2021年04月10日

尾道からの帰路につく

尾道で夕食をいただいたので
あとは帰路につくだけとなりました。

ラーメン屋さんから商店街のアーケードを歩いて
尾道の駅に戻ってきました。
IMG_0378.jpg

駅でお土産などを物色することにしました。
食べ物が無難と思います。
IMG_0379.jpg

あとは帰りの列車の中で飲む
ドリンクを調達しようとコンビニも覗きました。
IMG_0380.jpg

尾道から福山までは在来線での移動となります。
ホームも夕暮れ時が近く赤く色づいています。
IMG_0383.jpg

尾道を出発した電車は
向島に渡るための橋の下をくぐりました。
ここがしまなみ海道最初の橋でしょう。
IMG_0385.jpg

福山で新幹線のこだまに乗り換えです。
IMG_0386.jpg

座席についたところで
ドリンクを戴くことにしました。
IMG_0389.jpg

昼間からアルコールを飲むのが好きな方もおられますが
私の場合は日が暮れてから飲むのが
落ち着いてよい気がしますが飲まなくても問題ありません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

尾道から向島をフェリーで往復

坂道を降りてくると向島に渡るための
フェリーが港に泊まっているのに気が付きました。

IMG_0336.jpg

ここの乗り場は福本渡船のもので
向島の一番北の端に到着します。
IMG_0337.jpg

フェリーはすぐに向島に到着しました。
船は折り返しで尾道に向かいます。
港には大林宣彦監督の「ふたり」ロケ地の看板が出ています。
IMG_0345.jpg

向島についたのですが湾の奥から船が出てきました。
尾道とのフェリーは2箇所あるみたいです。
IMG_0346.jpg

湾の奥に歩いてゆくと渡船乗り場がありました。
自転車がたくさん置いてあるので
通勤とか通学で尾道に渡った方の物でしょう。
IMG_0348.jpg

この渡船は尾道駅前方面に向かう路線です。
結構な人数の方が乗り込まれます。
IMG_0351.jpg

今回宿泊したホテルが見えてきました。
IMG_0358.jpg

フェリーからは地元の人に交じって
サイクリングでしまなみ海道を走られた方も交じっています。
IMG_0360.jpg

サイクリングが人気であることが分かりますが
上りがサイクリングの場合きついので大変と思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

下山は西側のルートから

山頂への上りは千光寺を目指して
千光寺通を上って来たのですが
下りは西側のルートを通ることにしました。

展望台のところで「はっさくソフト」
300円を購入して食べることにしました。
向こうに見えているのは黄金の母子像です。
IMG_0294.jpg

季節的に「かわづざくら」が咲いている時期でした。
IMG_0300.jpg

小学生が考えた俳句が書かれたボンボリがありました。
なるほどと言う感じです。
IMG_0306.jpg

下りの途中に尾道市立美術館があります。
IMG_0315.jpg

入口には大きな猫の像があります。
尾道にはやはり猫がお似合いなのでしょう。
IMG_0312.jpg

遠くに見えているのは「かおり館」です。
ちょうど工芸展をやっていました。
IMG_0316.jpg

西側のルートは尾道駅の方へ降りてゆくルートです。
途中でお城みたいな建物の解体現場の横を通りました。

千光寺通とちがってあまり利用しないルートみたいで
すれ違う人はほんの少しでした。
IMG_0324.jpg

人が通らないルートも通ってみたいと思うのは
よく言うと好奇心旺盛、悪く言うと変わり者なのかもしれません。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

ロープウェイ下から展望台へ

千光寺には鐘楼があります。

一見すると昔話の竜宮城に出てくるみたいな建物です。
IMG_0267.jpg

千光寺から山頂を目指したのですが
尾道にはロープウェイがあって
その真下を通ることになっています。
IMG_0269.jpg

近くには有名画家の方が写生したという
場所を示したものがありましたが
恥ずかしながら有名画家の3人とも知らない方でした。
IMG_0279.jpg

山頂には展望台があります。
円柱形の建物となっています。
IMG_0281.jpg

入口付近には黄金の母子像があります。
IMG_0282.jpg

展望台に上がって尾道の風景を見ました。
IMG_0284.jpg

IMG_0286.jpg

やはり眼下に街がありその先に海と対岸が見えていて
とっても素晴らしい眺望となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

尾道の坂道を登る

尾道名物と言うと何と言っても坂道です。

あかとらで昼食をいただいた後は
JRの線路を越えて千光寺通りという坂道を
上っていくことにしました。
IMG_0238.jpg

坂の途中には家の前でお店をされていたりします。
IMG_0243.jpg

坂の途中で東側に三重の塔が見えてきました。
IMG_0245.jpg

見上げると窓に布団を干している旅館があります。
みはらし亭という2つ星のお宿の様です。
IMG_0246.jpg

だいぶん坂を上って来たので
振り返ると尾道の海が見えています。
坂道を歩いて上る必要が無いなら
こんな景色に良い場所で暮らしてみたいところです。
IMG_0251.jpg

千光寺のところには大きな岩を上る
くさりが設置されている場所があります。
若い女性の方も登っていたので
私もチャレンジしようかと思いましたが
腕力が心配だったので諦めました。
IMG_0259.jpg

千光寺のところからも
尾道の海が見えています。
IMG_0263.jpg

神戸と言い尾道と言い
海が見える場所は魅力的です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

浄土寺から西郷寺へ

浄土寺を訪問した後は
JRの線路の上側を通る道を歩いて
西に向かう事にしました。

IMG_0208.jpg

道から下を見るとJRの線路が見えています。
IMG_0209.jpg

西郷寺の看板が出てきました。
尾道は日本遺産になっているとのことです。
世界遺産はよく聞きますが日本遺産も各地にあるようです。
IMG_0211.jpg

お地蔵さんが並んでいます。
その背後にもたくさんのお地蔵さんがあります。
IMG_0212.jpg

こちらは七福神です。
どなたかが寄贈されたようです。
IMG_0214.jpg

こちらが西郷寺です。
IMG_0215.jpg

山門から境内の外に出ました。
IMG_0217.jpg

これからJRの線路をくぐって
商店街の方へ移動したいと思います。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日

転法輪山 浄土寺を訪ねる

尾道の街は海があってすぐに山になっています。
山のふもとにJRが走っているのですが
そこをくぐって階段を上がると浄土寺があります。

IMG_0194.jpg

階段の終点に浄土寺山門があります。
IMG_0195.jpg

そこで振り返るとJRの線路と
その向こう側には海が見えています。
IMG_0196.jpg

山門をくぐって進むと右手にお守りなどを
販売しているところがあります。
IMG_0200.jpg

定番ですが龍の像があって水を吐き出しています。
IMG_0201.jpg

正面にあるのは国宝の本堂と思います。
IMG_0205.jpg

右手の塔が浄土寺 多宝塔と言うようです。
IMG_0202.jpg

こちらが浄土寺 阿弥陀堂です。
IMG_0203.jpg

ブラタモリで伝書鳩を飼っていたのはこちらの建物でしょうか。
ちょっと自信がありません。この日はたくさんのハトが境内に居ました。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

尾道にあるお店散策

朝食をいただいた後は尾道の街を散策することにしました。
尾道にはいろんなお店があります。

最初はTHE RED BICYCLESと
ガラスに名前が書かれていて
ショウウインドウに赤いフレームが掛かっています。
さすがに自転車の街と思います。
IMG_0170.jpg

こちらはカフェの様です。
IMG_0171.jpg

かまぼこ屋さんもありました。
桂馬の文字がありますが
店内に入ると桂馬のかまぼこも置いてありました。
IMG_0177.jpg

甘党と珈琲の看板が出ています。
メキシコと言うカフェです。
かなりの老舗と思われます。
IMG_0179.jpg

お店の前に行列が出来ていました。
名前は「パン屋航路」となっています。
IMG_0185.jpg

こちらは最近できたと思われる
おしゃれなカフェです。
IMG_0187.jpg

角にあるこちらは老舗のカフェです。
IMG_0188.jpg

いろいろと入ってみたかったのですが
朝食の後だったので外尾から見るだけが多くなりました。
尾道のお店を巡ってみるのも面白いのではないでしょうか。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

ONOMICHI U2

尾道にある有名な施設に
ONOMICHI U2があります。

この場所は尾道の県営の倉庫だったところを
SUPPOSE DESIGN OFFICEが
設計して改修した場所です。
TVでCEOの吉田愛さんが紹介されていたことを思い出します。
IMG_0122.jpg

U2の海側ですがシート状の軒が長く出ていて
その下には広いテーブルか椅子のようなものが並んでいます。
真ん中に鉄製の物体があるのでバーベキュー用でしょうか。
IMG_0001.JPG

U2の中に入りました。
自転車が見ていますが西側はホテルとなっていて
宿泊者の自転車でしょう。
IMG_0124.jpg

IMG_0125.jpg

U2の東側にはパン屋さんとかレストランなどが
ありますがGIANTの自転車屋さんもあります。
IMG_0147.jpg

ここの自転車はレンタルできるみたいですが
結構お高い感じです。
U2の北側に出てみるとGIANTの車と看板が出ています。
IMG_0152.jpg

IMG_0150.jpg

古い倉庫をおしゃれな施設に改修されています。
さすがに現代の建築家の作品と言う感じです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

朝の尾道

昨日は夜に尾道に到着したので
ホテルの前は海と分かっていたのですが
その風景がどうなっているのか分かりませんでした。

朝起きてホテルの窓のカーテンを開けると
目の前が海となっていて見晴らしがよいです。
IMG_0113.jpg

視線を下に向けると定期船でしょうか
二隻並んで停泊しています。
IMG_0116.jpg

先の方にも別の船が停泊中です。
IMG_0117.jpg

岸壁には定期船だけではなく貨物船も停泊しています。
IMG_0120.jpg

こちらは対岸の島と往復する船の船着場と思います。
尾道らしい風景です。
IMG_0159.jpg

ホテルの西側にはレンタサイクルがあります。
IMG_0158.jpg

ビックリするほどの自転車が置かれていて
順番待ちの方が行列しています。
IMG_0119.jpg

ここで自転車を借りて
島へ渡る自転車の旅に出かけるのかもしれません。
尾道は自転車で世界に知れ渡っているのでしょう。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

尾道のホテルはGREEN HILL HOTEL

今夜のお宿は尾道の駅から
高架の歩道橋の様なところを歩いて行けます。

IMG_0077.jpg

ホテルの一部なのかテナントか分かりませんが
カフェが営業中の様です。
IMG_0078.jpg

さらに進むとホテルの入口がありました。
IMG_0079.jpg

IMG_0080.jpg

中に入るとスポーツタイプの自転車が
ズラリと壁に並んでいます。
これは宿泊客の方の物かレンタル用か
よくわかりませんが立派なものです。
IMG_0082.jpg

さすがに尾道だけの事はあります。
やはり自転車が似合う街となっています。

ホテルの部屋からは目の前の海が見えます。
IMG_0083.jpg

このホテルは珍しく
コーヒーが無料となっています。
IMG_0088.jpg

こちらのホテルは駅前にあるのでビジネス客向けか、
それとも自転車に乗りに来た方用なのか
割とリーズナブルな価格帯となっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

JR尾道駅を散策

JRの尾道駅には以前に青春18切符を使って
一時停車したことがあります。

その時の駅舎は古い平屋だった記憶がありますが
今回久しぶりに降りてみてきれいになっていて驚きました。
IMG_0072.jpg

待合だったか長椅子が丸く置かれています。
IMG_0063.jpg

二階部分に上がる階段があり
新しくできたお店の看板があったので
上ってみることにしました。
IMG_0064.jpg

駅の二階部分から見た尾道駅前の夜景です。
右手部分に今回のお宿が見えています。
IMG_0065.jpg

二階にはバーがあるようです。
入ってみようかとも思いましたが
思いとどまりました。
IMG_0068.jpg

階段を下って駅の一階に戻ることにしました。
IMG_0069.jpg

IMG_0070.jpg

下りのホームには先程乗ってきたのと
同じ感じの電車が止まっています。
駅舎だけが新しくなっていて驚きの尾道です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

西条駅から尾道駅へ

夕食をいただいた後はJR西条駅に移動しました。

IMG_0047.jpg

階段を上がって上から西条駅前を撮影しました。
左手に高いビルがあり正面にもビルがありますがホテルの様です。
酒蔵の街と思いましたが近代化も進んでいるようです。
IMG_0050.jpg

西条からは19:54発の糸崎行きに乗車したのですが
列車はとっても新しい感じでちょっと驚きました。
IMG_0052.jpg

IMG_0053.jpg

糸崎から尾道へはこちらの黄色い電車です。
IMG_0056.jpg

これまでにこの辺りで乗った電車は
この黄色い電車でしたので懐かしい感じです。
IMG_0057.jpg

列車は20:48ごろに尾道に到着です。
IMG_0061.jpg

西条から約一時間の電車の旅でした。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

広島の勉強会に参加

既に一年近く経ってしまいましたが
広島の勉強会に出席した時の紹介です。

新幹線を利用することが多くなりましたが
1週間前に申し込む必要がありますが
「おとなび」で割安で移動します。
IMG_9897.jpg

広島駅での写真です。
さすがにマツダの車が展示してありますが赤色の車です。
最近のショールームでは白が増えた気がしますが
1年前はマツダと言えば赤だったことを思い出します。
IMG_9901.jpg

なかなかいい感じの椅子が並べてあります。
今ならソーシャルディスタンスとか言うので
間隔を開けた配置になっているものと思います。
IMG_9902.jpg

広島と言えば路面電車です。
こちらは古い形ですが
手入れすれば長く現役でいられるようです。
IMG_9906.jpg

広島は三角州の上に出来た街なので
広い川が何本も街中を流れています。
IMG_9908.jpg

広島の繁華街にやって来たのですが
何やら人が並んでいます。
大売出しかと思ったのですが
この頃に広島でも新型コロナが発生して
ニュースになっていたことを思い出しました。
IMG_9909.jpg

マスクを求めてと思いますが
列は結構長く伸びています。
IMG_9910.jpg

今ではお店でマスクを見かけることが普通に戻りましたが
この時は入荷したらすぐに売り切れの状態でした。
値段もだんだんと高くなっていましたが
最近は落ち着き気味になっています。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

京都御所の猿が辻

和菓子のお土産を購入した後は
御所に戻ってきました。

御所の東北の角は鬼門にあたるので
四角ではなくてわざとへこませた造りとなっています。
IMG_9769.jpg

この場所は「猿が辻」と呼ばれる史跡で
日吉山王社の神のお使いの猿を祀っているのですが
この猿が夜な夜なぬけだしては通行人にいたずらするため
金網で封じ込めたと伝えられています。
IMG_9773.jpg

写真撮影しましたが猿はうまく写っていません。
この辺りで幕末に幕末に尊皇攘夷派の姉小路公知が
何者かに襲われた「猿が辻の変」が起こっています。

カメラが何台も取り付けられていて
厳重な警備体制が敷かれてい要る模様です。
IMG_9771.jpg

屋根の部分を見ると彫刻が施されてあって
なかなか緻密な彫り物となっています。
IMG_9774.jpg

猿が辻の横では松の剪定作業中でした。
高木になっているので大型の高所作業車が二台出動しています。
IMG_9775.jpg

御所の池の水を取り込む場所でしょうか
鴨川から引かれた水が入る場所かもしれません。
IMG_9776.jpg

御所の北にある門です。
「朔平門」でしょうか通常は使用していないみたいで
柵が前にしてあります。
IMG_9778.jpg

歩いていると消防車が来ていました。
見たこともないカラーリングとなっています。
IMG_9780.jpg

皇居警察本部の文字が見えますので
管轄は消防ではなく警察の様です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

京の生菓子 出町ふたば

下鴨神社を参拝した後は
鴨川を渡って御所に駐車場を目指しました。

鴨川を渡りましたが寒々とした感じです。
IMG_9761.jpg

しばらく歩くと何やら行列が出来ています。
IMG_9763.jpg

どうもここは有名な和菓子屋さんの様です。
店先をのぞき込むといろんな和菓子が置かれています。
こちらはプラスチックケース入りです。
IMG_9764.jpg

ヨモギ餅とか豆大福などもあります。
IMG_9765.jpg

桜餅なども置かれていてどれも美味しそうです。
IMG_9766.jpg

店先にはたくさんのお嬢さんがおられて
接客をされているのですが
大行列ですので対応が大変そうです。
IMG_9767.jpg

私たちも和菓子を購入して帰ったのですが
行列が途切れる事はありません。
IMG_9768.jpg

和菓子と洋菓子を比べると
お砂糖の量なども和菓子が少ない様で
健康のためには食べるなら和菓子が良さそうです。

この時は大行列でしたが
昨今のコロナ禍でここのお店もどうなっているのでしょうか
自粛が必要とのことですが京都にも出かけたいものです。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

御手洗社

舞殿の東側には朱色の太鼓橋と
鳥居があります。

IMG_9738.jpg

横から見ると橋の下には
当たり前ですが川が流れていて
こちらは「御手洗川」です。
IMG_9735.jpg

なかなか絵になる場所で
「橋殿」と言う川をまたいで建つ建物もあって
ここで何か儀式をしたのでしょうか。
IMG_9736.jpg

川の上流には川面に降りられるようになっていますが
このあたりは「御手洗池」と呼ぶようです。
IMG_9739.jpg

一番上流にあるのが「御手洗社」です。
IMG_9748.jpg

こちらはお清め・おはらいの社となっています。
IMG_9743.jpg

御手洗池から湧き出る水泡が
みたらし団子の形になっているので
それがみたらし団子の発祥だそうです。

ここでは何やらお祈りをされているらしい方がおられました。
IMG_9744.jpg

他にもカップルで来られていて
同じように紙をのぞき込んでおられました。御手洗社と言うのがあります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

下鴨神社に参拝する

河合神社を参拝した後は
糺の森の真ん中にある表参道をあるいて
下鴨神社を目指します。

すると朱色の鳥居が見えてきました。
IMG_9713.jpg

鳥居をくぐって左手にあるのが
「さざれ石」で君が代にも出てくるものです。
IMG_9716.jpg

看板にある説明では「さざれ石」とは小さな石と言う意味で
火山の噴火によって石灰岩が分離集積して凝固した岩石で
長野県の天然記念物になっているそうです。

この立派な門は楼門でここをくぐって
さらに奥に入ってゆきます。
IMG_9721.jpg

これは神服殿だったと思います。
IMG_9725.jpg

またまた門がありますが
「中門」でこの奥の奥に本殿があります。
IMG_9726.jpg

こちらは「言社」(ことしゃ)で干支を祀っています。
IMG_9729.jpg

本殿にお参りして出てきたところで
結婚式の一行に遭遇しました。
IMG_9732.jpg

神前の結婚式のようで
神子さんの後ろに新郎新婦が続いています。
新郎新婦は朱色の日傘で守られています。

神聖な儀式でこれからの人生が
良い方向に進むことをお祈りします。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

河合神社に参拝

ランチを戴いた後は鴨川を渡って
北東に進んで下鴨神社を目指しました。

入口のところに史跡「糺の森」の石碑があります。
「糺の森」とは何て読むのかと思うと
「ただすのもり」と読むらしくて太古の森だそうです。
IMG_9689.jpg

朱塗りの鳥居が見えてきました。
IMG_9691.jpg

下鴨神社かと思うと
ここは「河合神社」となっています。
IMG_9694.jpg

入ってゆくと舞殿みたいな建物があります。
IMG_9696.jpg

それとここには「鴨長明の方丈」が再現されています。
噂通りとっても小さな建物となっています。
IMG_9700.jpg

中を覗いてみると囲炉裏のようなものが
部屋の中央部分にあります。
ここで煮炊きをしていたのでしょうか。
IMG_9701.jpg

河合神社は女性のための神社のようで
「鏡絵馬」が販売されていて
化粧して納めるそうです。

こちらは「六社」(むつのやしろ)は
江戸時代に境内に分かれていたのを
ここにまとめられたそうで
いずれも衣食住の守護神と説明書きがありました。
IMG_9706.jpg

屋根が苔むしていて風情があります。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

京都御所の庭と梅

京都御所は天皇家が公務を行ったところであり
住居でもあった訳ですので庭も立派です。

正面には橋が見えています。
時代劇で出てくるような
中央が盛り上がっている橋です。
IMG_9589.jpg

同じ橋を別の角度から見たところです。
結構大きな橋であることが分かります。
池の端にはちょっと大きめの砂利が見えています。
IMG_9605.jpg

庭は白い砂利と松の木が植わっているところとが
明確に分かれていて手入れされていることが分かります。
IMG_9608.jpg

日本庭園ですのでやはり曲線で構成された池と
ここにも小さめの橋が架かっています。
IMG_9620.jpg

建物の前に紅梅白梅が植わっています。
IMG_9626.jpg

IMG_9627.jpg

IMG_9629.jpg

寒い時期に梅は花をつけます。
この花を見るともうすぐ春が来るなと
来る春が待ち遠しくなる花です。
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする