを収穫してゴーヤのお茶にしたりするそうです。
IMG_7659.jpg

両方とも蔓を伸ばす性質なので
蔓の先を写すとぐるぐると巻いています。
IMG_7662.jpg

他にはトマトを作られていますが
まだ熟れていないみたいでちょっと緑色です。
IMG_7671.jpg

上を見あげると葉っぱが天井も覆っています。
IMG_7672.jpg

窓の外はかぼちゃとゴーヤの葉っぱで緑一色となっていて
夏の日差しを遮ってくれていますし
かぼちゃもゴーヤも取れるので一石二鳥となっています。

どれもプランターを使って栽培されているので
それなりに手間暇とお金も掛かっていますが
出来たものを戴くことが出来るので
その分楽しみも多いと言えそうです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

スイセン、ハナミズキとその他の花

春の花としてはスイセンが思い浮かびます。

散策の途中で見かけたスイセンを写真に収めました。
最初の一枚は小ぶりのスイセンで
白の花に黄色があってとってもきれいです。
IMG_6470.jpg

こちらのスイセンは川沿いの道で見つけたもので
花びらは白いのですが真ん中の部分は濃い黄色です。
IMG_6498.jpg

次の花も先ほどの近くにあったもので
こちらは花びらが黄色で真ん中も黄色です。
IMG_6499.jpg

この花の名前はわかりませんが
黄色の花でスイセンと違って地面に近い部分に花をつけます。
IMG_6500.jpg

スイセンとかはどちらかというと草花ですが
もう一つの種類としては木の花がありますが
春と言えばハナミズキが有名です。

こちらは白の種類ですが
花びらの先にわずか色がついています。
IMG_6566.jpg

ピンクの花びらのハナミズキもあります。
IMG_6570.jpg

個人的な趣味としては色がついているより
純白のハナミズキが好みですが
散策の途中にはありませんでした。

こちらはお店の中で撮影した花です。
IMG_6346.jpg

花を撮影しながら思うのは
きれいな花をいかにきれいに撮るかということと
花の名前がわかればさらに良いと思います。

名前がわかったからと言って
何が変わるのかと言えばそれまでですが、
名前とか咲く時期、花芽の出る時期
などの情報があれば、剪定時期なども
おのずとわかってくるので楽しみが増える気がします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

春の小さな花

ウォーキングをしているといろんな花を見かけます。
写真を撮影したのは桜の花が咲いているころなので
かなり前のことになります。

最初の花は青というか紫というか
とっても小さな花がたくさん鈴なり状態となっています。
花の名前は「ムスカリ」と思います。
IMG_6471.jpg

こちらの花は「スノーフレイク」です。
白い花びらですが先の方に緑の斑点があります。
IMG_6472.jpg

中がどうなっているのか気になったので
下から撮影してみましたが。
IMG_6474.jpg

こちらはこれから咲くところですが
何の花かはよくわかりません。
IMG_6476.jpg

川沿いにとか川の中でよく見かけるのが菜の花で
この花は蕾の状態でこれから咲くところです。
IMG_6493.jpg

咲いた状態の菜の花もありました。
菜の花は川の内外で大量に自生しており
桜の白というか薄ピンクとよくマッチしています。
IMG_6495.jpg

最後はサクラソウで家の庭においてある
プランターで母親が育てています。
IMG_6506.jpg

花びらは薄いピンクというか紫で
たくさんの花を咲かせるので
とってもきれいに見えます。

ただ、毎年作っているせいか
花びらの色が白っぽくなっている株もあります。
取れた種を翌年に撒いて育てるので
色がだんだんと変化してゆくのかもしれません。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

桜の季節

今年も桜の花が咲く季節がやってきました。

朝の散策の途中で桜をカメラに収めました。
こちらは川のほとりに咲いていた桜です。
IMG_6463.jpg

桜の花びらに近寄って撮影しました。
IMG_6465.jpg

小高い山に登って山のふもとで見つけた桜です。
バックにあるのはカーブミラーです。
IMG_6469.jpg

幼稚園の校庭の隅に植わっている桜を写しました。
IMG_6479.jpg

同じく校庭の隅の桜ですが
こちらはまだつぼみでこれから咲こうとしているところです。
IMG_6480.jpg

こちらは山桜で、花と同じタイミングで新芽も出ています。
IMG_6481.jpg

水路の旗に咲いていた桜です。
IMG_6484.jpg

桜と水は割と似合う気がします。
IMG_6490.jpg

川の土手にたくさんの桜が植わっている風景を見ます。
この季節は土手の桜と川の中に咲いている菜の花の構図がきれいな気がします。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

冬の黄色い花と実

冬の散歩道を歩いていると黄色いものを見かけました。

こちらは山のふもとで発見したのですが
黄色の小さな実がたくさんついています。
IMG_5785.jpg

近づいて写真に収めましたがキンカンでしょうか、
本当は何か分かりませんが、
キンカンは冬に黄色く熟すそうなので正解かもしれません。
IMG_5784.jpg

今度は黄色い花のつぼみを見つけました。
IMG_5787.jpg

咲きかけの花もありましたがこれはロウバイと思います。
ロウバイは1〜2月ごろに黄色い花が咲くそうです。
IMG_5786.jpg

こちらは枯れた感じですが
ロウバイの実が熟して枯れた状態となっています。
枯れる前は緑色の実の様ですが記憶にありません。
IMG_5788.jpg

こちらは何の花のつぼみかわかりません。
たくさんのつぼみがこれから咲こうと準備しています。
IMG_5789.jpg

近寄って撮影しましたがちょっとピントが合っていません。
IMG_5790.jpg

冬に咲く花は少ないと思います。
春が来る頃には黄色い花が咲きます。

花のつぼみは木によって違いますが
花が咲き終わった後にすぐ次の年のつぼみが出来るタイプと
冬が終わって花の咲く時期につぼみが出来るタイプがあります。

木によってつぼみが出来る時期が違いますので
剪定をする場合は木の特徴を知る必要がありますが
花の後にすぐに剪定すれば間違いは少ないと思います。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

ウォーキングの途中で見つけた花は高貴な色

久しぶりに川沿いにウォーキングを行いました。

川沿いの道に花を見つけましたので写真に収めました。
この時期に咲いていますが桜みたいな花が咲いています。
IMG_5120.jpg

足元を見ると紫色の花がたくさん咲いているのに気がつきました。
のじぎく見たいな形をした花です。
IMG_5122.jpg

こちらも紫色ですが花びらが大柄で
真ん中が黄色となっていて先ほどの花と同じ配色です。
IMG_5124.jpg

こちらの花も紫色でかなり小さい花がたくさん咲いています。
自然観察の森では黄色の花をたくさん見かけましたが
このあたりでは紫の花がやけに目に付きます。
IMG_5131.jpg

この紫の塊はこれから花が咲くところなのでしょうか。
これが花なのかは分かりません。
IMG_5132.jpg

最後は薄紅色と言うかのじぎくみたいな花です。
IMG_5135.jpg

2013年も本日で最後の日となりました。
思い返せばいろんなことがありました。

また、今年は伊勢神宮と出雲大社の遷宮が
同時に行われた非常に珍しい年でした。

今まで20年もの長い間続いたデフレが終わり
新しい時代に移行すると言う変換点であったと
後から考えると分かるのかもしれません。

これまでの苦悩がこれから迎える新しい年において
生かされて良い年になればと考えています。

ブログをご覧の皆様方が迎えられる新しい年が
希望に満ちた良い年になりますことを
心よりお祈りしております、良いお年を!

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

自然観察の森

久しぶりに自然観察の森の散策を行いました。

この森はダムの周りの里山を公園にしてあって
散策できるようになっています。
IMG_5075.jpg

山なので稜線の付近まで上がって行くことも出来るのですが
最近は一番下の道を歩く程度にしています。

歩いているとカメラをもたれた方も居られて
道端の草花の写真を撮られているので私も負けずに
何枚か写真に収めました。
IMG_5085.jpg

やはり目に付くのは黄色い花です。
また栗の殻も幾つか落ちているのに気がつきました。
中身は動物が食べてしまったのか入っておりません。
IMG_5098.jpg

こちらは花が散りかけで真ん中に紺色の実が出来ています。
IMG_5102.jpg

下向きに釣鐘状で斑点がある花が咲いていました。
何の花かは分かりませんがグミの花に似ている気がしますが
時期的にもあっているのかは不明です。
IMG_5103.jpg

これは花が咲いたのか散り掛けか分かりませんが
とっても細い状態となっています。
IMG_5112.jpg

最後はやはりきいろの花です。
きいろの色は虫に良く見えるのか
里山を歩いているとよく目にします。
IMG_5113.jpg

都会のショーウインドウで人間がデコレーションした
メルヘンの世界もいいですが
里山に咲く黄色い可憐な花を見て歩くのも良いのではないでしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

水仙の花のいろいろ

春は水仙の季節でウォキングをしていると
道端に咲いている水仙を見かける事があります。

最初の花はちょっと小さく細めの花です。
IMG_2165.jpg

次のも小さな花です名前はニホンズイセンかもしれませんが
真ん中の部分が白いタイプのお花です。
IMG_2176.jpg

ここからは大型の花になりますが
全体的に白っぽい感じのお花です。
IMG_2187.jpg

全体的に黄色の色が付け加えられた感じがします。
IMG_2201.jpg

真ん中の部分の黄色が濃くなって来ています。
IMG_2202.jpg

こちらは周りの部分からも含めて更に黄色っぽい花びらです。
IMG_2205.jpg

全体的に黄色で真ん中の部分が大きくヒラヒラとなっています。
IMG_2203.jpg

いままでは黄色を中心に段階的に見てきましたが
こちらの花は周りが白で、真ん中が濃いオレンジ色となっています。
IMG_2190.jpg

道端を見ながら歩いていると
いろんな種類の水仙を見つける事が出来ました。

こんなにたくさんの水仙の種類があるのは
自然とこうなったのか、それとも人工的に
品種改良の結果なのかはわかりません。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

ヘチマ

畑を何気なく見ていたのですが
ヘチマが生っているのを発見しました。

ヘチマは蔓性の植物で上からぶら下がるように実が生っています。
母親に聞くと知り合いの方から苗をもらったとの事です。
化粧水も高いので作ってみることにしたそうです。
IMG_1219.jpg

小さな葉っぱの上にたくさんのつぼみが見えています。
つぼみ全部が実をつけると同じ場所から
いっぱいヘチマが出来ることになりますが
その様にはなっていません。
IMG_1221.jpg

ヘチマの花がこれから咲くところです。
IMG_1223.jpg

ヘチマの花は一見かぼちゃと同じ感じの花を咲かせます。
実を見ないと区別できない感じです。
IMG_1216.jpg

花が散るとその後に小さなヘチマが出来ています。
IMG_1217.jpg

ヘチマはつる性の植物なので上に伸びるときに
ひげ状のもので他の木とかに巻きついて
落ちないようにしています。
IMG_1222.jpg

大きなヘチマの葉っぱです。
光合成をすることで立派なヘチマを作るのでしょう。
IMG_1224.jpg

昔はヘチマから体を洗うたわしを作ったり
茎を切ってヘチマ水をとって化粧水にしたりしたのでしょうが
現代ではあまり見かけなくなりました。

自然にこだわっている人の中にはヘチマを利用している人も
おられるような気がしますが少数派ではないでしょうか。
昔の人の知恵を活用した素朴な暮らしも良いのではないでしょうか。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

緑のカーテン

久しぶりに家内の実家にお邪魔しました。

居間の外には家庭菜園と言うべきか
プランターに野菜を植えていてそれが
緑のカーテンになっています。

こちらはカボチャの花のつぼみです。
IMG_4195.jpg

カボチャの花は濃い黄色と言うかカボチャ色と言うか
大きな花が咲きます。
IMG_4198.jpg

花が枯れると小さなカボチャの実が出来ているのが見えます。
IMG_4196.jpg

そして時間が経つと縦じまが入った
よく見るカボチャの実に成ってゆきます。
IMG_4197.jpg

プランターからカボチャのつるが上に伸びています。
路地で栽培する時はつるは横に伸びますが
ここでは上に伸ばしています。
IMG_4199.jpg

ベランダの先にカボチャの緑のカーテンが出来ていて
夏の日差しを遮ってくれています。
その上に収穫物もあるので一石二鳥です。
IMG_4201.jpg

緑のカーテンはカボチャだけではなく
プチトマトもあるみたいです。
IMG_4203.jpg

こちらも黄色い花ですがカボチャと違い
小さな可憐な花となっています。
わが家も以前は緑のカーテンをしていましたが
虫がついたりするので今は止めています。



posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

たまねぎの収穫

今年もたまねぎの収穫の季節がやってきました。

私の役割は母親が作っているたまねぎを
軽トラで持って帰るだけで詳しい栽培方法はわかりません。
IMG_4096.jpg

田んぼに取りに行くとすでにたまねぎは
抜かれた状態で並べられていました。
細い根がいっぱいあるのでこれを鎌でカットして
上側の緑の部分も半分ぐらいにして持って帰ります。
IMG_4097.jpg

たまねぎの横にはジャガイモが植えられています。
昨年はジャガイモの花が咲いていたと思うのですが
今年は花には気がつきませんでした。
その代わり虫に気がついたので写真に収めました。
IMG_4101.jpg

何故かハエもいます。
IMG_4105.jpg

こちらはバッタです。
写真を撮っているとぴょんと飛び跳ねてどこかに行ってしまいました。
IMG_4106.jpg

たまねぎを軽トラに積んで家の近くにある畑に持ち帰ります。
IMG_4109.jpg

持ち帰ってたまねぎは日が当たるように並べて
しばらく乾燥させます。
IMG_4112.jpg

乾燥が終わると日陰に移して吊り下げておき
必要な時に家に持ち帰って使うことになるのですが
たまねぎはいろいろな料理に使うのでとても助かります。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

花とそれに集まる虫

神戸の中華街の近くを散策していたのですが
小さな白い花が咲いているのを見つけましたので
写真に収めることにしました。

たくさんの花糸(かし)が上に向って延びていて
その先に葯(やく)がついているのが見えます。
IMG_3673.jpg

こちらは家の庭の花に毎年あつまってくるバッタです。
とても小さなバッタですが決まってこの花のところで見かけます。
IMG_3676.jpg

黄色のバンジーには生まれたてのカマキリが乗っているのが見えます。
カマキリは緑色が主と思っていましたがこちらは褐色型です。
とても小さいので可愛いですが肉食です。
IMG_3678.jpg

こちらは山のなかで見つけた小さな白い花です。
中華街の近くで見つけたものとよく似ていますが少し違います。
IMG_3679.jpg

白い花にコガネムシが蜜を吸いにやってきています。
IMG_3827.jpg

おなじ花にカミキリムシもやってきています。
きれいな色のカミキリムシです。
IMG_3832.jpg

こちらは咲く前のつぼみの状態です。
一箇所からたくさんのつぼみが延びていて
ニラの花のつぼみに似た感じがします。
IMG_3838.jpg

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

農道沿いで見つけた草花

田んぼの間にある農道沿いで見つけた
草花を写真に収めました。

IMG_3459.jpg

いつもながら草花の名前はわかりませんが
こちらは新芽が出たところで中心は濃い赤となっています。
IMG_3461.jpg

梅の花が咲いた後は梅干が出来ています。
小粒ながら立派な梅が生っています。
IMG_3469.jpg

足下を見ると紫の小さな花が咲いています。
IMG_3479.jpg

こちらは水色の小さな花がぶどうの房の様に
鈴なり状態となっています。
IMG_3483.jpg

ニラの花に似た小さな花も見つかりました。
IMG_3486.jpg

こちらはタンポポです。
タンポポといっても種類もいろいろあるのでしょうから
詳しい方がみると本当の名前もわかるのでしょうが
わたしには全部タンポポとなってしまいます。
IMG_3488.jpg

小さな草花に近づいてマクロ撮影するのは
ウォーキング中の楽しみのひとつとなっています。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

菜の花が咲く季節

「菜の花のじゅうたんが敷かれる頃に〜♪」
という歌がありましたが、春は菜の花の季節です。

川沿いで黄色い菜の花を発見しました。
IMG_3243.jpg

春の花には結構黄色い花があります。
その中でも菜の花の黄色は印象に残ります。
IMG_3245.jpg

こちらは菜の花のつぼみです。
何故かつぼみの先端は紫色になっています。
IMG_3246.jpg

菜の花と言っても同じ花の形をしているのではなく
この写真は今までのとは別の場所で撮影したもので
花びらが丸く分離した感じになっています。
IMG_3306.jpg

花びらは4枚で川の土手なのバックは川面となっています。
IMG_3309.jpg

菜の花の黄色とバックは菜の花の緑の葉っぱです。
黄色は結構きつい色だと思いますが
緑の葉っぱと一緒に写すと柔らかい感じに見えます。
IMG_3311.jpg

川によっては土手だけではなくて
川の中に土が溜まっている部分に菜の花が咲いていて
川全体が黄色になっている所もありますがこの辺はそうでもありません。
IMG_3313.jpg

畑の野菜も収穫しないでそのままにしておくと
春になると菜の花を咲かせます。

花が咲くと実がついて種が出来るので
子孫を残すことにつながります。
その為には虫から良く見えるようにする必要があるのだと思いますが、
虫に良く見えるのが黄色と言うことでしょうか。

撮影した写真を良く見ると花びらに虫がついていることがわかります。
虫がつくとはよい意味ではあまり使われませんが
子孫を残すためには悪い虫では困りますが
虫がつく必要があるのだと思います。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

さくらの季節

今年もさくらの花が咲く季節がやってきました。

桜のつぼみは冬の間にすでに出来ているのですが
4月が来るのをじっと待っていて
時期が来たら一斉に花を咲かせます。
IMG_3253.jpg

川沿いを自転車で走っていたら桜の花が咲いているのに
気がついて停まって写真を撮る事にしました。

ここは焼却炉が桜の木のそばにあるので
煙突も一緒に写真を撮ったのですが
逆光で撮ったので夕方に見えるかもしれませんが朝です。
IMG_3254.jpg

この写真は運動公園の近くで撮りました。
花びらがピンク色になっています。
IMG_3292.jpg

こちらは割りと白い花びらの桜です。
品種が違うのか土壌の関係か理由はわかりません。
IMG_3294.jpg

この時期にはこれから咲こうとしている桜のつぼみも見ることが出来ます。
つぼみの場合、花が丸まっているので、花の色がいっそう濃く見えます。
IMG_3295.jpg

桜の花が一斉に咲くのは新しい生活が始まる時期です。
また、冬から春に季節が変わるので、なんとなくワクワクする気持ちになります。
IMG_3304.jpg

私も勤めている会社で新しい所に異動となりましたので
一から出直しで仕事を覚える必要があります。

同じ仕事を続けるのは楽かもしれませんがマンネリになってしまいます。
新しい仕事をすることでマンネリ感はなく退屈することはありません。
私の場合は結構会社の中で異動している方かもしれません。

でも、異動で仕事が強制的に変わる生活は会社に勤めている間だけです。
定年になると外的要因で自分の生活が変わることはありません。

早く、会社から離れても毎日することがあって、収入も確保でき、
死ぬまで現役でいられる様な体制を築きたいと思うのですが、
思うだけで実行はなかなか進まないものです。

40歳を越えると何もかにもスピードが落ちるのかもしれませんが
自分の尻を自分で叩く事が必要なのでしょう。
IMG_3314.jpg

桜の木は毎年くり返して花を咲かせますが
退屈する事はないのでしょうか。

人間は繰り返しだと刺激がなくて退屈してしまうので
新しい刺激を求めて意識的に動き回る必要がありそうです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

冬枯れの風景の中に

今は春ですが、冬に散歩していると
冬枯れの風景に出会います。

こちらは何かの木の実が乾燥した状態となっています。IMG_2748.jpg

柿の実も熟してその後地面に落下するのでしょうが
落ちずに枝についたまま乾燥しています。
IMG_2758.jpg

クリの実は乾燥した感じではありませんが
イガイガが茶色になって二股の所に挟まっています。
IMG_2759.jpg

こちらは花だったものがドライフラワーみたいに
乾燥して本来の色を失って寒空の下に突っ立っています。
IMG_2768.jpg

服に良く引っ付いたりする植物の種子も
何かが触ってくれるのを待っている状態です。
IMG_2769.jpg

どれもかしこも元々の色をとっくに失い
枯れた色合いとなって冬枯れの風景を形作っています。

そんな中にも良く見ると春に向って
新しい活動を開始しているところを垣間見る事があります。
枯れた葉っぱの横に新しい花のつぼみが出来ています。
IMG_2749.jpg

こちらも花のつぼみが咲く準備をして春を待っています。
IMG_2756.jpg

いつまでも冬の時代が続くわけではありません。
冬が終われば春が来ることを植物は良く知っていて
ちゃんと春に花を咲かせる準備を冬の間にしているのです。

厳しい現実がありますが、そんな時こそ次に来る春に
花を咲かせるために準備を怠りなく実施する事が大事ではないでしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

姫路市立自然観察の森

久しぶりに自然観察の森にやってきました。

ここは桜山貯水池の周りにある里山を
姫路市が野鳥とか植物を観察できる様に
公園にしている公共の施設です。

貯水池の周りを歩けるように散策できる道があり
歩いたのですが落ち葉がたくさん落ちています。
IMG_2510.jpg

歩いてゆくと里山の上の方へ上る道が出てきました。
急な上り坂ですので丸太の階段が整備されています。
IMG_2513.jpg

桜山貯水池にはカモがシベリア、サハリン、カムチャッカ
などから越冬のために飛来してきます。
以前は1000羽ちかく来たそうですが
最近は200〜300羽に減っているそうです。

飛来するカモにはヨシガモなど5種類のカモが見れると看板が立ててあります。
IMG_2517.jpg

川とかでカモを見かけてもカモである事は分かりますが
その種類の違いは素人では分かりません。
双眼鏡などを準備すれば分かるのかもしれません。

貯水池の周りには兵庫県立子供の館があります。
有名な建築家である安藤忠雄さんの作品です。
IMG_2518.jpg

遊歩道の途中にある看板の一部です。
野鳥とかカモの絵のほかに鹿も描かれています。
最近はこの鹿の数が増えて農作物に影響が出て問題となっています。
IMG_2519.jpg

こちらは工作室です。
簡単な木工細工をつくることができます。
小さなお子様を連れてくると楽しめるのではないでしょうか。
IMG_2520.jpg

遊歩道も最後になりますが、星の子館に続く道です。
朝に遊歩道をとおって散歩されている方とすれ違う事がよくあります。
みなさま健康維持のために歩く事を心がけておられるようですが
自然の中を歩くのは健康的で良いのではないでしょうか。
IMG_2524.jpg

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

冬に咲く花と実

冬に咲く花は少ないと思いますが
それでも幾つかの花は冬に花を咲かせます。

これは家の庭に咲いている花です。
花の中心には黄色い雄しべが、真ん中には雌しべが見えます。
IMG_2273.jpg

冬なので虫はいないと思っていたのですが
蜂が蜜を吸いに来ていました。
花が咲くと言うことは実をつける為と思いますので
受粉のためには虫が必要であり冬でも虫がいるのですね。
IMG_2264.jpg

こちらは花ではありませんが南天の実です。
冬はどうしても明るい色は少なくなりますが
南天のみは真っ赤できれいので生け花にも使われます。
IMG_2267.jpg

ナンテンは南天と書きますが「難転」難を転じることから
日本では縁起が良い木として、家の庭とか鬼門に
植えられることがあります。でもどちらかと言うと
鳥がタネを運んできて勝手に生えている気もします。

こちらも真っ赤は実をつけています。
IMG_2269.jpg

白い花をつけていた百日紅(さるすべり)の木も
冬になり実をつけています。
IMG_2274.jpg

百日紅の実は熟すると先が割れて中から翼のついた
タネが出て来るそうですが、もうそろそろの感じになっています。

こちらは何かの花のつぼみです。
ちかじか花を咲かせるのでしょう。
IMG_2279.jpg

家に古くからあるさざんかの木にも花のつぼみが出来ています。
かなり古い木なのでちょっと弱っている部分もありますが
いつまでも花を咲かせて欲しい物です。
IMG_2280.jpg

冬は花が少ない時期ですので、赤い花とか赤い木の実
を見かけるととても印象に残ります。
赤い花とか実に雪が積もればさらに鮮やかに見えます。

この冬は雪が多いそうですが、私の住む地域ではまだ雪が
積もる事はありませんので、赤い実に雪が積もる風景は
今年はまだお目に掛かっていません。

残念な気もしますが大雪の地域の方のことを考えると
雪下ろしもしなくて済むのでありがたいことです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 素朴な暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする