2015年02月24日

広島を新幹線で後にする

夕食会の後は会場から歩きで広島の駅に移動します。

毎回このパターンですが以前大阪のOさんと
広島駅方面に移動するときに歩きで言うと
ちょっとびっくりされたことを思い出します。

私にとってはそんなに遠い感じもしませんし
アルコールが入ったあと歩いて移動すると
酔い覚ましにもなって良いと思っています。

そんな事を思いながら歩いていると広島駅に到着したので
みどりの窓口で新幹線の切符を購入して
駅のホームに入りました。
IMG_0903.jpg

広島の駅にはマツダのスポーツカーが展示されています。
以前来た時も展示されていたので
常設の展示場所になっているのでしょう。
IMG_0904.jpg

新幹線のホームで列車が到着するのを待ちます。
IMG_0905.jpg

今回の広島訪問で気になっていたことは
定年後の生活をどのようにされているかという事でした。

サラリーマンの場合は会社を定年で
退職すると翌日から朝起きてから
出掛ける場所がなくなります。

広島のYさんも最近定年となられています。
今回の訪問では色々とすることがあって
お忙しいようで流石と感心しました。

あとは大阪のMさんはちょっと早めに
定年を迎えられましたが
最近お目に掛かっておりません。

旅行ではエコノミーではなかったので
それなりの資産はお持ちと思いますが
勉強好きと聞いていましたが
最近はどのようにお過ごしなのでしょうか。

そんなこと思いながら新幹線で
帰路につきました。
IMG_0909.jpg

今までの道もそうでしたが
これからも初めての道ですので
どうなるのか先生の本と先輩諸氏の背中を見ながら
歩んでゆきたいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

広島の勉強会に参加

広島市立現代美術館を後にして
本日のメインイベントとなる
広島での勉強会の会場に移動することにしました。

途中で川沿いの散歩道で
紅葉がとっても綺麗でしたので
写真に収めました。
IMG_0866.jpg

ちょうど同じタイミングで
写真撮影されている方がおられて
風景の一部に入ったのですが
いい感じに仕上がっています。
IMG_0865.jpg

会場はいつもの場所なのですが
毎回何故か道に迷う感じで
今回も最後はダッシュで
会場に到着することになりました。
IMG_0869.jpg

汗を拭き拭きケーキセットをお願いしました。
IMG_0868.jpg

会場では参加者のメンバーの皆様より
報告することにしているので
私も最近のセミナーなどでの情報をまとめて
報告することにしました。
IMG_0867.jpg

会合が終わって外に出ると暗くなっており
電飾が点灯してきれいになっています。
IMG_0871.jpg

さらに進むと三角錐のツリーにも
電飾が施してありきれいな状態で
皆さん写真を撮っておられました。
IMG_0875.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

海外の口座情報監視

1月19日の日経新聞の第一面に
国税局が富裕層の相続税の申告漏れを防ぐために
海外の口座情報を監視すると書いています。

新聞によると海外にある財産の相続税の申告漏れは
13年〜14年にかけての1年間で
その前より6倍強の163億円と急増しているようです。

また、14年から5000万円を超す
資産を海外に持っている人は
税務署への申告を義務づけているそうです。

そして17年末時点で日本人が海外に持つ
貯金、証券、保険などの金融口座の情報を
連携する海外の税務当局から18年の9月までに集めるようです。
そしてその後はオンラインで
情報を受け取れるようにするとのことです。

この記事を読むと香港とかシンガポールなどで
海外の銀行に口座を持っていて
しかもその金額が5000万円以上の場合は
財務署への申告が必要なのですが
どれ位の人がちゃんと申告しているのか気になります。
現に申告していない人が多いようで相続時に問題となっているのでしょう。

でも現在でもどのようにして相続時に
海外の金融資産の額を調べているのか気になります。
国内の銀行から海外の銀行に送金でもしていたら
わかるでしょうがそうでないとわからない気もします。

しかも少しの金額をわからないように海外に移動し
そのお金を株なので大きく増やしたような人の場合は
調査しようもないと思いますがどうしてわかるのでしょうか。

この点は記事によると今までも海外からの入金情報は
国税局に提供されていた様ですので
海外から送金した場合は口座情報はバレていたのでしょう。

どちらにしても、これからは海外の銀行といえども
国内の銀行と同じく国税局が金額を把握することになるので
わざわざ海外にお金を持ってゆく必要もない時代と
なるのかもしれません。

お金持ちの方はご用心ください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

展望 2015 ジム・ロジャーズ

昨日は昔のシム・ロジャーズさんの
コメントを紹介しましたが
今日は最近の記事を紹介します。

「2014年と2015年の違いはと言うと
 これまで世界の中央銀行は歴史的な規模で
 マネーを供給していたが遅くとも2016年には収縮を始める。

 流動性が収縮するとインドネシアとかトルコなどの
 新興国の金融市場からお金が逃げ始めている。

 中国については成長が鈍化してきており
 過剰な不動産開発などの問題も出てきているが
 これらの問題も上手く乗り越えるのではと見ている。

 中国政府は公害対策、ヘルスケア、農業、鉄道などに
 資金を投じるので私もこれらの株を持っている。

 ロシアについては原油安を機に通貨ルーブルが急落した。
 しかし巨額の外貨準備を蓄えており、対外支払い能力は高い。
 原油安も長続きするとは見ていない。
 ロシアは2015年は屈指の投資対象になる。

 日本については、2015年2016年は楽観的に見ている。
 日本株は持っているし買い足す予定である。
 だが、長期的にはかなり悲観的である。

 債権が膨らみ、人口が減り、通貨の価値が落ちてゆく。
 大惨事ではないか。 
 私が仮に20歳以下の日本人なら国を出てゆくだろう。」

この記事を投資の情報とするなら皆さんはどこに着目しますか。
私は中国の投資先と日本のここ1〜2年の投資をどうするかの
参考としたいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

冒険投資家のジムロジャーズ氏 アジアから見た世界

この年末に机の周りを整理していたら
約2年半前の日経新聞が出てきて
ジムロジャーズ氏の記事がありました。

ジムロジャーズ氏は二回
世界一周旅行の冒険旅行に出かけていますが
一回目はバイクで二回目は改造した
ベンツでの冒険旅行です。

そんなジムロジャーズ氏はアメリカから
住居をシンガポールに移して
近くのミャンマーに出掛けているそうです。

この当時投資先として注目していたのは
ミャンマーで中国も欧州に比べると
それなりに評価できるとしています。

一方BRICSの一つである
インドについては一生で一国だけ訪れる事が出来る国を
選ぶ場合はインドを選ぶが
投資やビジネスで利益を上げる国ではないと
コメントしてます。

そんなジムロジャーズ氏が投資先として
これから成長する分野としては
商品投資を上げていて、なかでも農業としています。

この辺りは邱先生と同じで
世界の人口、中でも中国の人口が
増加している現在、農作物が不足するので
成長分野と思われているのかもしれません。

中国で農業分野というと超大現代農業が出てきますが
売買停止状態が続いていますがどうなっているのでしょうか。
それと亨泰消費品集団有限公司もありますが
株価は低迷に低迷をつづけていて
いつになれば戻ってくるのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

You Tubeで稼ぐ人々

ネットで稼ぐ方法としては
アフィリエイトというのがあります。

しかし最近の動きとしては
You Tubeに動画を投稿して
そこの広告収入で暮らす人が出てきているそうです。

私が目にした記事ではアメリカの若干19歳の人で
年収5000万円得ている人がいるそうです。
その人はファッションとかアクセサリー、
化粧品などを購入してそれについて自分の感想を
動画で述べるやり方を取っているようです。

雑誌では日本でのトップ30というのを
紹介してあるのですが
そのうちの8割は一般方が投稿した動画となっています。

中身を見てみるとトップ30の中には
6つがゲーム関連で
ゲームの実況を動画にとって投稿しています。
やはりゲームは関心が高いようです。

あとはお料理関連が4つ入っています。
お料理は毎日作る必要があるので
このジャンルは主婦の方には人気があるのでしょう。
それと音楽関連が6つです。

自分から世の中に発信する事が出来る
情報とかネタがある人には
ネットを使った仕事というのは
元手をあまりかけずに稼ぐことが出来るので
とりあえずやってみるのもいいかもしれません。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

BYD(Build Your Dreams)

中国の電気自動車の会社に
BYDという会社があります。

この会社はウォーレンバフェットさんが
投資したことで有名になった会社で
当時、株価が急騰したことがありました。

最近目にした雑誌の記事にそのBYDが
アメリカでEVのバスを生産する
というのが目に留まりました。

生産する場所はロサンゼルス郊外の
ランカスターでという場所で
中国の会社がアメリカでEVを生産するのは
BYDが初めてとの事です。

アメリカでの納入実績としては
わずか30台しかないそうですが
公共機関への納入実績を手掛かりにして
順次タクシー会社向けのEV販売も
始めているそうです。

しかし中国でのBYDの株価は
その後徐々にさがったのですが
最近の2年ほどは上昇基調にあったのですが
ここのところ急落しています。

その理由は中国でEVバスの試験をやっていたが
採算性に問題があるということが判明した
という事のようです。

株価が急落した時がねらい目との意見もありますが
過去の売り上げとか利益の推移を見ていると
購入するのはどうかと思ってしまいます。

ニュースをみると王主席が自社株買いをしていると
伝えていますが如何なものでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

一時払い終身保険はうまいやり方?

毎年110万円の贈与契約書をつくる以外に
節税の良いやり方がないかというと
一時払い終身保険というのがあるそうです。

このやり方は相続財産を減らす方法で
500万円×法定相続人の数分までの
生命保険金は控除されるという
非課税枠を利用する方法です。

もし法定相続人が奥さんと
子供二人で合計3名の場合は
1500万円は相続財産から
控除する事が出来るのです。

一般の生命保険はある程度の年齢に達すると
入れなかったり金額が高くなったりしますが
この一時払い終身保険は
年齢や健康状態に関係なく入れるもので
死亡時が満期となる定期預金のようなものと言えます。

この一時払い終身保険を
利用することで
相続する財産を減らすことが出来るので
節税になるという仕組みの様です。

これは利用しない手はないので
これから相続を考えられる方は
一度調査して見られてはいかがでしょうか。

そういう私も一度詳細を確認してみたいと思いますが、
小金持ちでもない私はそんな必要はない気もしますが
何事も興味を持って取り組みたいと思っております。

P.S.
ちょっと調べるとリスクもあるようですので
慎重にご検討ください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

妻のへそくりは誰の資産?

もうひとつ面白いと思った事例を
ここに紹介しておきたいと思います。

多くの家庭では奥様が
旦那さんが稼いできたお金を管理して
財産管理をしているケースが多いと思います。

なぜ日本の家庭ではこのような
仕組みになっているのかよくわからないのですが
旦那さんという人種は家庭内での
お金の動きとかいくらあるのか知らないし
興味もないのでしょうか。

ご主人が自分の家庭の財産を把握していないとなると
奥さんが財産を管理して
ご主人とか自分の名義で貯金していると思います。

その一部は奥さんのへそくりとして
旦那さんが知らない口座で管理されていて
それが相続時に問題となるケースがあるようです。

奥さんは以前より自分の口座で管理しており
自分の口座にあるお金は
自分の持ち物と思っているのですが
税務署から見ると働きに出ていない奥さんの場合は
現在奥さんの口座にあるお金は
ご主人が稼いだものであり相続税の対象となるのです。

つまりへそくりは稼いだ人の財産とみなされるので
それを奥さんの財産としておくには
生前から長い時間を掛けるとともに
財産贈与契約書を作って少しずつ贈与しておく
必要があるということです。

中・小金持ちの皆様は財産贈与契約を
奥様とか子供さんと結んでおくのが
良いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

禁断の節税術

相続税の本を何冊か読んでいて
面白いと思ったのが
今回紹介する禁断の節税術です。

お話は5億円ほどの資産を持っていた方が
実際に行った節税方法で
そのやり方としては2年くらいかけて
自分の銀行口座よりお金を引き出して
家の庭に穴を掘って5億円を埋めるというやり方です。

この方は現金で子供にお金を残せば
税務署は気が付かないと思われた様で
銀行からお金を下ろしては
ビニール袋に包んで庭に埋めて
子供には自分が死んでもすぐには掘り出さず
ある程度の年数が経過した後掘り出すように
伝えて亡くなったそうです。

しかし税務署の係員は生前の収入もわかっているし
銀行などの通帳のお金の動きも全部調べる事が出来るので
相続される資産が少ないことに気がついて
家の中をくまなく探すことにして
探し出して30分もしないうちに
庭に埋めてあった現金5億円を探し出したそうです。

結果としては2億円の相続税を支払わさせられた上に
相続税法違反の罪で起訴されて有罪判決をうける
結果になったとの事です。

この実例を読んで相続税を安くするために
違法な事をやったとしても
国税局のベテラン査察官に掛かれば
すぐにトリックを見破られて
税金として取られるということですので
真っ当なやり方で相続税対策をする
必要があることがわかります。

お金持ちの皆様は変な事を考えないで
お金を使ってしまうか
納税義務を果たすのが良いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

高層タワーマンションでの相続税対策の落とし穴

一見よさそうな高層タワーマンションによる
相続税対策ですが別の本では
都市伝説であると注意喚起をしています。

それというのも税務署がタワーマンションによる
相続税対策を見抜いていて
「租税回避行為」とみなすことがあり
評価額を市場価格にするからの様です。

本で取り上げていた実例では
小さな会社を経営していた方が
タワーマンションによる相続税対策の話を聞いて
3億円の高層マンションを購入した、
そして購入後割と早い時期に亡くなってしまいました。

その後遺族の方が相続税の申告をされたのですが
その時のタワーマンションの評価額は
5000万円と予定通りの圧縮率で
相続税は掛からなかった様です。

しかし、そのタワーマンションを
売却したところ税務署から電話が入り
以前の相続税の申告に対して
お尋ねしたいことがあるとのことで
調査官が家に来られてタワーマンションの
購入は相続税対策のために購入されたので
3億円の評価で計算しなおしが必要となり
裁判もされたようですが結局は
相続税を3000万円と15%の
過少申告課税の450万円も払う羽目になったとの事です。

このタワーマンションによる
節税という手法は最近になって
開発されたものではないようで
昔からあるやり方との事です。

タワーマンションを売りたい方の
宣伝方法の一つとなっている可能性もあり
この手法によるトラブルも結構多いと書かれていましたので
お金持ちの方は充分ご注意ください。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

高層タワーマンション投資

相続税の本を読んでいると
高層タワーマンション投資の話が出てきます。

その理由は次の3つとなっています。
1.相続税の評価が売買価格に対して低く見積もられる。
 つまり「圧縮率」が高い。
2.賃貸に出した時に需要が多く安定した収入が得られる。
3.将来の値下がりが少なく売却もしやすい。

ここで圧縮率の話しが最初に出てきていますが
東京では7〜8割程度となるようで
資産の評価額は購入価格の2〜3割となり
相続時に有利になるとの事です。

次に需要ですが高層タワーマンションは
東京でも人気の場所に多く設置しているみたいで
高所得層の自宅や幹部社員用の社宅として
根強い人気があると書かれています。

そして高層タワーマンションは
購入後の値下がり率が低く
場合によっては値上がりもあり
他の物件に比べて有利となってます。

高層タワーマンション投資は
たくさん資産を持たれている方の
相続税対策として注目されているようですが
私が読んだ本です1憶とか3億以上の資産を
相続する場合に有効と書いてありました。

書かれた方がその分野で商売されている方ですので
どこまでが本当かわかりませんが
高層タワーマンション投資が最近では
話題になっていることはたしかの様です。

邱先生は不動産も年を取ると
書かれていましたので
売買がすぐにできない実物の不動産よりも
不動産株の方が安心かもしれませんが
その場合は相続税対策にはならないかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

結婚・育児も贈与非課税

相続税の本をいくつか年末に購入して
読んでいたのですが12月28日の
朝日新聞に気になる記事が出てましたので
紹介したいと思います。

自民党の税制調査会は27日に
結婚や子育ての資金として、
親とか祖父母がまとまってお金を渡しても
子や孫一人につき1000万円までは
贈与税がかからないようにするそうです。

今までの制度としては学校の授業料などの
教育費は1500万円までは非課税というのがありましたが
こでは時限立法だったんですがこれを延長するそうです。

また住宅についても非課税枠は1000万円となっていますが
これを延長し2015年は最大1500万円に
2016年の1〜9月は1200万円
10月以降は3000万円に拡充する方向となっています。

現在の教育費の場合は
信託銀行に口座を開きそこに祖父母などが
1500万円までを一括入金しておき
子や孫が領収書を提出して教育費として
認められるとお金を引き出すことが出来るそうです。

それを今後結婚とか妊娠・出産・育児などに
拡大する様です。

ここで詳細は分かりませんが
贈与税としては110万円許されていますが
それはお金を受け取る側での合計金額となっているので
これらのお話もおなじかもしれませんが
詳細は新聞には触れていません。

自民党はお金を使ってもらおうと
色々と考えていることがわかりますが
将来がわからない年配者にはお金を渡してしまうのは
ちょっと抵抗がある制度となっている気がします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2015年1月1日から相続税が変わります

いよいよ2014年も最後の日となりました。

本屋さんをうろついていると来年から変わる相続税の本が
たくさんあることに気が付いたので
いくつかの本を購入して帰ることにしました。

パラパラと本をめくっていったのですが
へ〜そうだったのと思う点がいくつかあったので
年の終わりに書き出してみたいと思います。

1.相続税の変更点
 ・税制改正前:基礎控除(5000万円)
        +法定相続人の数×(1000万円)
 ・税制改正後:基礎控除(3000万円)
        +法定相続人の数×(600万円)

 例えば配属者と子供二人の場合の控除額は
 以下のように3200万円もしきい値が下がります。
  税制改正前:8000万円(5000万円+3×1000万円)
  税制改正後:4800万円(3000万円+3×600万円)

2.相続と贈与の違い
 ・相続:亡くなった時に財産をタダであげること。
 ・贈与:生きている時に財産をタダであげること。

 タダであげると言っても条件があって
 税金がかかる場合があるのです。

3.贈与で気を付ける点
 ・子供の名義の通帳を作ってそこにお金を振り込んでも、
  贈与を受ける側の人間に通帳、印鑑、ATMカードなどを
  渡しておかないと贈与とならない。(いわゆる名義預金となる)
  つまりもらった側が自由にお金を使える状態である必要がある。

  子供が大きくなった時に今まで少しずつ振り込んだ金額を
  通帳、印鑑など共に子供に渡すとその時が贈与した時とみなされる。

 ・無税となる額は110万円/年まで。
 ・年とは1月1日〜12月31日の期間。

 ・110万円とはもらう側で合計する必要がある。
  たとえば両親からそれぞれ110万円もらったら
  貰った側で合計すると220万円となり
  110万円を超えた金額に税金がかかる。

  そうなると税金を払わないでおこうとすると
  子供が自分以外からどれだけお金をもらっているか
  把握しておく必要が出てきます。

・ここまで読んでくると大金持ちの方は
 大変だと思われるかもしれませんが
 配偶者は16000万円までは無税となるそうです。

相続するお金の心配より自分が死ぬまでの
お金があるか心配する方が先ですが
相続も贈与も知らないことだらけで
もう少し勉強が必要と感じているところです。

今年一年もお付き合いいただきありがとうございました
来年もよろしくお願いいたします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

Jさんのセミナーで出た質問

Jさんのセミナーではお話を聞いた後に
質問できる時間を取られています。

セミナーに参加している人々は
結局はここで話を聞いて
儲けたいと言う事ですので
かなり積極的な質問が出されました。

昨日も紹介しましたが
粉飾しやすい会社を見分ける方法についても
質問が出ましたが、見分けることが
かなり難しいとの事です。
出来る事といえば噂が出た時点で
株を売ってしまう事のようです。

また社長が株の半分とかたくさん
保有している会社とか
夫婦で経営している会社は
要注意の会社となるようです。

ハンタイについても現状について質問が出ました。
この会社の農場をJさんは訪問されたようですが
案内された農場は山の上にあり
水はどこから来るのか疑問を持たれたそうです。

また樹木はありましたが
植えたばかりの苗木で高さも低く
収穫するにはあと十年は掛かるのではないかとの
印象を持ったとの事です。

その後の株価ですが一時上がりましたが
現在は急落の状況です。
迅速な行動が必要だったと反省しているところです。

セミナーを受けての感想ですが
話しに出て来た銘柄が高い確率で
株価が上昇するわけでもありません。

やはり自分の投資方針を中心にして
セミナーで聞いた話を少し参考にして
やってゆくことが必要と感じましたが
皆様の投資方針はいかがでしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

Jさんのセミナーで面白かったこと

昨日は銘柄の話を少ししましたが
本日はセミナーの中で面白かった
お話を紹介したいと思います。

その内容ですが中国株を購入するにあたって
注意するべき内容となっています。

第一は決算発表が予定通り実施されない銘柄です。
そのような銘柄は取引停止になる可能性があるとの事です。

第二はCFOとか監査法人が一年以内に辞退した会社です。
このような現象がなぜ起こるかというと
CFOとか監査法人が辞めると言う事は
会社が何らかの粉飾決算を行っているケースが多いからで
そのような事態を発見するとすぐに会社を辞めるようです。

なぜそのような行動をとるかというと
不正に気が付くとすぐにやめないと
CFOとか監査法人として今後やっていけないことになり
将来の仕事をなくすことになるからだそうです。

そういえば私の保有している農業銘柄にも
このようなことが当てはまる気がします。

三番目としては業績が同業他社より
抜きんでてよい会社は
配当金を出していたとしても要注意で
この場合も粉飾決算の可能性があります。

会社は配当金を出すことで投資家をだまして
投資させて儲けるつもりのようです。

粉飾決算をしているかどうかを
見分ける方法があるかというと
それはなかなかむつかしいようです。

たとえば中国金属再生という会社があり
中国の時流に乗った会社と評価されており
会社を訪問しても問題ないと判断される
人が多かったのですが
まんまとだまされる結果になっています。

この会社については売買停止になる
その前日まで各種大手投資会社も
推奨していたのでプロでもわからなかった
と言う事ですので素人がわかるはずもありません。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

Jさんのセミナーに参加

今回の東京訪問の理由はJさんのセミナーを
受講するためでしたがブログに載せるのに
だいぶん時間が経ってしまいました。

Jさんとは5〜6年前にお目に掛かって以来です。
今回久しぶりにそのご尊顔を拝することとなりましたが
当時とは全く変わらない感じでお元気でした。

セミナーへの参加者は台風の影響もあり
9名と少人数でした。
知っている人がおられるかと思いましたが
おひとり考察団でご一緒した方が来られていました。

セミナーの内容は直通車に関する内容で
10年に一度のチャンスと言われていましたが
今年の4月に発表されA株とH株の価格差がある分は
その後だいぶん上がりましたが
最初のおいしいところはすでに終わっている感じです。

セミナーでは第二ラウンドとしてカジノ関連を
紹介されましたが現在までの株価は下降傾向となっています。
また、大型指数株、GEM中小株も上昇傾向とはなっていません。

いろんな銘柄の紹介がありましたが
いまそれらの株価を確認すると
製薬会社の株価が全体的に上がっているようです。

具体的な銘柄を上げると東瑞製薬(2348)
中国生物製薬(1177)四環医薬(0460)
先鋒医薬(1345)などです。

そういえばルオシンファマー(8058)が
中間期が1割減益とのニュースがあり
株価は下がるかと思いきやなぜか最高値を更新しています。

Jさんはセミナーのなかでいろんな銘柄を
紹介されてそのなかで先鋒医薬を
特にお薦めでしたが今のところあたっておりますが
それ以外についてはもくろみ通りの動きとはなっておりません。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

シキボウホールのセミナーに参加A

中国に関してのセミナーの後は10分間の休憩を挟んで
つぎに日本についてのお話がありました。

Tさんは中国についてのセミナーのイメージが強かったのですが
今回は日本についてのお話が後半に予定されていました。
中国は長年にわたり急激な成長を遂げてきたのですが
ここ1年〜2年を考えると日本が良いと言われています。

その理由としては中国は金融引き締めに走り
日本は金融緩和となっているためです。
また日本がアメリカ寄りの金融緩和を行えば
日本株が上昇するためとのことです。

日経平均をみると現在は15000円くらいとなっていますが
年末には16000円から17000円くらいには
なっているのではと予想されています。

具体的な銘柄についても言及されていて
この辺はHさんのセミナーとの大きな違いとなっていますが
そのまま信じてよいかどうかは思案が必要です。

ここでは具体的な名前を差し控えますが
大型株で無難に行くには携帯電話の会社とか
最近の高級路線で最高益を上げている
車メーカーなどを取り上げておられます。

円安のメリットで行くと車用の小型モーターを
高いシェアで生産している会社。
自転車とか釣りの道具で有名な会社などの紹介がありました。

後は中期的に期待できる銘柄
短期勝負の銘柄なども具体的にお話しされましたが
購入に当たっては四季報を購入して確認すること
企業のHPで決算短信などを見てから
納得の上購入する必要があると言われていました。

これから少し株価は下がり
11月ごろより上がってくるのではと予想されていますので
下がったところで何を購入するかよく考える必要があります。

邱先生のHPを見ると業績は良いが
株価が下がっている会社の株を買うのが良いと書かれています。
良い銘柄の株を株価が下がっているときに
勇気を出して買うことが大事なのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

シキボウホールのセミナーに参加

大阪で久しぶりにTさんのセミナーに参加しました。

以前参加したのはかなり前の事だったと思います。
その時は広島のYさんも参加されていて
セミナーの後に食事に行った記憶があります。

今回は中国と日本の両方についてのお話でしたので
簡単に内容を整理しておきたいと考えます。

<中国>
習近平は江沢民派として国家主席となったが
年齢的に4年後も政権に残れるので
江沢民の影響をなくそうと画策しているそうです。

中国では銀行株が緩やかに戻ってきており
割安な状態となっている。

中国には四大銀行というのがあり
最王手は工商銀行1398でそれ以外には
建設銀行939、農業銀行1288、中国銀行3988があります。

Tさんの投資するかどうかの判断基準としては
絶対につぶれないような企業のPERが5%を切っている、
利回りが10%以上になってきた場合と言われていました。

その判断基準からすると中国の銀行は
少しずつ購入してゆけばよいのではないかとのことでした。

あとは個別銘柄についてお話がありました。

主だった内容はとしては勝利管道01080は
ロシアから中国へ30年間ガスを供給することが決まったので
2015年から業績が回復する可能性がある。

四環医薬00460は心臓と脳の薬を作っていて
新薬を5つ開発中らしく社長は自信を持っているので
2016年に市場に出て評価されると業績が上がる可能性がある。

ルオシン08058は第一四半期の業績が思ったほどではなくて
一時大きく値下がりしたが現在は戻している。
今年も10%位の成長があるのではないか。

東江環保00895は銅を回収して販売している会社で
エリアの拡大をしてきている。
社員にストックオプションを与えているので
これからも社員ががんばり伸びるのではないかと予想。

この会社は立派な自社ビルを持っている。
実物の資産を持っているので安心感がある。
中国金属再生という会社は実物の資産がなくダマされたと言われています。

不動産関連では中国海外発展688と
万科企業の2社は大丈夫ではとのコメントでしたが
株価は軟調の感じがしていますが大丈夫でしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

HSBC New Security Device

香港から何やら郵便が届きました。

封筒の外観からは差出人が誰かわからないようになっています。
IMG_7484.jpg

封筒の表面に張り付けてある緑色の紙の
内容の欄を確認するとSecurity Deviceの
文字が見えるのでHSBCからの封筒と推測できます。
IMG_7485.jpg

封筒を開けて中身を確認すると緩衝材の
プチプチに包まれた化粧箱が出て来たのですが
ここにははっきりとHSBCの文字が見えます。
IMG_7486.jpg

化粧箱を開けてみると中からは
セキュリティーデバイスが出てきましたが
一見すると現状のものと同じ感じに見えます。
IMG_7487.jpg

表面を覆っている保護シートを外してみましたが
やはり違いがわかりません。
IMG_7488.jpg

「海外投資を楽しむ会」のホームページから
「海外銀行・証券口座の最新情報」のコーナーにある
「新デバイスが届いたら、発送日翌日から20日以内に登録が必要です」の
やり方に従ってアクティベーションを実施しました。

手順に従って行えば問題なく手続きを完了させることが出来ました。
それにしても現状のデバイスと新しいデバイスはよく似ています。
IMG_7490.jpg

現物を並べて写真を撮って見ましたが
電源ボタンが少し違うかな〜
といった感じですが使いたかがちょっと違っていました。

セキュリティーレベルを上げてゆかないと
何かと心配な時代となってきていることが
HSBCの対応をみているとわかってくる気がします。

海外投資を楽しむ会のHPに載っている記事:
http://www.alt-invest.com/offshore/hsbc/2014/04/post_29.html
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 自由人を目指して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする