2019年12月06日

楽友協会でモーツァルトコンサート鑑賞(ウィーン)

ウィーンの二日目の夜は楽友協会で
モーツァルトコンサートを鑑賞することになっています。

ホテルを19:30に出発して楽友協会へバスで移動します。
IMG_0845.jpg

入場チケットを貰いました。
値段は85ユーロと結構なお値段となっています。
日本ではなかなかこんなお金を出してクラシックコンサートに
出かけることはありませんが観光なので許している感じです。
IMG_0854.jpg

モーツァルトのショプもあります。
IMG_0855.jpg

コンサート会場に入るにはチェックがあって
上着を着ていると脱いで預けるように指示が出て入れてもらえません。
私も入れてもらえなかったのでいったん戻って
上着を小さなバッグに押し込んで何とか入ることが出来ました。
IMG_0858.jpg

会場は豪華絢爛な内装で観客席もかなりの数で
今夜のコンサートでいくらの売り上げになるのか
なかなかいい商売と思いました。
IMG_0862.jpg

天井も豪華絢爛です。
IMG_0863.jpg

いよいよ楽団の皆さんが出てこられました。
IMG_0866.jpg

演奏中は撮影禁止ですので写真はありません。
通常のコンサートは知りませんが
観光客向けという事だと思いますが
飽きさせないような工夫をされていました。

コンサートは20時から22時くらいまでの
2時間ほどだったと思います。
外に出るとすっかり真っ暗となっています。
IMG_0872.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

ウィーンの街を散策後ホテルへ(ウィーン)

ミュラーバイスルで夕食を戴いた後は
ウィーンの街を散策することにしました。

こちらは宝飾店ですがこちらが本拠地だったか
家内がお土産にアクセサリーを探しました。
IMG_0818.jpg

伝統ある建物です。
IMG_0822.jpg

伝統ある街角にいきなりモダンな自転車があります。
IMG_0825.jpg

自転車を借りるための物のようです。
IMG_0826.jpg

ウィーンのバス。
IMG_0827.jpg

昨晩とおなじく路面電車の切符を買うために
地下街にはいると演奏されている方がおられました。
IMG_0832.jpg

71番の路線でホテルへ戻りました。
IMG_0839.jpg

切符は2.4ユーロです。
IMG_0833.jpg

夕方からコンサートに出かけるので
集合時間に間に合うようにホテルへ戻りました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

シュテファン寺院を見学(ウィーン)

ウィーンの旧市街をコールマルクト通りから
グラーベン通りと進んできたのですが
交差点の斜め左側にシュテファン寺院が見えてきました。

寺院の隣には大きな看板がある建物があって
新旧混合のウィーンを見ることが出来ます。
IMG_0774.jpg

シュテファン寺院は1147年にロマネスク教会として建てられたもので
14世紀にルドルフ4世の命によりゴシック様式の大教会になりました。
ミサがあれば入れませんが、そうでなければ無料で入ることができます。
IMG_0776.jpg

教会の中はさすがに天井が高くなっています。
IMG_0779.jpg

たくさんのロウソクが並んでいます。
IMG_0785.jpg

祭壇の前には多くの人がおられます。
IMG_0788.jpg

建物の外に出たのですが
外壁にいろんな形のものがあります。
もしかして誰かのお墓でしょうか。
それにしても形がバラバラです。
IMG_0791.jpg

パトカーで2台並んでいます。
IMG_0794.jpg

車はフォルクスワーゲン製で白、赤、青の色です。
ヨーロッパはこの配色なのでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

旧市街地をお散歩(ウィーン)

ホーフブルク宮殿の見学をした後は
旧市街のお散歩をすることにしました。

歩いて割とすぐのところに「デメル」があります。
ここはザッハーとハートルテで争いをしたお店で
皇帝夫婦も通ったと伝えられる菓子店です。
IMG_0756.jpg

とりあえず中に入ってみましたが
ケーキのショーケースを見ただけで退散しました。
IMG_0755.jpg

次は先ほどランチを戴いたお店ですが
1階部分と2階の一部は高級お土産物屋さんとなっています。
IMG_0759.jpg

イートイン用でしょうか食べものも売っています。
IMG_0761.jpg

ここでウィーンのお土産を購入することにしました。
有名なモーツアルトのチョコレートを購入しました。
それともう一つ有名なコーヒーも購入しました。
IMG_0764.jpg

旧市街地には「ペスト記念柱」があります。
ペストは1670年代に大流行したのですが
流行が終焉したのを記念して作ったものだそうです。
IMG_0766.jpg

こちらは有名かどうかは不明ですが
像があって下の部分からは水が出ています。
IMG_0772.jpg

旧王宮から「コールマルタト通り」→「グラーベン通り」と
歩いてきたことになりますが、この辺りはウィーンの旧市街地の
メインストリートとなっていて華やかな感じです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

ホーフブルク宮殿を見学(ウィーン)

マインル・アム・グラーベンでランチを戴き
大満足した後は近くにある旧王宮(ホーブルク宮殿)を
見学する予定にしていましたのでそちらに向かいました。

歩いていくと旧王宮が見えてきました。
IMG_0684.jpg

手前には古い遺構があり古代ローマ遺跡とのことです。
また、観光馬車も待機していて観光地らしい雰囲気です。
IMG_0695.jpg

ホーフブルク宮殿の入場券は日本で予約済みで
2次元バーコード付きのチケットを印刷して持参していました。
費用は二人で30ユーロです。
オーディオガイド付きだったのですが出払っていて
借りることが出来ず案内の紙を戴いて見学に向かいました。
IMG_0702.jpg

最初は銀器コレクションの部屋です。
当時の食器類がたくさん展示してあります。
IMG_0708.jpg

IMG_0710.jpg

IMG_0715.jpg

IMG_0726.jpg

IMG_0729.jpg

IMG_0735.jpg

さすがに豪華絢爛な食器となっています。
こちらの展示品は1918年にハプスブルク王朝が崩壊したのち
1923年から一般公開されたとのことです。

オーディオガイドが戻ってきていたので
日本語にセットしてもらいシシイミュージアムの見学に向かいました。
残念ながらここから先は写真撮影不可なので写真はありません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

ベルヴェデーレ宮殿を見学(ウィーン)

この日の二つ目の観光はベルヴェデーレ宮殿です。
場所はホテルから割と近い場所です。

入場にはリックサック以外の荷物一つだけが許可されます。
写真はほとんどがOKですが駄目なものは印が付いています。
IMG_0551.jpg

IMG_0555.jpg

雨模様でしたが入り口の手前で折りたたんで
建物の中に入りました。
IMG_0562.jpg

ここは宮殿ですがたくさんの絵画があります。
最初はクリムトの絵があります。
こちらは「フリッツァ・リードラーの肖像」という名前です。
IMG_0567.jpg

この絵は有名な「接吻」という名前です。
女性側が丸い模様で、男性側が長方形の模様となっています。
これは男女のシンボルを表しているとの解説でした。
IMG_0570.jpg

窓から見た宮殿のお庭部分です。
西洋のお庭ですので左右対称に見えています。
IMG_0586.jpg

窓越しに階段室を眺めたところです。
IMG_0593.jpg

こちらは皇帝が亡くなった時のものと思われます。
IMG_0595.jpg

IMG_0597.jpg

IMG_0599.jpg

エゴンシーレの絵もあります。
はじめて聞いた名前ですが人気がある画家さんだそうです。
IMG_0609.jpg

IMG_0611.jpg

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

シェーンブルン宮殿を観光(ウィーン)

この日はシェーンブルン宮殿を早朝に見学するという事で
ホテルを7:30に出発しました。

ウィーンの中心部からは少し離れたウィーン市の西の端にある
シェーンブルン宮殿には8:00頃の到着です。
こちらはハプスブルク家の夏の離宮となっていて
本宅は街の中心部にあるホーフブルク王宮です。
IMG_0479.jpg

この日はあいにくの小雨模様で肌寒い感じです。
最高気温は11℃の天気予報となっています。
先週は30℃位あったそうなので寒暖の差が激しくなっています。

この時期はマロニエの花が咲く時期なので
花粉症の方にはつらい時期となっています。
IMG_0484.jpg

宮殿は世界文化遺産となっておりユネスコが決めた決め事があり
宮殿内にはリュックは持って入れません。
荷物は一つだけが許可されています。

長い傘はダメなので折りたたみ傘はOKですがたたむ必要があります。
お部屋の中は飲食禁止です。
長い棒は禁止で自撮り棒はダメです。

予約しておいた時間に予約しておいた人数でないと
入れませんので注意が必要です。

それと宮殿内は撮影禁止なので写真はありません。
今回はマリアテレジアが夏季の住まいとしていた
「ベルグルの間」も見ることが出来ました。

宮殿内を見た後は建物の裏手に回ってお庭を見ることにしました。
IMG_0494.jpg

IMG_0496.jpg

この時は芝刈りをされていました。
IMG_0497.jpg

周囲には樹木が沢山あるのですが
綺麗に刈り込みをされています。
IMG_0505.jpg

大きな樹木もあるのですが
下の部分が揃えてあってきれいです。
IMG_0508.jpg

日本ではあまり見ませんが
大きな樹木も揃えて剪定されています。
IMG_0513.jpg

この辺りはとっても西洋的な感じです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ウィーンの夜景を見たあと路面電車でホテルへ帰る(ウィーン)

夕食後はウィーンの街の夜景を見ることとなりました。

レストランから近いところにあるのがシュテファン寺院です。
夜ですが観光客か地元の人かわかりませんが
寺院の周辺には結構な人出となっています。
IMG_0380.jpg

屋外のテーブル席です。
さすがにお客さんは少なくなっています。
IMG_0382.jpg

ザッハートルテを堪能した後は路面電車乗り場に向かいました。
IMG_0425.jpg

国立オペラ座ですが結構な大きさとなっています。
壁には大型スクリーンが設置されています。
IMG_0426.jpg

これは路面電車乗り場の近くにあったと思いますが
ホットドックなどを売っているお店です。
IMG_0433.jpg

路面電車の切符はエスカレーターで地下に降りたところで購入しました。
IMG_0438.jpg

ホテルへの路面電車は国立オペラ座の向かいにある
乗り場から乗り込みますが、路線番号がある標識の下で待ちます。
IMG_0441.jpg

ホテル方面に向かう路面電車が来たら乗り込みます。
IMG_0430.jpg

電車に乗り込んだら忘れずに切符を機械に突っ込みます。
IMG_0442.jpg

電車内はこんな感じです。
IMG_0444.jpg

切符売り場をどの様にして見つけたのか、
ガイドさんに聞いたのか忘れましたが
家内とやり取りしながら切符を手に入れ
無事にホテルにたどり着くことが出来ました。
時間は11時前となっていました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

食事の前にウィーンの街を散策(ウィーン)

ウィーンのホテルにチェックインした後は
食事に出かけるのですがその前にバスで
街をぐるりと回ることになりました。

ウィーンの街の観光地は道路が周りを囲んでいる感じです。
IMG_0293.jpg

IMG_0295.jpg

しかもドナウ河も接していて割と大きな船も接岸しています。
IMG_0297.jpg

ドナウ河は緩やかにうねっていることがわかります。
IMG_0301.jpg

バスは観光地を回った後はレストランがある
シュテファン寺院の方へ進んでいきました。
IMG_0306.jpg

途中の道が狭いので警察官の方の助けも借りながら
進んだり後退したりとちょっと大変なことになりました。

バスを降りた後は徒歩で移動となりましたが
この時は工事個所があって重機類が置かれていましたが
日本のものとはかなり見た目が違います。
IMG_0331.jpg

シュテファン寺院の近くでは馬車を見かけました。
IMG_0337.jpg

さすがにヨーロッパの観光地となると
馬車が似合う感じです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

ウィーンのお宿はトレンドホテル サボイエン(ウィーン)

スロベキアのブラスラバ観光を終えた後は
バスでオーストラリアのウィーンに移動となりました。
時間としては1時間半ほどで68kmくらいの距離です。

ホテルの場所は中心街より少し離れていて
ベルヴェデーレ宮殿の近くにあります。
IMG_0248.jpg

ホテルの前の道はこんな感じで路面電車が通っています。
IMG_0249.jpg

入口を入ると吹き抜けのホールとなっています。
IMG_0255.jpg

チェックイン後に部屋に入りました。
綺麗な部屋となっています。
IMG_0258.jpg

IMG_0259.jpg

IMG_0270.jpg

ホテルの真ん中には緑地があります。
IMG_0267.jpg

ホテルの緑地なので綺麗に手入れされているかと言えば
どちらかと言えばそうでもない感じです。
自然の手入れには手間暇が掛かるので管理が大変なのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

ブラチスラバ城(スロバキア)

ブラチスラバの旧市街を観光した後は
ブラチスラバ城に向かいました。

バスで移動となりましたが8分ほどでお城の入口に到着しました。
IMG_0197.jpg

お城の看板でしょうか壁に取り付けてあります。
IMG_0200.jpg

緩やかな石畳を上ってゆきます。
IMG_0201.jpg

ブラチスラバ城が見えてきました。
IMG_0203.jpg

お城の門が見えてきました。
IMG_0205.jpg

門を入ると広場があります。
剣を天に向けた騎馬像が中央部分にあります。
お城の中の中庭には入りましたが
建物の中には時間がなく入りませんでした。
IMG_0206.jpg

お城は小高い丘の上にあるので
眼下にドナウ河を見ることができます。
IMG_0209.jpg

橋の上にあるUFOみたいなのは展望台です。
中にはバーとかレストランがあると聞きました。
IMG_0211.jpg

ドナウ河の川幅は結構広くて
ゆったりとした流れになっています。
IMG_0219.jpg
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

ブラチスラバのお土産(スロベキア)

ブラチスラバの市内観光をガイドさんに連れられて
徒歩で見て回ったのですが途中にお土産屋さんに立ち寄りました。

窓ガラス越しですが馬蹄形のものはクッキーです。
IMG_0140.jpg

こちらは人形のようです。
なぜか猫の人形がたくさん並んでいます。
IMG_0145.jpg

スロベキアのガイドさんです。
日本語ですがちょっと変なので聞き取りにくかったです。
IMG_0166.jpg

自由時間が30分あったのでお土産屋さんに入りました。
IMG_0168.jpg

蜜蝋を使用したろうそくがあります。
IMG_0144.jpg

IMG_0163.jpg

こちらは確かハチミツワインだったと思います。
IMG_0162.jpg

ハチミツも売っています。
たくさんの瓶が並んでいますがここでは試食が可能で
スティックを突っ込んで舐めて味見が出来ます。
IMG_0165.jpg

ハチミツが特産品みたいで
森林が多くあってミツバチをたくさん飼っているのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ブラチスラバの市内観光(スロバキア)

昼食でマスの料理を戴いたあとは
ブラチスラバの市内観光に出発しました。

現地ガイドさんが合流して徒歩で
見て回ることになりました。

こちらは龍の噴水となっていて
冬場は水が止めてあるそうです。
IMG_0112.jpg

ガイドさんからはいろいろと説明を受けましたが
写真と説明がどれがどれかわかりません。
IMG_0122.jpg

IMG_0129.jpg

IMG_0136.jpg

こちらはミハエル門です。
ブラチスラバの旧市街地に入る4つの門の一つです。
IMG_0146.jpg

こちらの広場には日本大使館があります。
IMG_0156.jpg

この日は日曜日だったので
残念ながら日本大使館は閉まっていました。
IMG_0157.jpg

小さな穴があったので中を覗いてみました。
IMG_0158.jpg

日本を代表して海外に赴任されている
大使の方々は大変な仕事と思います。
でも、案外優雅な暮らしなのかもしれませんが
本当のところは一般市民には伺い知ることはできません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

ブラチスラバの乗り物とマンホールおじさん(スロバキア)

昼食を戴いた後はブラチスラバの市内観光に出かけました。

出発はちょっとした広場からだったのですが
路面電車とかバスなどが停車していて
古い形のものが多くあっていい味わいを出しています。
IMG_0087.jpg

IMG_0089.jpg

IMG_0090.jpg

こちらは街中で見かけたものです。
馬車かと思いましたが自動車でタクシーでしょうか。
IMG_0104.jpg

家族連れが自転車に乗っていますが
固定された自転車で昔の形のものです。
IMG_0123.jpg

街角のマンホールからおじさんが上半身を乗り出していて
行き交う人を下から見上げている感じです。
IMG_0101.jpg

このモニュメント?は有名みたいで
観光客の皆さんが集まって写真撮影されています。
IMG_0097.jpg

道路標識もマンホールおじさんに注意があります。
IMG_0096.jpg

日本では見られないユーモアのあるモニュメントです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

ブダペストからブラチスラバへの移動途中で休憩

この日はブダペストのホテルを8:20に出発して
スロベキアのブラチスラバへ移動の日です。

移動はバスで約3時間で距離は215kmの結構な距離を移動します。
途中に風力発電の風車をたくさん見かけました。
この辺りは風が強くて風力発電に適しているのかもしれません。
IMG_9951.jpg

移動の途中でトイレ休憩が入りました。
ガソリンスタンドに付属したサービスエリアの感じです。
IMG_9976.jpg

トイレの前は大渋滞でお金を入れてこの機械を通過します。
外国ではお金を必要とするトイレがあって日本との違いを感じます。
IMG_9983.jpg

トイレの後は店内を見て回りました。
食事をすることもできます。
IMG_9984.jpg

パンも売っていますし飲み物もあります。
なぜかワインなども売っています。
こちらはケーキのようです。
IMG_9998.jpg

ストローが刺さっていてジュースでしょうか。
IMG_9999.jpg

食料品以外には車に使うのか
スコップなどの道具も売っています。
IMG_9994.jpg

冬とかで雪が降るとこのような道具が
必要となるのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

ブダペスト西駅(ブダペスト)

世界一美しいと言われるマクドナルドの内部を見学した後は
隣にある西駅に向かうことにしました。

こちらは西駅を道路を挟んだ向かい側から撮影した写真です。
IMG_9905.jpg

この駅はパリのエッフェル塔を設計した人が
設計したらしくさすがに西洋の建物だけあって
左右対称のつくりとなっています。

駅は道路の交差点のところにあって
交差点は地下を経由して移動できるみたいです。
IMG_9908.jpg

道路を渡って駅の中に入ってみました。
IMG_9896.jpg

外から見ると結構立派な感じでしたが
中に入ると屋根があるだけで何か倉庫みたいで
ちょっと殺風景な感じを受けます。

列車の出発と到着を表しているようですが
一時間に結構な本数が予定されています。
IMG_9897.jpg

列車が停車していますが
一番後ろのところは開いたままで
このまま走るのでしょうか。
IMG_9898.jpg

切符の自動販売機みたいですが
本当のところは分かりません。
ターミナル駅で結構な人が乗り降りすると思いますが
その割にしては数が少ないです。
IMG_9899.jpg

入り口方面を振り返るとお店が3軒あります。
よくわかりませんがパン屋さん、ピザ屋さん
雑誌とか新聞などを売っているのでしょうか。
IMG_9902.jpg

外観の華やかさに比べて内情はちょっと質素な感じで
これがブダペストの実情を表しているのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

路面電車でマクドナルドを目指す(ブダペスト)

ブダペストで2回目の朝を迎えました。
朝の6時なのですが朝食までの時間を利用して
マクドナルドを目指すことにしました。

路面電車の駅はホテルの近くにあります。
駅名は「Blaha Lujza tér M」だったと思います。
最初にチケットを購入します。
IMG_9877.jpg

チケットは地下鉄のとに感じのものです。
IMG_9878.jpg

路面電車が来たので乗り込みました。
日曜日の早朝なのですが乗客はおられます。
IMG_9880.jpg

路面電車は地下鉄と違って社内にチケットを
差し込む機械が付いています。
IMG_9882.jpg

チケットを突っ込むと刻印がされます。
IMG_9879.jpg

マクドナルドがあるのは
「Nyugati pályaudvar M」という駅だったと思います。
ホテルの前の駅からは4つ目です。
IMG_9884.jpg

ホテルの前の駅からは6分ほどで到着しました。
路面電車ですが近代的なものです。
IMG_9886.jpg

ブダペストは古い町でしょうが
新しい電車が走っていて新旧混合となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

ドナウ河チャータークルーズ(ブダペスト)

ブダペストの観光としての目玉は何といっても
ドナウ河のナイトクルーズではないでしょうか。

ナイトクルーズは21:00〜22:00の
約一時間となっています。
川沿いにはたくさんの船着場があります。
IMG_9821.jpg

船に乗って川を南下してゆきます。
最初の橋を通過します。
IMG_9826.jpg

すると左手に昼間に訪れた国会議事堂が見えてきました。
ライトアップされてとってもきれいです。
IMG_9827.jpg

右手には王宮の丘の建物がライトアップされています。
IMG_9831.jpg

二つ目の橋はくさり橋です。
IMG_9833.jpg

IMG_9834.jpg

三つめはエリザベート橋です。
IMG_9853.jpg

四つ目は自由橋となっています。
IMG_9842.jpg

ここで船はUターンして北上しました。
左手に王宮の丘が見えていきました。
IMG_9854.jpg

再び国会議事堂ですが今度は結構近くを航行しました。
IMG_9865.jpg

ブダペストの訪問は4月27日でしたが
夜のクルーズは結構寒かったです。
ウインドブレーカーを着てしのぐことになりました。

私たちが観光した時は問題ありませんが
帰国後にテレビを見ていると韓国の方がクルーズしたときは
天候が荒れ模様で死者が出たとのことで
私たちはきれいな景色を見ることが出来て運が良かったです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

西洋美術館(ブダペスト)

カフェ・ジェルボーで一服した後は
地下鉄に乗って西洋美術館に向かうことにしました。

地下鉄に乗るには切符を購入する必要があるのですが
英語に切り替えてもなかなかうまくいかず
クレジットカードを入れて買うところもあったり
なかなか大変な思いをすることになりました。

切符を買った後は機械に入れて
昔の日本では人が切符を切っていましたが
同様に切符を切ってもらいます。
地下鉄に乗っていると係の人が確認に来ますので注意が必要です。

朝方に観光した英雄広場に面したところに
西洋美術館があります。
IMG_9688.jpg

中に入って切符を購入しました。
写真撮影にもお金が必要かと思いましたが
ビデオ撮影だけだとわかりました。
それと、リュックなどはロッカーに預ける必要がありました。
IMG_9768.jpg

こちらはベラスケスの作品と思います。
スペインで見たマルガリータ王女でしょう。
IMG_9691.jpg

後は気になった物を紹介します。
IMG_9715.jpg

IMG_9716.jpg

IMG_9717.jpg

IMG_9728.jpg

IMG_9740.jpg

IMG_9751.jpg

IMG_9753.jpg

滞在可能時間が1時間程度でしたので
急いで館内を見て回ることになってしまいました。

日本語ガイドもないので本当に見て回るだけです。
せっかくなのでゆっくり見たかったのですが
ツアー旅行では仕方ないのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

国会議事堂内部のツアーに参加(ブダペスト)

国会議事堂のフランス語のツアーは14:00スタートで
値段は一人6400フォリントとなっています。
日本円では2300円くらいでしょうか。

フランス語のツアーですので何を言っているか
分かるわけがありませんが
参加者について国会議事堂内を移動することにしました。
すると、ステンドグラスが見えてきました。
IMG_9578.jpg

しばらく進むと大階段の間に到着しました。
赤いじゅうたんが敷かれており内部は豪華絢爛な感じで
ツアーの参加者はここで記念撮影されていました。
IMG_9583.jpg

次の間は王冠の置かれているところで
ここだけは写真撮影は禁止となっています。
王冠の周りには警備兵が立っていて王冠を守っています。
IMG_9591.jpg

こちらの間はシャンデリアがとってもきれいです。
その下は座ることが出来るように丸いソファーとなっています。
IMG_9597.jpgIMG_9596.jpg

いよいよ国会が開かれる会議場です。
IMG_9606.jpg

見学者がいっぱいで順番を待って会議場をのぞき込みました。
階段の間と同じく金ぴかで豪華絢爛です。
IMG_9610.jpg

IMG_9611.jpg

ハンガリーの首相はだれで、どのような政治をしているのか
国の産業は観光以外に何があるか知らないのですが
こんな豪華絢爛な場所で落ち着いて政治が出来るのか気になります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする