2013年07月12日

夢を実現する職場 セカンドライフ

定年後は何をしたいかというと
いままで自分の希望とは関係なく
会社から言われた仕事を長年続けていたが
会社を辞めた後は自分が好きなことを
仕事にしたいと思う人も多いでしょう。

自分の人生なので人がどう思おうとも
自分の好きなことをするのが一番です。

この雑誌にも長年やって来たロケットの打ち上げ
に関する仕事を綺麗さっぱりとやめて植木の散髪を
定年後の仕事としてやられているのを紹介されています。

サラリーマン時代は鹿児島のロケット発射場で働く
技師の一人で日本のロケットの最盛期に関わった方ですが
定年の3年前に植木職人を目指すことを考えて
新しい分野にチャレンジされたようです。

サラリーマン時代は都会のビルの中で働いていたのでとか
人間相手でずっと来たので定年後は自然相手の
仕事がやりたいとか思われる方も多いのでしょう。

ただ、紹介されている方は造園科に1年通って
植木職人を目指されたみたいですが
造園会社に就職をお願いしたが年齢的に無理と断られて
やむなくシルバー人材センターのお世話になられたようです。

収入は年金が320万円で植木職人の収入が40万円と
なっていて、ある程度の収入が欲しい方には
ちょっと少ないかなと思います。
やはり植木職人で再就職とかある程度の収入を得るというのは
現実的にはきびしい感じを受けました。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

経験を生かす職業 セカンドライフ

定年後の仕事としてとっつきやすいのは
やはり今までやって来た仕事の延長線ではないでしょうか。

年を取ると新しいことにはなかなかチャレンジしたくても
頭も体もついて来ないことを実感すると思いますが
今まで長年やって来た仕事というものは
体に染み付いているというか何も考えなくても
自然とどうすべきかがわかって体が付いてくると思います。

この雑誌では長年海外事業に携わってこられた方が
定年後も海外経験を生かした活動をしたいと
考えられた様で、事例として紹介されています。

海外で長く暮らしたことがある方なので
日本人はもっと海外に出て世界を知ることが必要と考えられた様す。
ご自身も海外でロングステイされたそうです。

海外生活を生かした仕事をということで
@世の中の役に立つ仕事
A国際的な仕事
B後輩が受け継いで発展する仕事
C採算があり持続可能な仕事
に当てはまるものは無いかと考えて
シニア向けの海外でのロングステイを啓蒙する
活動に取り組まれているようです。

定年後に残された時間は最後のほうは
体も頭も言うことを聞かないと思うので
20年くらいでしょうか。

その期間をいままで培った技術とか技能を経験などを生かして
人のため世のため自分のために働くことが出来れば
スムーズに定年後の生活に移行できるのではないでしょうか。

ちなみにこの方も年金が400万円で
それ以外に500万円の収入をお持ちです。
どんな収入か気になりますが、定年後も継続した収入が
あるのは本当にうらやましく思います。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

自然の中で社会貢献 セカンドライフ

本棚を整理していたら10年前の本が出てきたと
家内が1冊の雑誌を渡してくれました。

雑誌のタイトルは「セカンドライフ完全マニュアル」です。
中をめくっていくと定年後の働き方の実例が紹介されていました。

最初はNHKアナウンサーだった方が社会貢献で
森林インストラクターとして活動されている実例です。

森林インストラクターとははじめて聞く仕事ですが
社団法人が資格試験を実施していて認定する制度を取っていて
全国に1800名ほど有資格者がおられるようです。

試験の合格率は割りと低く十数パーセントしかないようで
お休みの日に猛勉強して資格を取得されたと書かれています。
そしてネイチャーゲーム指導員の資格も取られた様です。

その結果自然の中でガイドとか自然観察会の講師、
それ以外に講演依頼をうけて対応をされています。

森林の中を歩くことで体にもよいですし
ガイドすることで社会貢献もできて
生きがいにもつながっている感じがします。

収入は月に5万円程度となっていますが
厚生年金、NHK年金、私的年金などで45万円と
こちらが高額なのでほとんどボランティアみたいな感じではないでしょうか。

やはり収入が安定的に確保されていると
自分のやりたいことがあれば
心に余裕をもって取り組めるのでしょうから
先立つものをいかに確保するかが大事な気がします。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう(庭師になるには前職は忘れる)

庭師になる場合に注意することとして
前職の地位とか待遇にこだわると
うまくいかない、という事のようです。

確かに長年のサラリーマン生活で
出世をしてきた方々にとっては
急に新しい職場では一番下の地位になりますので
戸惑いを覚えることも多いと思います。

また、自分よりかなり若い人たちに
いろいろ指示されることになりますが、
それが耐えられないと思う場合が出てきます。

そんなときに前職の地位とかにこだわると
やっておられないと感じられるでしょう。

特に自分が働いていた企業で定年後の再雇用で
働くことになった場合は今まで自分の部下とか
後輩だった人から仕事を指示されるので
特にやりきれないと思われるでしょう。

しかし一旦現役を退くと昔の地位とかは
全く関係ありません。
いつまでもどこそこ企業の役職者というのは
世間では通用しないと考えるべきです。

それがわかっているつもりでも
いつまでも頭の片隅に残っていて
何かの拍子に心の中に出てくるのだと思いますが
前職の地位とかは忘れて新しい仕事に取り組む必要があります。

反対に定年後の人がたくさん集まった職場では
現役を引退した人々の力が強すぎて
その職場を管理する立場の現役世代が
大変となっているケースもあるようです。

定年後の職場と管理は大変難しい課題と思いますが
この問題はどこの企業でも避けては通れない課題で
頭を悩ませているのが現状ではないでしょうか。

niwashi.jpg
定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう [単行本] / 日本造園組合連合会 (編集); 亜...
posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう(庭師に向いている人、そうでない人)

庭師になるための条件として幾つかを
この本では挙げて紹介してあります。

最初に自然が好きかどうかです。
人間には向き不向きがあります。
人との関係が好きで営業に向いている人もいれば
機械相手の方が好きな人もおられます。
庭師になるには自然が好きである必要があります。

次に体力に自信があるかという事です。
庭師の仕事は夏は暑く冬は寒い作業環境の中で
脚立に上がって枝を剪定する必要があり
今まで事務とかデスクワークしかやっていない人の場合は
きびしい仕事になるようです。

一方、今までデスクワークだった人が
庭師の仕事に就いたことで
健康診断で引っかかっていた項目が
改善されて体調が良くなったという話もあるようです。

しかし年齢を重ねると体のあちこちに
不具合点が出てきます。
特に高血圧の方が増えますが
夏の炎天下とか冬の寒い時期は
体調管理に注意が必要となります。

仕事をする前に血圧を測って問題ないかとか、
夏の暑い日はいつもより短い間隔で
休憩を取ったり水分を取るなどの
体をいたわる自己管理が必要となるので
それを出来る必要があるのではないでしょうか。

niwashi.jpg定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう [単行本] / 日本造園組合連合会 (編集); 亜...




posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう(庭師の一日)

庭師の一日は朝早く起きることから始まります。

毎日決まった時間に起きて朝ごはんを食べます。
ご飯を食べ終わると新聞に目を通して
世の中の動きをざっと頭に入れます。

庭師が新聞を読むのは現場に出かけたときに
お客さんとお話しすることがあるのですが
ちょっとした話題が必要だからです。

7時20分ごろには軽トラで家を出発します。
現場は8時から作業開始です。
現場に着いたらお客さんに挨拶をして
樹木の様子を確認してから仕事前にちょっと一服です。

午前中は10時ごろに一度休憩を行います。
休憩時にはお客さんがお菓子とかお茶を準備してくれる場合もあります。
体を動かす仕事ですので1時間か1.5時間働くと
休憩をしないと体が持たないのです。

休憩後午前2回目の仕事をして12時になったら
お弁当を戴くことになります。
食後は13時まで昼寝の時間です。

昼寝のあとは午後の仕事が始まります。
昼からは15時に休憩を取ります。
そして夏なら5時か5時半には仕事を終えます。
仕事の終わる最後の30分くらいは現場の掃除です。

仕事が終わると軽トラに乗って家に帰ります。
家に着くのは大体6時頃になります。
仕事で汗をかいているので先に風呂に入ります。

7時ごろにはテレビを見ながら晩酌と夕食です。
寝るにはちょっと早いのでもう一度新聞を
読み返したりチラシを見たりして時間を過ごします。

そうこうしているうちに時計の針が10時を指しました。
昼間の肉体労働で体は心地よい程度の疲労感があります。
明日の仕事に備えて布団に入ります。
するとあっという間に夢の世界に入ってしまいます。

(社)日本造園組合連合会編の首題の本をよむと
庭師の一日はこんな感じです。
ちょっと私も話しを付け足していますが
こんな生活を定年後過ごすのはいかがでしょうか。

niwashi.jpg
定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう [単行本] / 日本造園組合連合会 (編集); 亜...


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

四十歳からでは遅すぎる

邱先生の発言のなかで読者の皆さんの
心のなかに残っている言葉が
「40歳では遅すぎる」です。

私が最初にこの言葉に触れたのは
たぶん20代のころで、40歳とはずーと先のことで
当時の自分には縁のないことだったと思います。

しかし気がつくと40歳は過ぎてしまっていて
そこで先生のこの言葉を思い出すことになり
遅かったことに気がつくのですが
もうどうしようもありません。

40歳では遅すぎるについては以前もブログに書いた気がしますが
考察団でベトナムに行ったときに先生と同じテーブルになりました。
それはハノイのWILD RICEというお店の事でした。
R0010097.jpg

私がお店の前で看板を写して中に入ると
空いている席は先生のテーブルだけだったのです。
今まで本でしか知らなかった先生と同じテーブルになり
とても緊張したことを思い出します。

そこで40歳では遅すぎるについて話をしました。
先生は30歳でも年を取っている人もいれば
80歳でも若い人もいる、本で40歳と書いているのは
一般的にそういうことである、と言うようなご回答だったと思います。

なので頭が若ければまだまだ大丈夫となります。
さらに先生は何歳ですかと聞くと
確か30代とお答えになったと思います。

80歳をすぎてもなお3日に一度飛行機に乗って
日本、台湾、中国と飛び回って邱永漢学校の生徒を指導したり
新しく事業を立ち上げたり、ブログの原稿を書いたりされており
確かにまだまだお若いと思わざるをえませんでした。

50代で起業された方もおられますし、
定年をきっかけに起業された方もおられます。
長年サラリーマンをやっていたとしても
可能性は無限にあると思って行きたいと思います。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

あけましておめでとうございます・今年の目標(その1)

A Happy New Year!

このブログに訪問いただきありがとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

このブログは2009年1月1日に書き始めたので
4年が経過し本日より5年目に入ることになります。

毎日毎日パソコンにむかってキーボードを叩いていますが
こんな時間があればもっと本を読んだり
街中に出かけたり旅行したり投資の勉強をすれば
成果につながると思うのですが継続中です。

さて、元旦にあたり今年の目標を設定したいと思います。
皆様もお正月ですので初詣に出かけられて
家内安全と今年の目標達成を祈願されたものとも思います。

私の今年の目標の一つ目は「電気主任技術者3種」に合格です。
昨年は勉強からちょっと遠ざかっていたのですが
今年はまた勉強を再開し人生設計の足しに出来ればと考えています。

この資格は通称「電験3種」と呼ばれるもので
4つの科目(理論、電力、機械、法規)からなり
これらの試験に合格できるのは大体6%位です。

レベル的には工業高校卒業程度となっていますが
大学卒業者でもほとんど持っていないのが現状の様です。

資格を取ったからといって、将来仕事を見つけるにあたり
経験がないと全く役に立たないとの声もありますが
今の職場で資格をとり経験を積めば役立つ可能性もあります。

年金支給年齢は徐々に引き上げられていますが会社員の定年は60歳です。
うまくいけば定年後も同じ会社でシニア嘱託としての道もないことはないのですが
これも自分の成績と会社の状況によってどうなるか分かりません。

我々夫婦が生きている間はなんとかメシが食える様にしておく必要があるので
出来る限りの努力はしておきたいと考えているところです。

どうぞ今年もよろしくお付き合いお願いします。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

義父の2回目の定年

義父は会社を定年後しばらく同じ会社に
お世話になっていたのですが
そこも辞めた後は知人のからの紹介で
マンションの管理人をやっていました。

でもそこの会社も70歳で定年になるみたいで
2回目の定年を迎え、長年の会社勤めを終わることに
なりましたが通常は65歳までなのでさらに5年も
仕事が出来たのは幸せだったのではないでしょうか。

70歳といっても体が動きにくくなっているわけではなく
頭も体もまだまだ大丈夫なのですが
そんなことはお構い無しに定年はやってきます。

どこも問題がないのにある一定の年齢になると
自動的に雇用してもらえなくなるのは
ちょっとおかしい気がしますが、
現時点の日本の仕組みではそうなっているのです。

もっと個人経営に近い会社であれば
年齢に関係無しに元気であればいつまでも
勤めることが出来ると思うのですが
会社組織があるところではそうは行きません。

となると定年後は朝起きても会社を辞めているので
出掛けるところがなくなります。
まだ定年になりたてですので
朝起きて今日は何をしようかと考えて
する事を探すのに苦労する状態ではないと思いますが
そのうちそうなるのではと心配しています。

特に田畑を持っていない人の場合は
する事が無くなり易い気がします。
その点田舎暮らしの人は畑で野菜を作ったりして
時間をつぶす事はいくらでも出来るようです。

畑をやりだすといくらでも気になることが
出てくるみたいで、家の近くの方も
休みの度に軽トラで畑に出掛けられています。

定年のない田舎の百姓生活は自分で野菜とかをつくり
それを自ら食するので退屈する事もなく
食物を作る楽しみとか収穫の喜びが味わえるので
これからの生活では視野の中に入れておくべき
生活スタイルと言うべきではないでしょうか。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

危険物取扱者試験(乙3,6)

危険物取扱者で残っている乙種3類、6類
の試験を受けることにしました。

試験勉強はこれまでと同様に問題集を
何回も繰り返しやることで試験に望みました。
勉強は会社で毎朝始業までの時間と
土日にウォーキングしてマクドナルドで行いました。

試験会場はこれまでと同じ兵庫県立大学です。
IMG_0910.jpg

試験の案内には試験会場には公共交通機関を
使用するようにと書かれていますが
これまでは結構車でこられている方がおられましたが、
前回ぐらいから大学の駐車場には停められなくなったので
駐車場は空いた感じです。
IMG_0909.jpg

大学の構内に入ると大学祭が近いのか
案内の看板が立てかけてあります。
IMG_0911.jpg

試験会場の見取り図を見ながら
今回試験を受ける教室に向います。
IMG_0912.jpg

試験開始時間までまだ少し時間があるので
構内にはあまり人影がありません。
IMG_0913.jpg

試験会場の案内は教室の近くにもあり
再度確認して教室に向ったのですが
午前中の試験をまだやっているようで
教室には入ることが出来ません。
IMG_0914.jpg

教室の付近で座るところを探して試験前の
最後の復習を行う事にしました。
試験は暗記が出来ているかが勝負ですので
直前まで悪あがきをすることになります。

試験はそれぞれ10問づつ出るので
回答をマークシートで行うのですが
ちゃんと覚えていないと回答に迷う事になります。

過去の試験問題は何度もやったのですが
それに出ていない問題が出ると回答が出来ません。
テキストにどう書いてあったかを
思い出そうとするのですが中々思い出すことが出来ません。

これ以上思い出そうとしても無理と観念したところで
教室を出ました。ほとんどの受験生はすでに
教室を後にしていたので構内に人はまばらです。
IMG_0915.jpg

試験の手応えとしては合格はできそうと思うのですが
100%だいじょうぶと言い切れない感じです。
試験は終わってしまったのであとは発表を待つだけです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

自分で仕事をつくるための支援

神戸のハローワークを後にして神戸駅の方へ移動しました。
お目当ては兵庫県立男女共同参画センターです。

ここで「仕事づくりセミナー」というのを企画していることを、
先日出かけた図書館でパンフレットを見つけて知っていたので、
申し込み状況などを確認にやって来ました。

場所はJR神戸駅前のクリスタルタワーで
ガラス張りの外壁が特徴となっております。
IMG_0120.jpg

一階の受付をとおりエレベーターで7階に上がったのですが
このビルには結構公共機関が入っているみたいです。
公共機関はこんな立派なビルに入れるとは、お金があるのでしょう。
IMG_0118.jpg

7階でエレベーターを降りると
そこは兵庫県立男女共同参画センターです。
IMG_0116.jpg

職員の方にお話を聞くと今回のセミナーは
すでに30名の定員に達しており受講は無理でした。

このセンターはどちらかと言うと女性向けに
いろいろ企画されているのでその点を聞くと
男性でも大丈夫で年齢層も広いと回答いただきました。

セミナーを受けて実際に起業する方は
結構居られますかと聞いてみたのですが
現実はきびしく、そんなには居られないみたいです。

「仕事づくりセミナー」は土曜日に開催され、
回数は4回、時間は朝の10時ごろから16時ごろまでで
費用は資料代の2000円ととても安価ですので
起業とはどんな物かを知るにはありがたい企画なのです。

ビルから神戸駅側を見たところです。
IMG_0112.jpg

センター内の写真ですが、起業を応援する本とか
たくさんの図書が置かれています。
IMG_0115.jpg

先程のハローワークでは男性はガードマンか
マンションの管理人ぐらいしか働き口はないと言われました。

でも、自分がそれをすることで楽しく感じるもので、しかも、
収入を得ることが出来る仕事がないか考えてみたいと思うのですが、
それがなかなか見つからないのが現実でもあります。

ここのセミナーは満員だったので職員の方が
近くにある神戸市産業振興センターでも
セミナーをやっていると思うのでと
紹介してくださったので行ってみました。
IMG_0122.jpg

公共団体には県とか市とか外郭団体がいろいろあって
仕事作りの支援をしていることが今回わかりました。
定年後は今の会社で再雇用してもらうのが
一番現実的かもしれませんが、起業できないかを
考えてみるのも一つの選択肢となると思います。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

定年後に仕事はあるか

人生設計において気になっていることは
やはり定年後の仕事についてです。

兵庫県警察本部からJR神戸駅に向って歩いていると
ハローワーク神戸の建物の前に出てきました。

いままでにハローワークを訪れたのは
教育の補助金をもらう為に来ただけで
その後はおかげさまでというか
お世話になったことはありませんでした。

でも仕事を探すとなればハローワークでと思い
中に入ってみると、思いのほか人が少なく
相談員の方もたくさん居られましたので
思い切って相談することにしました。

私の相談に乗ってくださった人によると、
男性の場合定年後に出来る仕事としては、
屋外で車の整理を行うガードマンか
マンションの管理人しかありませんとの事です。

定年後の就職のために有ったほうがよい
資格とかありますかと聞くと、
資格だけあっても仕方ありません、
経験が大事と言われました。

現在の就職戦線は学校を出たての
若者にも仕事がない状況なので
定年を迎えた人が仕事を探すのは
至難のワザとなります。

定年後の仕事探しで重要なのは、
資格を持っていると言うことよりは、
コネとか知り合いが仕事を紹介してくれる
という事だそうです。

しかし、急に仕事を斡旋してくれる
知り合いが出来るわけでもありません。
となると、今の職場で必要な資格をとり
実務の中で生かすことで
経験を積む事が必要となります。

サラリーマンとして
一番可能性があり現実的なのは、
企業には再雇用制度と言うのがあるので
今勤めている会社で定年後も雇って貰うことだと
アドバイスをいただきました。

私が勤務する会社でも定年退職をされて
シルバー嘱託として勤務される方が居られますが
それなりの地位で定年を迎えられた方は
それなりの仕事と処遇を受けることができる様です。

でも、定年前の仕事振りがいまいちで
評価が悪いと再雇用もしてもらえません。
実現したとしても、定年後の人に回ってくる
仕事はきつい仕事になる場合もありますので
同じ会社での再雇用の道もきびしい感じです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

電気工事士二種(技能試験)

電気工事士二種の技能試験会場の
姫路獨協大学にやってきました。

大学の近くの道を通ったことはありますが
中に入るのは今回がはじめてです。
大学の駐輪場に自転車を停めて中に入ってゆきました。
IMG_9207.jpg

筆記試験が県立大学だったので実技も同じ大学と
勝手に思っていたのですが違いました。
送られてきたはがきを良く見ておいたので助かりました。
IMG_9213.jpg

受験番号ごとに行き先の教室が違います。
この張り紙によるとこの会場では
668名が受験するみたいです。
IMG_9209.jpg

張り紙に従い受験会場となる4階を目指して移動しました。
IMG_9210.jpg

会場に入れる時間まで外で待つ必要がありますので
座れる場所を探してベンチがあったので
そこで再度受験時の注意点など確認しました。
IMG_9211.jpg

受験する教室内は写真撮影は禁止なので
どんな感じか写真で紹介できません。

試験会場は大学の講義室です。
作業するには机も狭くやりにくいのですが
これは想定していた受験環境ですので
驚く事はありませんでした。

会場は冷房が効いており
自転車で来たので最初は汗が引いてよかったのですが
だんだんと寒く感じるようになってきたので
持ってきていた下着のシャツをお腹のところに入れて
首のところはタオルを巻いて
シャツのボタンも閉めて寒さ対策としました。

試験は40分ですが約30分で完成させる事が出来ました。
しかし勘違いがあると困るので時間まで何度も見直しを行いました。

試験が終わり校舎の外に出ました。
大学には木もあり環境は良いようです。
IMG_9223.jpg

お昼過ぎだったので学食では学生さんが
昼食を取っています。
張り紙によると独協ランチが290円との事です。

私立の大学なので会社の様に補助が出ている訳ではないと思いますので
この値段でどんな食事か気になるところですが
食堂に入って学生さんに混じって昼食を戴くのは思いとどまりました。
IMG_9226.jpg

大学を後にすることになりましたが
バスで帰る人でバス乗り場はいっぱいですが
バスも次々とやってきたので
皆さんそんなに待つことなく大学を離れる事が出来たと思います。

あとは合格発表を待つだけです。
合格しているとうれしいのですが
結果発表がどうか気になるところです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

電気工事士二種(能力開発セミナーB)

基本的な結線方法を紹介しましたが
こんどは実際に作った完成品の幾つかの
写真を基に説明したいと思います。

これは左下にあるスイッチでランプレセプタクルと
引掛シーリングにつながる電灯を点灯させる回路です。
IMG_9076.jpg

左下のコンセントは200V用の物でアース付です。
家庭ではエアコンなどがつながると思います。
右下のスイッチでランプレセプタクルと
右に出ている配線(施工省略)の電灯を点灯させます。
IMG_9084.jpg

左下に伸びている配線の先(施工省略)には
3相のモーターがつながります。
ランプレセプタクルは電源表示灯です。
右下のスイッチでその横にある
引掛シーリングにつながる電灯を点灯させます。
IMG_9085.jpg

これは3箇所から一つの電灯を入り切り出来る回路です。
3路スイッチが左右にあり真ん中が4路スイッチです。
IMG_9129.jpg

防護管の作業を含む配線で3路スイッチ二つで
引掛シーリングにつながる電灯を点灯させます。
IMG_9164.jpg

PF管とアウトレットボックスを含む配線です。
それぞれのスイッチで引掛シーリング、
ランプレセプタクルの電灯を点灯させます。
IMG_9165.jpg

金属管とアウトレットボックスを含む配線です。
それぞれのスイッチで引掛シーリング、
ランプレセプタクルの電灯を点灯させます。
IMG_9168.jpg

公開される課題は13種類あるので
最低一回は作成しておく必要があります。
出来ればもう一回は家でやっておくと安心と思います。

試験は40分ですが30分位で出来るようになっておれば
実際の試験であわてる事はないでしょう。
その為には使用する工具も試験用に開発されたのが
あるのでそれらを使用すると早く出来ると思います。

複線図が間違っていると試験には合格しません。
単線図から複線図を作成する練習は
色鉛筆と机があればどこでも出来るので
何度も練習しておくのが良いでしょう。

複線図は色鉛筆(ボールペン)などで作成するのを
お薦めします、理由はリングスリーブとか
差込形コネクターで配線を接続するのですが
つなぎ間違いをなくすためです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

電気工事士二種(能力開発セミナーA)

電気工事士の技能試験にはランプレセプタクルとか
露出型コンセントのほかにいくつかの作業があります。

これは代用端子への結線です。
被覆を剥く長さが微妙で短いとねじを締めた時に
被覆を挟み込むし、長すぎると端子台より
先に心線がはみ出してしまいます。
IMG_9037.jpg

配線用遮断器への結線では
N(ニュートラル)の方に白を、
L(ライン)の方に黒を結線します。
これも被覆を剥く長さに注意が必要です。
IMG_9039.jpg

防護管の固定方法です。
実際の工事ではケーブルがメタルラス壁を貫通する箇所に
「防護管」を取り付け、その部分のケーブルを保護します。
バインド線を2回以上巻きつけ、バインド線を交差させ
2回以上ねじり、4山以上遺して切断します。
IMG_9040.jpg

ねじなしボックスコネクターに金属管を差し込み
ウォータポンププライヤで止めねじの頭が
ねじ切れるまで締め付けます。
IMG_9044.jpg

ボンド線の方端に輪を作りアウトレットボックスに
ねじで止めます。
IMG_9046.jpg

もう一方の端ボックスコネクタの
設置用端子ねじで挟み込み締め付けます。
IMG_9047.jpg

合成樹脂可とう電線管(PF管)を取り付けた所です。
IMG_9048.jpg

基本的な作業としてはこれ以外に
ケーブルの被覆を剥く作業、引っ掛けシーリングへの結線、
埋込コンセント、埋込スイッチ、設置端子への結線、
リングスリーブでの接続、差込形コネクターへの結線など
いろいろありますが、すべての作業が試験に出る訳ではありません。

でも基本的な作業は一通り身につけておく必要があります。
技能試験の受験のために練習をすることで
結局は二種の電気工事士として必要な技能を
身につけることにつながっている事になります。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(3) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

電気工事士二種(能力開発セミナー)

今年の目標の一つに電気工事士二種の取得があります。

電気工事士技能試験は事前に問題が公表されるます。
公表されるといっても、13種類公表され、
試験では1つの課題を作るのですが、
それらを実際に一通り作る練習を行ってから
試験に臨む必要があります。

そのため自分での練習用に技能試験用の材料一式(18,000円)とか
工具セット(26,000円)とかを販売している業者もありますが、
やはり確実なのは先生の指導の下練習するのが一番ですので
能力開発セミナーを受けることにしました。

セミナーを行っているポリテクセンター加古川に来ました。
ここには何度か来てセミナーを受けています。
IMG_9029.jpg

本館を南側からはポリテクセンター加古川の看板が見えます。
IMG_9124.jpg

電気関係の実習を行う制御棟です。
IMG_9121.jpg

セミナーの最初に公表されている単線図から
実際の配線が出来るように電線の色が分かる
複線図を書く練習を行います。

あとは複線図を基にケーブルを切断して
被覆を剥いたり加工した後に配線を行ってゆきます。

最初に練習したのがランプレセプタクル用の配線の加工です。
ケーブルの被覆を剥き先端をネジ止め出来るように
ペンチの先で丸い輪を作ります。
IMG_9034.jpg

出来た配線をランプレセプタクルにセットします。
ネジで止めますので右に回して締まる方向に
輪を作っておく必要があり、反対にすると減点となります。

また心線の巻き付けが3/4以下だったり
心線が重ねて巻き付けてたりすると
同様に減点となりますので注意が必要です。
IMG_9035.jpg

ネジ止めをするのですが、この時に極性に注意して
受金部分に白の配線にしておく必要が有ります。
締め付け不足、被覆をかんでいる、絶縁被覆の剥きすぎ
台座の上から接線などをしていると重大欠陥となり
試験はそれだけで不合格となります。
IMG_9036.jpg

ランプレセプタクルはほとんどの課題に出てくるので
何度の練習を行い早く正確に作ることが出来るように
なっておく必要があります。

同じような物に露出型コンセントへの結線があります。
IMG_9033.jpg

こちらはネジの径が大きくなりますし
ネジまでの距離が短くなるので
輪の作り方とか寸法に注意が必要となります。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

第二種電気工事士筆記試験

今年は第二種電気工事士の試験を受ける事にしていました。

そこで、本屋で筆記試験の本と、過去10年の全問題と
解答・解説が収録されている本の2冊を購入して
独学で望むことにしました。

勉強はいつものように平日は会社で始業までの時間と
土日はマクドナルドへ歩くか自転車で出かけて行いました、
この方法が勉強の基本的なやり方として定着してきた感じです。

試験は6月の頭にあったのですが試験会場は兵庫県立大学です。
危険物取扱者の試験でも来ているのでおなじみの大学となっています。
IMG_8716.jpg

大学には自転車で出掛けました。
構内に入り受験会場を探す事になります。
IMG_8705.jpg

今回の会場は一番上にある4号館です。
会場には受験番号により教室が指定されています。
受験の為には写真を貼った受験票が必要なので
忘れた方は本部受付に行くように書かれています。
IMG_8706.jpg

会場には12:45分までに入る必要があり
試験時間は13:00から15:00までの2時間です。
問題は50問ありマークシート方式で解答します。

試験は52分で一回目の解答を書き終えることができましたが
迷っている問題もありますし、勘違いで解答している可能性もあるので
もう一回頭から見直しを行いました。

私が見直ししている間にも退席可能時間となった後は
受験生の皆さんは結構教室から出て行かれますが、
念のため時間を掛けて再確認をして2回目が終わったのが
14:25です。

四階の教室から降りてきて建物から出たところです。
IMG_8707.jpg

道なりに降りてゆくとつつじが咲いています。
この頃はまだつつじの季節だったみたいです。
IMG_8709.jpg

つつじの場所から試験会場を見上げたところです。
大学の建物ですが長い年月と共にちょっと老朽化
している感じですが、予算がないのでしょうか。
IMG_8710.jpg

大学の入り口のあたりです。
受験生の方々はほとんど帰られてしまっており
人影もほとんどありません。
IMG_8715.jpg

電気工事士の場合は試験問題は持ち帰ることが出来ますので、
後日発表となる正解と自己チェックを行いました。
合格点は取れているみたいですが通知が来るまでちょっと心配でした。


posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

ソアラ ビジネスポートで定年後の起業

定年後の人生設計として具体的な動きとして、
会社を離れて自分で何か始めようと
第一歩を踏み出す準備をされている方がおられ
事務所を借りられたということで案内していただきました。

広島の横川駅から南に歩いてゆくと
「SO@R」という文字が入ったビルが見えてきました。

エレベーターで上に上がりIDカードで中に入ると
受付と共用のスペースがあります。
個人の事務所スペースは更に中になります。
IMG_7780.jpg

Yさんの案内で中にも入らせていただきました。
こちらは既に結構ここで活動されている感じで
沢山の書籍が机の横に置かれています。
IMG_7766.jpg

こちらはYさんの机で借りられたばかりで
机の上にパソコンが置いてあるだけです。
IMG_7767.jpg

このスペースは31500円/月から借りられる様ですが
もう少し小さな机だけの場合は10500円/月から借りる事が出来るそうです。
IMG_7783.jpg

共用スペースには簡単なCafeが設置してあり
インスタントラーメンとかお菓子を食べる事が出来るようになっています。
IMG_7769.jpg

また打ち合わせをする場合は共用の会議室があり
そこを予約して使う事も出来ます。
IMG_7777.jpg

このSO@Rではここを会社として登録できるらしく
定年後に自分で会社を興したい方も利用できます。

具体的に定年後の仕事のイメージがある方は
このように具体的な動きができますが
そうでない場合はお金をかける事が出来ないので
自宅での起業となりそうな気がします。

自宅の一角を事務所と称して、会社を運営するのに
必要な電話(今なら携帯でしょうか)とか机を置く
事になりそうな気がします。

でも一番の問題は場所の確保ではなく何を仕事として選ぶかです。
いままでのサラリーマン生活の中で蓄積してきた
知識とかスキルを活用して、世の中のニーズに
応えられるものは何か、それを探すのが難しいのです。

右近勝吉さんは便利屋ではお客様が仕事を持ち込まれるので、
世に中のニーズはお客様が教えてくれる、
と言った事を書かれていた様に思いますが、
何を仕事にするか、どのように仕事を始めるかを
考えるのはサラリーマンには難しいところです。

準備期間はだんだんと減ってくるので
急がないといけないと思っていますが、
定年後のイメージはまだ見えてきません。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

危険物取扱者試験(乙種1類、2類)

今年の目標の一つである危険物取扱者の試験で
1類、2類を受ける事にしました。

勤務する工場では4類と5類の危険物を取り扱っているので
それを優先的に取得したのですが、
折角なので残りも取得しようと考えたわけです。

試験を受けるにあたり以前受けた講習会で講師の方が
重要といわれる所をテキストに印をいけて置いたので、
そのテキストと問題集を用いて今回の試験対策としました。

勉強方法はこれまでと同様に平日は毎朝会社で始業前に勉強をします。
土日はマクドナルドでの勉強となります。
記憶する事がなかなか出来ないので問題集を何回もやり憶えます。

試験会場は今回も県立大学です。
受験票に書かれている場所を確認すると
今回は一番奥にある4号館の様です。
IMG_7034.jpg

4号館の建物です。
大学の建物も教室の机もかなり年季が入っている感じです。
IMG_7031.jpg

試験は1類と2類を受けたのですが、
1類の問題の中に問題集に載っていた問題と同じと
思われるものが出たのですが、問いの内容が少し違います。
問題集では以下の中では「間違っているのはどれですか」となっていましたが
試験では「正しいのはどれですか」となっていました。

念のため試験官の方にこの問題はおかしくないかと
確認したのですが、間違いないとの回答を得ました。
テスト終了後問題集を確認したのですが
私の記憶に間違いはありませんでした。

となると、問題集か試験かどちらかが間違いという事になります。
もし、試験が間違いの場合はどうなるのでしょうか。
気になるところです。

ちょっと釈然としないまま校舎を出ました。
IMG_7032.jpg

今回の受験での特徴は高校生の方の受験が目立ちました。
どこかの高校がバスで受験に来ているみたいで
たくさんの高校生を見かけました。
男子だけではなく女子の受験生も多く見かけました。

私が受験した教室は二つを受験する所だったのですが
高校生がかなりの割合を占めていました。
学校でも資格を取ることに力を入れているのでしょう。
IMG_7036.jpg

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

第一種電気工事士(実技試験)

電気工事士の講習会を3日間受講して
その次の週が実技試験の日程となっています。

講習を受けてすぐ試験を受けるのは
ちょっと不安でしたがそんな事は言っておられません。

筆記試験は大阪工業大学でありましたが
実技試験も同じところと勝手に思っていたのですが
こちらは大阪産業大学で実施されます。

JRを乗り継いで学園都市線の野崎で降りました。
IMG_6682.jpg

改札を出ると多くの人が問い合わせをする為か
大学への行き方を書いた紙が貼り出してありました。
IMG_6683.jpg

IMG_6695.jpg

駅を出て赤い橋を渡り右に曲がって大学を目指しました。
何人もの受験生が歩いておられますので一緒に大学を目指しました。
大学の入り口には高層の立派な建物が建っています。
IMG_6694.jpg

ゲートをくぐり中に入ると石でできたライオンの像が出迎えてくれます。
素材は違いますがどこかの銀行でも見た風景です。
IMG_6691.jpg

構内を進むと受験する建物が見えてきました。
IMG_6689.jpg

IMG_6687.jpg

受験する教室内は撮影禁止なので写真は撮れませんでしたが、
普通の大学の講義を受ける教室が実技試験の会場です。
なので机の奥行きが狭く課題の配線を机の上に置くと
収まりきれなくて前の人の背中に当たります。

また机の天板が傾斜しているので電線を横にして置くと
転がって落ちてしまうので配線図のとおり机の上に
置いておく事が出来ません。

今年のテスト問題は赤と青のランプを点灯させる課題が出ました。
それは問題用紙が配られた時に分かるのですが
複線図を思い出そうと試みましたが、結局出来ませんでした。

複線図は試験用紙に書く事が出来るのですが
練習では問題を見ながら別の紙に書いていたのですが
本番では問題の裏にしか大きなスペースがなく
結局問題面のわずかなスペースに書く事にしました。
問題用紙を破って裏に書いたほうがやり易かったと
後で気づきましたが、あとの祭りです。

使用する部材類は講習会で使用したものと若干違っておりました。
端子盤などは問題なかったのですが、電線が違っていて時間が
かなり掛かりました。

と言うのも、課題がより線を使うものであり
被覆を剥くのに持っているストリッパーでは
うまく剥けずに時間が掛かったためです。

電工ナイフで処理した方が早かったかもしれません。
一緒に受験した人はストリッパーで上手く剥けたと
言われていましたので技量の違いかもしれません。

練習している時は試験時間は60分ですが50分位で
課題を終わらせる事が出来ていましたが、
本番ではより線の件があり完成したのは
終了時間ギリギリとなってしまいました。

結果がどうか気になるところです。

posted by 素朴な自由人 at 00:00 | Comment(0) | 人生設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする